ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

アメリカ生まれ 二重国籍 自分がアメリカ人と知らなかったケース

投稿日:2010年1月28日 更新日:




「ある時、とても不思議な事件が持ち上がったんだ」

推理小説の探偵さんみたいな口調でケンは語った。

あれは横浜の港が見える丘の、とある領事館に行った帰り道、バス待ちの時間のこと。

「まだバスが来るまで10分はある。

ここに来たらやっぱり港が見える丘からの景色を見ないとね」

と言ってケンはバス停からバラ園を歩き、港が見えるという公園までわたしを連れ出した。

「えっ、あなたアメリカ人だったんですか?って事件だったんだよ。

僕も驚いたが、相手はもっと驚いていた。

まさか自分がアメリカ人だってこと知らなかったんだから」

「?????」

「普通のL1ブランケットを申請したらね、出生地がアメリカなのは気になっていたんだけど、

もう30歳だったから国籍の選択も済んでいると思ったんだ。

ある日、そのお客さんから電話があってね、お客さんも不思議そうな声で、

今アメリカ大使館から電話があって、あなたはアメリカ国籍を持っているから

ビザは発給できないのでアメリカのパスポートを取ってください、と言われた、

と彼は言ったんだ」

「二重国籍、ってヤツかな。よく知らないけど」

「tokoも知らないだろう?いや、これは誰も知らなかったよ。

二重国籍って大人になったら国籍を選択するものだと思っていた。

実際、日本はそうなんだよ。二十二歳で選択だ。でもね、アメリカは違う。

アメリカは二重国籍を認めているんだ。

そして、日本も大人になっても国籍選択をしなかった者に対して

日本国籍をすぐに剥奪、ということはしていない。

場合によっては日本国籍を失う、とは言っているが強行することは余程ないだろう」

「へぇ~。そんなことがあるんだ~。それで?ビザはどうしたの?」

「これが会社ともめたよ。アメリカ国籍を放棄してアメリカビザを取得するか、

もしくはアメリカのパスポートを取得してアメリカ人として赴任するか。

結局はね、アメリカのパスポートを取った」

「それって問題とかゼッタイあるでしょ???」

「そう。つまりはアメリカ人だからね、急にアメリカが徴兵制になったら

アメリカ人として徴兵されるだろうし、

アメリカ市民として裁判の陪審員に招かれるかもしれない

会社の人事が動いたけど、結局は日本国籍の放棄まで強制させることはできなかった」

「なるほどね。本人はさぞびっくりしたでしょうね。

まさか自分がアメリカ人だっただなんて、30歳にしてやっと分かった、ってことでしょ?」

「それもそうなんだけどね、もっとびっくりしたのがそのアメリカ人の奥さんさ。

自分のダンナが本当はアメリカ人だった?!

なんか不謹慎だけど、びっくりを通り越して笑えちゃうかも」

「本当ね!ね、その場合、奥さんのビザはどうなるの?」

「アメリカ人を配偶者に持つ外国人が取る移民ビザだよ!

手続きはややこしいけど、永住権が取れるんだ。これもびっくりしていたよ」

「うわっ。驚いたなんてもんじゃないでしょうね~。」

そう話している間にわたしの視界に横浜港の景色が飛び込んできた。

ベイブリッジも見えるし、港みらいのほうまでこの丘からは一望できる。

「あれは事件だったね。人生では知らないこと、意外なことが突如降ってくることがある。

運命の悪戯、人生のびっくり箱。

まさかアメリカビザ申請をしていてそんなことに出くわすとは、

誰もが想像できないことだった。面白いよ!」

港風に髪をなびかせて、ケンが無邪気に笑う。

ケンと一緒にそんなビザの世界を冒険するのも、

なかなか楽しいんじゃないかな、とわたしは心から思っていた。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.