ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

北村透谷「蓬莱曲」夏目漱石「三四郎」の共通点と相違点

投稿日:2010年1月28日 更新日:




透谷と漱石の作品から読み取ることができるテーマや思想についての共通点と相違点を挙げてみる。

とりわけ、今回は透谷の「蓬莱曲」と漱石の「三四郎」を参考にしてみた。

第一の共通点に、世界への絶望がある。

蓬莱曲でところどころに散りばめられた、この世界に自分が楽しいと思うものはない、

というような世の中への諦めの言葉はそのままストレートに透谷個人が持つ世間への絶望を表している。

三四郎は世間や一般の人を「下等だ」などと卑下する発言を繰り返すが、これは彼の世界に対する蔑視の表れだ。

夏目漱石自身が世間を蔑視していたとは取らないが、世間の凡庸さに閉口していただろうと思う。

両者ともに、一般世間の暮らしでは満足できない何かを持っていたという共通点があるのだ。

両方の著者にこの想いが共通していることが、作品を創り上げる上での原点なのだと思う。

小説は現状への批判、批評から生まれることを考えれば、この共通点は重要だ。

第二に、女性を理想視する傾向が共通している。

蓬莱曲では露姫を情熱的に追い求める素雄の姿がある。

しかも物語では実在の露姫の姿ではなく、素雄は空想での露姫の姿に熱情をぶつけるのだ。

三四郎では美禰子に対して臆病でありながら理想を投影させている。

美禰子は実在するが、三四郎は遠巻きにするような感じで、あくまで憧れの世界のように見ている。

世の中に対して絶望ばかりしているなかでも、唯一心を寄せる存在が女性で、

しかもその女性に対しての想いが、現実的ではなく空想的で、理想視をしているという共通点がある。

それぞれ作品を書いた時代の事情があるのだろうとは思うが、

女性の具体像があまり描かれていないという共通点を思えば、両作者とも女性を神秘な存在と思う気持ちが強かったのだと思う。

第三に、世界は自分の望んだ通りにゆくものではないという結論にしていることで共通している。

途中までの流れはどうであれ、蓬莱曲では理想を追い求めた主人公は最後は自らを死に至らしめることで話を完結させた。

三四郎では、新しい時代の女性の姿を思わせた美禰子が結局は平凡極まりない結婚を選択することで終わる。

それぞれの時代に対する新しい流れの力を描いた作品が、最後の最後で共に安直な終末を迎える。

これは透谷や漱石が、己の描きたかった理想は所詮理想のままで、

実世界では叶うことがない夢であることを分かっていたからなのだと思う。

深く言えば、透谷も漱石も非現実的な空想家で、しかしそれを己で分かっていて、

その空想を己の心だけに仕舞うことができないのでこうして作品に吐き出すことで己のコントロールをしていたのだとも思う。

二人はこのように大きなテーマでは共通していたが、相違点もあった。

第一の相違点としては、その文体だ。

透谷はたたみかけるように感情を文章に乗せ、恋愛感情も隠さずにそのまま書きなぐった。

感情的な文章で作品を創り上げる作家である。

対して、漱石の文章には情熱というものを感じることが少ない。

総じて受身で、主人公の三四郎も己から何かをするような態度を取らない。

非常に淡白な文章という印象を受ける。

第二に、現実的に信じることができる存在があるかどうかだ。

互いに理想像に掲げた女性は別として、透谷の柳田素雄は琵琶という心の支えがある。

三四郎は自分がエリートだということは内心自慢に思っているようだが、

自分が輝くことができる場所をまったく持っていない。

これは作品上、大きな違いがでてくる問題だ。

何かに打ち込み、実際に琵琶というものを獲得できた素雄のような人間ならば、

理想の女性のことも成就できる能力や意思を持つ人だと思うことができる。

一方、三四郎のような理想ばかりの人間では、理想を叶える実力そのものが欠如しているのだと思ってしまう。

前者のほうが小説に奥行きがでてくるのだと思う。

余談だが、その心の支えの琵琶をも最後は投げ捨ててしまうという場面を出すことで絶望感をより高めることもできる。

第三に、理想追求の方法論である。

素雄は恋のことしか考えていない。恋だけがテーマの全てである。

三四郎にとっても、恋が最大のテーマであることに違いはないが、その他にもテーマがある。

上京した後、故郷を想う心の葛藤と、東京で初めて目にする様々な人の生き方にも不思議を感じる。

透谷はそのまま恋だけを全面に出すことで、恋愛の理想を追い求める分かりやすい物語を創り上げた。

漱石は人生の他のテーマを散りばめ、そのなかでもやはり恋のことが最大のテーマであると示すことで、

恋というテーマの重さを鮮やかにあぶりだした。

これは後者のほうが説得力がある。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.