ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

奈良の大仏の大きさは、聖武天皇の平和への願いの大きさ

投稿日:2014年12月18日 更新日:




 

「奈良の大仏って、どうしてあんなに大きいの?」

奈良の大仏の大きさの理由を聞かれて、わたしは戸惑った。

 

「大きさは約15mです」って、いつもの仕事口調で答えるのは簡単だけど、

えっ?奈良の大仏が何故あの大きさかって?

知りたがっている子たちの表情が真剣なのを見て、わたしは的確に答えてあげようと思った。

 

奈良の大仏の大きさ1.jpg

 

不思議の理由を知りたがるのは自然なこと、

そうよね、奈良の大仏の大きさ の理由って普通は見当もつかないよね。

「大きい方が目立って良いでしょ」っていうアメリカン風の軽いノリで

あの大きさになっている奈良の大仏ではない。

この子たちに奈良観光のお土産として、奈良の大仏の大きさ の理由を持ち帰ってもらおう。

 

奈良の観光案内所でバイトをしているわたし、

観光マップをもらいにきた修学旅行生の子たちに聞かれて、こう答えてあげたよ。

 

「奈良の大仏の大きさは、

あの大仏を造った聖武天皇が平和を祈る心をひときわ強く持っていたから

みんなにそれを伝えるために、あんなに大きな大仏を造ったの」

 

そう聞いた修学旅行生たちが「ほう、そういうこと?!」

っていう表情をしてくれたのが分かった。

 

「その昔ね、西暦750年頃のお話になるけど、

奈良の大仏が造られた時代は病気や戦争が長く続いて、世の中が乱れていたの。

聖武天皇はなんとかしたいと思っていてね、お金もあまりなかったのに、

強い意志を持って東大寺にこんなに大きいサイズの奈良の大仏を造ったんだ。

平和を願う気持ちを多くの人たちに分からせるには、

大仏が大きければ大きいほど伝わるって思ったのね

 

それと、奈良の大仏が今も残っているのは、

聖武天皇の思いを昔の人々が理解して引き継いできたってことね。

 

奈良の大仏の大きさ2.jpg

 

そう言いながら渡した東大寺・奈良の大仏の紹介パンフレットには、

像の高さ14.98m・頭部5.41m・目の長さ1.02m・耳の長さ2.54m・

奈良の大仏が座っている台座の高さ3.05m、という数字が書かれてある。

 

平和を願った気持ちが、奈良の大仏を身長15mまで大きくしたんですね。

ありがとうございました!」

そう言って、修学旅行生たちは奈良公園へと歩いて行った。

 

良かったよ、わたし。

端的に言うとそう言うこと。

まぁ長く話せば大仏造立時は庶民無視の浪費と断罪されたこと、

度々の焼失と再建のことも教えてあげたかったけど。

 

奈良の大仏 年表

743年聖武天皇が造ることを命じる
752年4,600億円相当かけて完成
1180年焼失
1567年焼失
1958年国宝指定

 

奈良の大仏の大きさの理由を上手く伝えられたって、

一人で喜んで、思わず東大寺の方向に合掌しちゃったもん。

 







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.