ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

森鴎外「舞姫」 エリスとの恋>国家留学生だった豊太郎

投稿日:2010年1月28日 更新日:




『舞姫』の主人公・豊太郎の洋行は、お金さえあれば誰でも可能である

現在の留学とは異質のものである、という時代背景を整理しなくてはならない。

国費での洋行であり、明治維新を果たした日本国政府にとって

近代的体制の樹立が早急とされている中で、当時の先進国である西洋諸国に、国内の有望な人材を派遣した中の一人が豊太郎であった。

現在のように個人の質を高めるための留学というよりも、国家の資本主義発展の基礎を築くための目的であったのだ。

豊太郎は大学法学部を首席で卒業し、学士を得たのち官僚となり、

さらには語学にも長けていたことで留学生として選ばれたエリートであったが、

彼の行動には国家的な観点でものごとを見つめる姿勢はなく、個人的な興味ばかりが優先されている。

法学部卒でありながら、西洋法律の細目に興味を示さず、法の精神を理解した気になるとそれだけで充分であり、

概略をつかめば細部は後からなんとでもなる、とした態度にそれが顕著に現れている。

国家留学生としては、法の精神は無論のこと、先進国で現状採用されている法律の細かい部分まで学び、

それが日本に当てはまるかどうかの検討をするべきものなのだ。

また、他の日本人留学生が歓楽街で遊ぶ姿を見て彼らに行動力や能力があると思い込み

歓楽街で遊ぶことができない自分を臆病だと思うところや、

さらには一緒に歓楽街に行かない自分に対して他の留学生が妬むと決め付けているところから彼の小心ぶりが見て取れる。

能力は別として、少なくとも内面的な部分では彼は国家留学生に相当しないような人間である。

そのような国家留学生としての使命があった豊太郎であったが、

結局彼がたどりついた最大の課題は、エリスとの個人的な生活であった。

エリスという一女性との係わり合いは、エリスや豊太郎本人たちからすれば大きなものであるが、

当時の世界情勢の中での国家留学生という立場からすればあくまで小さなことである。

だが豊太郎はそのことを意識することもなく、また自分がエリスと将来どうしたいという決定的な意思を述べないまま、

結局エリスとは離れる運命になってしまうのである。

それは運命が残酷に引き裂いたという言い訳をしているように見えるが、実は豊太郎のはっきりしない態度が招いたことなのである。

確かに、この『舞姫』の時代では、明治維新直後の混乱期・成長期の中で個人の運命は翻弄され、

必ずしも本人の思い通りにはいかなかったこともあっただろう。

だが豊太郎に限って言えば、彼が向き合わなければならなかった問題は、あくまで個人の問題なのである。

国家を建設するエリートにはならなかったこと、エリスとも一緒になれなかったこと、

両方ともに中途半端で、ただ運命や周囲に流されているように見える豊太郎は、

おそらく若き日の森鴎外の自虐的な自己像であったのだと思う。

恋愛に対して不誠実に対することができず、

また最後の別れも豊太郎が直接引き起こすのではなく、相沢からの言葉を使うあたりは、

鴎外がどうしても豊太郎からは若者特有の誠実さを奪うことはできなかったのだと思われる。

これも恐らくは森鴎外本人の若い経験に基づいたものであろうが、恋愛に嘘はつけない姿勢は時代を超えて共通するものである。

名誉も恋愛も自分自身では選択することのできない若者の、時代を超えた無力さがこの作品からは見え隠れするのだ。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.