ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

動詞の一段活用・二段活用、一段化現象への言葉の変化

投稿日:2010年1月28日 更新日:




動詞の活用語尾に使われている母音が一種か二種なのかを見て、一段活用か二段活用かを見分けることができる。

例えば「起きる」であれば一段は「起き・起き・起きる・起きる・起きれ・起きよ/起きろ」と、

「起き」の一種の母音がベースになっているのに比べ、

二段活用だと「起き・起き・起く・起くる・起きよ」と「起き」「起く」と二種の母音が使われることになる。

中世に始まり近世には完了していたとされる連体形による終止形の駆逐によって、

日本語には大きな変化が起こり、終止形が不要になってしまっていた。

これにより例えば上二段活用は次のようなものに変わっていたことになる。

旧上二段・「おき・おき・おく ・おくる・おくれ・おきよ」

新上二段・「おき・おき・おくる・おくる・おくれ・おきよ」

このような活用体系への変化が自然と生じていたことが、ひとつ目の要因として動詞の一段化現象につながってくる。

連体形が終止形を呑み込んでしまうということは日本語の大きな変化であったが、

その中で偶然にも語音構造上に変化が生じなかった用言がある。

それが四段・上一段・下一段である。

まず四段活用では「書か・書き・書く・書く・書け・書け」のままで、

アクセントは違っていたとはいえ、語音構造上の活用形変化は見られなかった。

上一段活用の「あたえる」では終止形「あたふ」が連体形「あたえる」に同化し、

終止形も連体形も「あたえる」になっている。

同様に上一段では「着 き・着る・着る・着れ・着よ」となっていて終止形も連体形も同じ「着る」であった。

こうして見ると新二段と一段は母音が一種・二種ということ以外活用形は同一している。

そして新上二段は下からの上一段と似ていると意識され、

それに引かれる形で上一段に同化したという解釈が一段化現象への次の要因となった。

二段活用から一段活用へと変容していったこの波は、

終止形・連体形の活用形同一化以前から起こっていることではあった。

奈良時代には下二段活用であった「蹴ウ」が、

平安時代に下一段活用の「蹴ル」に変化していったことに例を見ることができる。

「居る」のように「イ・イ・ウ・ウル・ウレ・イ」という上二段だと語の同一性が不明瞭であるから、

上一段で「イ・イ・イル・イル・イレ・イ」とした方がすっきりする。

「見」「煮」のように一音節で元々不変化だった語から次第に一段活用化されてゆき、

それに合わせて他の言葉も変化していったと考えられる。

つまり言葉は使い手である人の都合で使いやすいように時代の中で変化してゆく。

その良い例がこの動詞の一段化現象なのである。

当時の中央では下二段の形が上品な言葉とみなされていたことや、一般の庶民は一段活用で、武士は二段活用を長く保ち、

またうちとけた場面では一段活用、改まったところでは二段活用を用いたことからも、

本音と建前、話し言葉を書き言葉、日常用語と殿上用語の狭間で

長い時間をかけて言葉が変化していったことが推測できる。

人間の国語は楽な方へと進んでゆくから、まずは関東民衆、そして武士、

いずれは中央の話し言葉も次第に変わってゆき、一段化が一般化してゆくのも必然のことであったのだ。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.