詩的に、高品質で。

ニューリバーゴージブリッジ

投稿日:2017年11月5日 更新日:




ウェストバージニア州のスピリット!

 

ニューリバーゴージブリッジ(New River Gorge Bridge)を本気撮りする機会を伺っていた。

 

時は満ちた、紅葉・晴天・夕方・広角レンズ・出張ついでの移動と、勝利を予感させる状況に。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ5.jpg

 

 

267mの高さにあるニューリバーゴージブリッジを峡谷下から見上げた。

 

夕方17:30の空色はイメージ通り、28mmで画角は足りており、30秒の露光で川の水と空の雲を穏やかに流す。

 

心の中でつぶやいた、あぁ、この画が撮れて幸せここに極まる。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ6.jpg

 

 

だが、追ってパソコンで見るとベストな色彩の一枚(↑)はピントが合っていない。

 

橋の上で三脚を立てて撮ったが、通り過ぎる車の振動が悪さをしていた、無念この上ない。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ7.jpg

 

 

油絵のような肌質、カマキリを思わせる前足、実は橋の向こうは紅葉が色づいている。

 

素材を活かした撮り方ができ、溢れる満足感。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ4.jpg

 

 

角度を変えると、紅葉に夕陽が当たって輝く森の姿が。

 

同じく30秒の露光によって水上の落ち葉は渦を巻き、川面と雲の荒は失せる。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ3.jpg

 

 

ひどくクラシックな線路の一枚、他意はないが紅葉とマッチするから。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ1.jpg

 

 

ビジターセンターから見るニューリバーゴージ、アパラチア山脈による恩恵。

 

真ん中右に見える橋の上から見上げたのが1枚目の写真。

 

 

ニューリバーゴージブリッジ2.jpg

 

 

車はニューリバーゴージブリッジの上を走るよ、日常みたいに。

 

でも実はこんなに詩的な写真スポット、満足度が高い写真撮影になったが、ちと心残りはある。

 

またいつか訪れてしまうのかな、色の濃い夏の夕陽に誘われて、そんな予感がする。

 







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.