ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

人生相渉論争 北村透谷・山路愛山 3つの相違点と共通点

投稿日:2010年1月27日 更新日:




人生相渉論争において明らかにされた北村透谷と山路愛山の文学解釈には、三つの相違点と三つの共通点がある。

透谷にとって文学とは各人が人生を過ごすなかで必ずや生まれるだろう生きることの謎や人生の目標、

そういったものを克服するためにとる手段であり、文学を書くという行為にあまり意味を持たせず、

最終的に各個人の人生にとって有意義なものであったかどうかに価値を見出している。

それに比べ愛山は、文学を通して発揮した成果は各個人が判断できるものではなく、

それは時代や世間が判断するものだと考えている。

その文学がその時代にとり具体的な成果をあげたかどうか、その点に価値判断の基準を持たせている。

この双方の考え方は双方に筋が通っており、一概にどちらを否定することはできない。

しかし、文学が芸術である以上は、透谷の考え方のほうがより芸術の真意に近いと思われる。

文学を芸術として捉えず、マスメディアとして理解するならば、愛山の理解も納得できる。

しかし、文学は芸術であり、芸術とは創造者の独自の美しい観念を表すものであろうと思う。

次に両者は、文学や現実世界の捉え方が違う。

愛山は一元的に捉えるので、表面に現れたものが全てであるという考え方を持つ。

透谷は物事を二重のものとして捉える。

外側が美しくともそれはただ単に外見が元々美しかったのではなく、

内側に秘めた美しい精神が外側に滲み出し、美しいものを形成したと考えるのだ。

これは誰にでも判断できるものであろう。

例え美言ばかりを並べ、綺麗に創り上げた文章であっても、そこに本物の思想がない限りは空虚な文章となる。

ヨーロッパの美しい街並も、ただ莫大な金をつぎ込んだからこそできたものではない。

そこに長い長い歴史があり、職人たちの技術があり、多くの感動があったからこそできたものである。

何でもそうだが、物事を表面の美醜だけで判断しては狭い人間止まりとなってしまう。

この点においても、透谷のほうがより深い理解に到達していると思う。

最後の相違点として、人生の存在理由についての意見がある。

山路愛山は、人生は人が何を考える前にそこにあった「事実」であり、

過去や未来との係わり合いを重視せず、今現在の時代だけを指している。

つまり、非常に現実的な考えであり、科学に近い。

それに反して透谷の考え方は哲学である。

人生が何故そこに形としてあるのかを考える。

考える前から人生がそこにあったとは考えない。

その個人の葛藤の中から生まれた内面の思想、「内部生命」が具体的な形をもったことで現れたのが人生であると考える。

この双方の考え方もどちらもよく理解できる。

文学を通し、人生を具体的に前進させたいと考えたのが愛山である。

当時の明治政府による国家主義にとって有益な文学を創り、重用されることを第一の目標としたかのようである。

比べて透谷は、人生を精神的に前進させたいと考えた観がある。

具体的な生活のことなど考えず、あくまで己自身への問いかけの答えを探す旅に文学という方法を選んだかのようである。

しかし文学が芸術の表現方法である以上、私は透谷の考え方を潔いと思う。

この論争で意見の対立をみた二人だが、文学を理解する根本的なところで共通点があった。

両名とも、文学には世に大きな影響をもたらす力があると思っていた。

愛山にとってはその考え方そのものが社会を動かす大きな力であり、

透谷にとっては個人の人生観を左右すると同時に、世にその思想を発表すれば大きな力となり、

世に影響をもたらすという理解があった。

お互いに文学には世の中をいっそう善いものとし、いっそう幸福なものにできるという力があることをわきまえていた。

またこの論争においては、当時の時代をいかに理解するのかというときに文学を通して判断しようとした点で共通していた。

確かに北村透谷は文学を個人の問題として結論付け、

愛山は時代をいきる術として文学をみたというところに相違はあるが、そもそも二人とも明治時代の国家主義に触れたとき、

何をもって己と時代の関係をはかったかといえば、それは文学の意義であった。

そして二人は、己の信じる文学の行方が、己の生き方であるという点において共通した人間であった。

捉え方の方法が違い、意見の対立を生んだ二人ではあったが、文学に生き、文学を人生の意義とした姿勢は、まったく同じである。

この三つの共通点を通して見えてくるのは、方法は違えども同じように文学に情熱を傾けた文学者の姿である。

先の三つの相違点を批評という形でみれば、文学が芸術である以上、透谷の意見のほうがより本来の文学の意義に近く、

意見として優れていると思われる。

しかし人が十人いれば十通りの考え方があるように、対戦を目の前にした明治という時代に

二人の文学者が本音の部分で意見をぶつけ合った、という事実それだけで評価できる。

主張の内容はともかく、文学をより深いものにしようとした二人の文学者の姿がそこにあるからだ。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.