名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク、ショー写真

投稿日:2015年4月17日 更新日:



3回目の名古屋アンパンマンミュージアム、レイナもパパも大好きな場所。
新しい単焦点レンズの試し撮りも兼ねていたが、レイナが遊ぶ姿をひたすら写真に撮る。

museum-anpan_78.jpg

やや暗い室内のアンパンマンのショーを見るレイナちゃん、f1.2の明るいレンズだから映し出しちゃう。

museum-anpan_152.jpg

f4まで絞るとバイキンマンは鮮やかに、それでいて背景のボケは美しい。

museum-anpan_186.jpg

新しいボールプールで2つもボールを転がすレイナ、名古屋アンパンマンミュージアムの新しい遊び場。

museum-anpan_162.jpg

スーパースターだからバックダンサーを従えて出てくる、笑顔が素敵なお姉さんたち。
いつもながら名古屋アンパンマンミュージアムは楽しい場所。


 

2015年5月26日

ナガシマスパーランド ちびっこひろばの写真 屋根ありの子供の遊び場

 

nagashima2014_013.jpg

日差しを避けて、子供を思い切り遊ばせられる場所はないか?と探して、思いついたのはナガシマスパーランド・ちびっこひろば。

nagashima2014_063.jpg

この日は雨だったのに、屋根がついているナガシマスパーランドちびっこひろばだから傘いらず。

nagashima2014_092.jpg

滑り台も大きなのが3つもあり、遊具の豊富さはハンパなく、子供をずっと遊ばせられる。

有料だけど、逆に他の大人たちが入ってくることもなく、気兼ねなく子供のしたいままにできる。

nagashima2014_087.jpg

いいなぁ、こんな遊園地。自分が子供だったら一日中遊んでいたい。

nagashima2014_043.jpg

足元は柔らかい素材になっていて転んでも大怪我にはならない。

大人たちが腰かける場所も一杯あって、みんなのことを考えて作ってくれています、ナガシマスパーランドのちびっこひろば。

nagashima2014_002.jpg

汗びっしょになって走り回っている子供と、一緒に滑った滑り台が楽しかったことを思い出として。

ナガシマスパーランド ちびっこひろばの写真でした。

 


 

2014.6.28

名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク、3歳まじかのウチの子が大好きな場所。

帰ってきた後も「アンパンマンミュージアム行こうよ」と何度も繰り返す。

名古屋アンパンマンミュージアム1.jpg

お外にあるから真夏は辛い、土曜日だったけど、曇り空の日があったから行ってみると、さほど混んでもいない。

名古屋アンパンマンミュージアム2.jpg

子供は素直だ、パパママの制止の声を無視し、楽しそうな遊具を見つけるとダッシュで遊びに行っちゃう。

表情を見ると興奮しているよ、楽しいものがいっぱいあり過ぎて迷っているみたい。

名古屋アンパンマンミュージアム3.jpg

パトロールに出てきてくれたアンパンマンにギューってしてもらって嬉しそう。

アンパンマンショーで一緒に踊って歌っていたり、滑り台でシューンと滑ってご満足。

名古屋アンパンマンミュージアム4.jpg

今日の目玉はショー、アンパンマンたちとお姉さん、ダンスと歌の世界にウチの子は見入っていた。

名古屋アンパンマンミュージアム5.jpg

なんて夢のある場所でしょうね、子供たちの心をとらえて離さない・・・という言葉がぴったり。

名古屋アンパンマンミュージアム6.jpg

他にはない魅力、名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークは凄いなぁ。

パパは暇つぶしの写真を撮りながらそんなことを考えていた。

名古屋アンパンマンミュージアム7.jpg

もう満足しただろうと帰った夜、それからその後でも「パパ、アンパンマンミュージアム行こうよ」と娘が誘ってくる。

何も考えなくても、その言葉がアンパンマンミュージアムの楽しさを示している、うん、そうだ。

 


 

長島ジャズドリームアウトレットと同敷地内にある名古屋アンパンマンミュージアム

名古屋アンパンマンミュージアム写真

土日は人も多いと思って平日に来てみると、なんと楽しい場所だったか!

2歳7か月になったウチの子はもうアンパンマンキャラクターは全部分かる

会場に入るとすぐにキャラクターを見つけて夢中になり、親の言うことなんて聞きません

アンパンマンが歩いているのを見てビックリしたのか、握手をしてもちょっと怖がっていた

ミュージアム内には面白いオブジェがいっぱい、子供をトリコにさせる仕組みね

この日はみぞれが降る寒さだったのが心残り、十分に遊ばせられなかった

横浜や神戸にあるビル内のアンパンマンミュージアムとは違い、名古屋のはパークだから屋外

入園料¥1,500/1名に躊躇していたが、いやいや、それ以上に子供が楽しんでくれた

いつも冷静なウチの子が、楽しさのあまりパニックになって走り回っていた

「いらっしゃいませ する!」とつぶやいて、お寿司屋さんオブジェ付近で夢中

名古屋アンパンマンミュージアム

その姿はパパ・ママの思い出にずっと残る事でしょう、この素敵なパンの写真と共に

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.