祇園白川の桜写真、巽橋は京都お花見観光名所

投稿日:2014年4月7日 更新日:



祇園白川の桜を写真に撮ろうと意気込むが、この一角は桜の名所か、それとも雰囲気の達人なのか。

祇園白川の桜写真

桜が主役には成り得ない場所、祇園白川という一角がかき立てる色気。

祇園白川の桜写真

ハイセンスなのだ、多額にお金のかかる日本の美を凝縮したような空間が祇園白川。

祇園白川の桜写真

祇園白川にある景色が主役で、桜は副役に。

ここでは桜は副の存在感が丁度良い。

祇園白川の桜写真

華やかな場所、明るい春の陽気、桜の色合わせが妙で、歩くだけで幸せに。

祇園白川の桜写真

本物の芸妓さんをあげて遊んでいる人たちがいた、珍しい光景。

祇園白川の桜写真

桜の方が、祇園白川の和風情緒に姿を合わせているような感じ。

祇園白川の桜写真、他の京都の桜名所とは味が違う特殊な町ね、祇園白川。


祇園白川、巽橋の一帯は写真映えのする特別な場所ね。

桜写真_祇園白川1.jpg

とりわけ桜の季節、川面にかかる桜の枝と、新緑、木造建築物の重なりが好き。

そうだ、木造建築物が多く目につくというところがポイントではないか、だから祇園白川では桜との調和が心地良い。

桜写真_祇園白川2.jpg

白川沿いに建つレストラン、白いテーブルクロスがキレイ。

桜写真_祇園白川3.jpg

元々は八坂神社の門前町だったのに、僕の感覚では今や主副が逆転、祇園白川がメインね。

桜写真_祇園白川4.jpg

よく見ると電柱があったり、高いビルが頭を出していたりするが、祇園白川の雰囲気の保全ぶりは上等。

桜写真_祇園白川5.jpg

芸が上達するように、と願った舞妓・芸妓さんたちにとっては、修行の場だったのでしょう、だからお寺のような美しさだ。

桜写真_祇園白川6.jpg

黄昏の眩しさの中、川の流れに乗って通り過ぎる鳥の姿、贅沢なツーリングだよ。

桜写真_祇園白川7.jpg

紅葉ではなく、桜が良く似合う祇園白川。

桜写真_祇園白川8.jpg

いつ来ても白川には鷺の姿がある気がする。

桜写真_祇園白川9.jpg

変わらないでほしい、そのままで完成されているから。

桜写真_祇園白川10.jpg

そんな桜写真は祇園白川だけの特色。

桜写真_祇園白川11.jpg

それは結婚式の前撮りもしたくなる、こんな栄光の場所・祇園白川で。


八坂神社・祇園神社の写真

四条から真っ直ぐ東へ、祇園一帯を見守っているかのような八坂神社。

八坂神社・祇園神社の写真

元々の祇園神社という名前の方がふさわしいかもしれない。

八坂神社・祇園神社の写真

祇園の茶屋たちから絶大な支持を受けていたのでしょう、今でもこの提灯の数。

隣接する円山公園の枝垂れ桜と合わせて、京都の代表的な観光地。

芸事の神社、初詣の名所、「祇園祭」はこの八坂神社の祭礼。

園の文化は、この八坂神社・祇園神社を支柱にして育ったのだろうな。

 

 


 

2020年5月撮影

移動の途中で、京阪・祇園四条駅から阪急・京都河原町駅への乗り換えがあった。

京都はとにかく電車乗り継ぎが不便だ、限られた土地だからもう大幅改良の余地がないのは分かるが。

祇園白川の写真

激しく疲れているのに、地図を見ていて衝動を止めることができなかった。

少し歩けば白川筋・巽橋へ行くことができる、行くしかないだろう。

祇園白川の写真

祇園の町でもなく、清水でもなく、祇園白川に惹かれている僕。

桜の名所だから、春のあの華やかな雰囲気にずっと祇園白川のリピーター。

祇園白川の写真

もう10回以上は訪れているだろう祇園白川だが、この日は5年ぶりの再開。

どうしても逢いたかった、何はなくても白川〜巽橋の雰囲気を再び自分の中に取り込みたかった。

祇園白川の写真

何か新しい価値観を手に入れることができるわけでもないのだが、足は祇園白川へ向かっていく。

祇園白川の写真

歩いて、深呼吸して、写真を撮る、それだけで終わった祇園白川への散歩。

景色は一変していた、これまでとは明確に違う人の数。

後にも先にもない不思議体験に、僕は祇園白川ですれ違ったのだ。

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.