ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

終止形の駆逐 貴族の余情から武士の力強さを表現する手法へ変化

投稿日:2010年1月28日 更新日:




言葉に余情を漂わせる。

平安時代の人々が好んだ言葉の余情表現である係り結びが、

貴族たちが作り上げた古代日本語を、動詞の活用体系を体系ぐるみ変化させ、現代まで続く近代日本語へと大きく変容させた。

この係り結びという表現方法は上代から存在していたが、

平安中期の女流文学から平安末期の宮廷女房の文化時代に最盛期を迎え、次第に一般社会全体にまで広まっていった。

文中に「ぞ」「なむ」「や」「か」の係助詞があったら終止形を使わず連体形で結ぶ。

「こそ」があったら已然形で結ぶ。

こういう明確なルールのある係り結びは何故女流文学の世界で愛用されたのか。

「なむ・連体形」「ぞ・連体形」、または「こそ・已然形」で結ぶことによって

強調表現が可能になり、「や・連体形」「か・連体形」を使えば疑問や反語を表現することができる。

優美さが求められた貴族社会において、係助詞なしの連体形で文を止めることで

体言止めと同じ効果を生み出し、言葉に余情を漂わすことができるというのは優れた手法であった。

女性が好む婉曲な表現にも繋り、

ひいては日本人が好む曖昧な日本語にも合う性質があるが故に、係り結びは広く重用されたのである。

中世の時代は古代日本語と近代日本語の長い過渡期である。

社会情勢が変わり、中世では支配者層が貴族ではなく武士階級に移ったことが日本語の変化を決定的なものとした。

武士たちが求めるものは力強さ・たくましさであり、平安貴族の優しい語り口調とは対照的なものであったのだ。

武士たちの活躍を動的に描く軍記物語では

「なむ・連体形」という係り結びの強調表現は使用頻度が急減してゆく。

元々「なむ・連体形」は柔らかい口調に限って出現する強調表現なのであるから、

勇ましさを求める武士階級が好んで使うわけもなく、自然と淘汰されていった。

変わりに「ぞ・連体形」「こそ・已然形」という強調表現が多用されるようになってゆく。

ただし、その用途は淡い余情を残すための貴族的手法とはかけ離れたものであって、

「~とぞ申しける」のように言葉に表面上の力強さを生み出すための慣用表現となってしまい、

本来係り結びが持っている「ぞ」の上の言葉を強調するという意味合いは薄くなってしまう。

軍記物語では次第に発言内容がこの「とぞ~申しける」「とぞ~宣ひける」でくくられるのが通常化してくる。

同様に「こそ・已然形」の持つ取り立てる強調表現も「こそ・候へ」のように慣用句的に使われることで、

係り結びの持つ強調表現の機能を本来の姿からかけ離してしまうことになっていった。

疑問と反語の「や・連体形」「か・連体形」はどうか。

軍記物語で最も多く使われるのは「いかでか~べき」「などか~べき」という、疑問反語表現として最も語気の強い用法である。

ここでも平安の係り結びは優美さから力強さへと目的がすりかえられているのが分かる。

こうして貴族から武士へと人の中心が移ったことで室町時代の終わりには

こそ・已然形を除いて係り結びはすべて消滅という事態をたどっていったのである。

多用され過ぎて本来の強調の意味をなくしてしまった連体形止めは、

次第に連体形止めそのものが終止形で終わるのと同じ効果を持つようになってしまい、

連体形と終止形の区別が曖昧になってしまう。

係り結びが特別な表現方法として人々に認識されなくなってしまったのである。

連体形には愛用されてここに至ったという優性があることから、

結果として連体形が勝ち残り、終止形は次第に誰も使わなくなってゆく。

本来は余情表現である連体形が、いつの間にかただの終止形と同化していった。

唯一残った「こそ・已然形」も江戸時代まで生き残ったものの、使用頻度は格段に落ちていった。

こうして中世の時代に終止形と連体形は同じ用途で使われる言葉になり、

人々に多用されていた連体形が終止形を駆逐してゆくことになる。

また、鎌倉・室町時代に文の主語を明示する「が」という助詞が発達してきたことによって、

「文の構造を格助詞で明示されるようになり、日本語は格助詞で論理関係を明示してゆく構造に変わった。

係り結びの文は係助詞を挿入することでその前後に空間を入れ、余情を漂わしつつも論理の糸が切れることになる。

文の構造を明示する理論の世界に、非理論の余情表現・係り結びはかみ合わず、これが係り結びの衰退を加速させたのである。

「連体形による終止形の駆逐」は日本語の言葉の余情・情緒を重んじた貴族たちの時代から、

勇壮さを求めた武士台頭の中世を経て論理性を重んじるようになっていった、

という日本文法史上の現代まで続く大きな変化を示す転機であるのだ。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.