ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

イオンモール白山2021年夏オープン、2,500人の地元新規雇用効果

投稿日:2015年12月18日 更新日:




イオンモール白山のオープンは大歓迎だ、何も反対材料がない。

反対ではないが、決して反対 ではないのだが、

心配ばかりが先走ってしまうのが開業に伴う新規雇用者のこと。

2,500人がイオンモール白山のオープンによって新規雇用される計画だ。

これほどの規模で地域に雇用をもたらし・経済を活性化するのは

アウトレットパーク北陸小矢部並み。

心配は、ちゃんと2,500人が集まるか?という1点につきる。

イオンモール白山の2021年夏オープンを願って、イメージ写真を載せておきます

石川県金沢市近郊のイオンモール3傑

イオンモール白山180,000 m2200店舗2020年オープン予定新王者?
イオンモール新小松128,000 m2170店舗2017年3月オープン現王者
イオンモールかほく160,000 m2130店舗2008年10月オープン旧王者

記憶に新しいのは2015年の採用難のこと。

行政が募集・採用のお手伝いとして合同面接会を開いた。

これも良い意味であって、地域を挙げた誘致プロジェクトがあったという証左。

アウトレットパーク北陸小矢部2,000人
イオンモールとなみ1,000人
コストコ射水・コストコ野々市 合同 600人

 

結局は地元からの新規雇用者だけでは十分ではなく、

別場所にある本社からの応援者で乗り切った。

それはそれで臨機応変な、素晴らしい対応だったと思う。

 

 

北陸3県は就業率が高く、失業率が低く、石川も富山も人口100万人規模と多くない。

今のままで十分に幸せな北陸3県に、大勢の新規雇用者が見込めるか?

と言われると難しいのが、イオンモール白山の現在地。

 

そんな状況、2015年に大量の雇用競争が生れた後で、

2021年夏にオープンするだろうイオンモール白山だということ。

 

人口就業率
石川県114万人(全国33位)78%(全国6位)
富山県105万人(全国37位)79%(全国3位)
福井県 77万人(全国43位)80%(全国1位)

イオンモール白山はオープン時に優秀なスタッフを確保できるのだろうか。

否定的な文章に捉えられるかもしれないが、これは贅沢で嬉しい悩み。

イオンモール白山のお陰で、若者は都会に出なくても、地元に留まることを決意する。

商圏人口(だいたい)の割に、善戦するイオンモール白山

地域商圏人口敷地面積店舗数オープン
北陸新代表200万人イオンモール白山180,000 m22002021年夏予定
関東代表1000万人イオンレイクタウン越谷340,000 m27002008年
近畿代表800万人イオンモール四條畷159,000m22002015年
中部代表600万人mozoワンダーシティ244,000 m22302009年

 

労働者目線からすれば、働く場所の選択肢が多すぎることにネガティブな要素はない。

労働者市場の飽和では、時給や待遇をあげてスタッフを確保するよう、雇用側が動くから。

だからイオンモール白山のオープン大歓迎だ、素晴らしいことではないか。

 







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.