ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

三四郎と美禰子のストレイシープ・迷羊 夏目漱石の小説

投稿日:2009年3月24日 更新日:




郷里の熊本を出た時、三四郎の井の中の蛙っぷりは絵に描いたよう。

自分は高等学校卒のエリート、一般人よりも上という優越感の持ち主。

兄の野々宮のことを、よし子が深く観察している姿を見て、

「これしきの女」「東京の女学生は決して馬鹿に出来ないものだ」

と思うところに女性蔑視の態度が現れているし、

美禰子たちと団子坂へ菊人形を見に行った際に見物人のことを

「教育のありそうなものは極めて少ない」

「あの人形を見ている連中のうちには随分下等なのがいた様だから」

と言う様から、一般庶民を卑下した態度を読み取る。

自己意識の高い三四郎は、大都会・東京に出て来て電車や東京の広さに驚く一方、

故郷の母から届いた心尽くしの手紙を見て、もう自分にはいらない世界だと失望する。

様々な人と交流を持ち、新しい女性像である美禰子と知り合ったことで己の不明を知る。

東京での新しい物事になんとか自分で納得のいく理解をしようと試みる三四郎。

しかし、「世紀末」というハイカラな言葉に反応を示さなかった、

いや、示すことができなかったように、東京の考え方になじむことができない。

静かな大学の池の端で佇んでいても、故郷の熊本の自然を心の拠り所にするわけでもなく、ただ孤独を感じてしまう。

既に故郷からも心は遠ざかってしまっていた。

三四郎は自分がどこにいればいいのかが分からず、ただもがいているだけの迷子。

同じく、自分がどこにいればいいのかが分かっていない人間がもう一人いた。

自身の結婚問題に揺れる美禰子だ。

当時の一般的な女性像に美禰子は当てはまっていない。

知識があるし、三十円もの大金を自身の判断で三四郎に貸すことができる経済力。

そういった女性は、明治の時代では稀であった。

三四郎にとっては、そんな美禰子こそ、大きな謎。

自立しているように見えながら、己を「御貰をしない乞食」と言い、

野々宮への非難の言葉を美禰子から聞き出そうとしていた三四郎の腹を見透かし、

「ストレイ、シープ」という謎めいた言葉を投げる美禰子が、三四郎には謎で仕方がない。

美禰子は美禰子で、三四郎の横顔を熟視するぐらいだから、三四郎のことが気になっていた。

それは恋心というか、三四郎がまだ持っている田舎臭さというか、

純粋さに美禰子自身の青春を重ねていたのだろう。

三四郎に見たその純粋さは、ありきたりな結婚で美禰子自身が手放すものだと気付いていた美禰子。

こうして三四郎は美禰子に謎めいた恋心を覚え、美禰子は三四郎の純朴さに恋をする。

三四郎は次第に美禰子の本質を捉え始めた。

「私そんなに生意気に見えますか」という言葉を皮切りに、

それまで無欠の女王のように思っていた美禰子が、実は不安だらけの一女性だという理解に届く。

しかし三四郎はそこで美禰子を理解したと思い込むこともしない。

「二人の頭の上に広がっている、澄むとも濁るとも片付かない空のような、――意味のあるものにしたかった」

とあるように、三四郎は美禰子に謎の部分を感じ続けたかった。

結局、三四郎は未知の世界に飛び込むことに臆病な無力な青年だった。

次第に三四郎は美禰子のことを理解し、対等になったと考え始める。

「あなたに会いに行ったんです」という言葉を言うことができるほどにまで成長するが、

皮肉なことにその時には美禰子の心に変化が起きていた。

「迷える子――解って?」という謎めいた言葉を三四郎にかける美禰子。

これには三四郎に前進して欲しいという気持ちが篭っていたのだろうが、

同時に美禰子自身にも成長を求めた言葉でもあった。

三四郎は美禰子に胸中を告白するまでに成長したが、時既に遅かった。

間接的な言葉ではあるが三四郎が告白をした時も、美禰子には意味が通じなかった。

この時点で美禰子は結婚の意志を固めていたのだろう。

そして美禰子は贖罪を求めるかのように三四郎へつぶやく。

「われは我が愆を知る。我が罪は常に我が前にあり」

新しい女性像を理想としていても、

旧態依然とした結婚のしきたりに従うしかなかった自分を非難した言葉なのかな。

こうして美禰子は理想よりも現実を見ることを決心した。

最後に三四郎は「迷羊、迷羊」と繰返した。

謎でしかなかった美禰子の心情を、三四郎はようやく理解した。

しきたりに囚われず、自分の意志を優先させて生きることを理想に掲げた美禰子が、

現実問題を前にして悩み苦しみ、そして最後は諦らめて現実を選んだ経緯。

それが自分が感じた美禰子の謎の正体だと知った。

すると、三四郎の心に根付いていた深い霧も溶ける。

それまでは若い自尊心が邪魔をして、美禰子のことを愛せていなかったと気付いた。

三四郎も美禰子と同様、本質的なものを理想としていた割に、

夢ばかり見て現実に阻まれ、一番大切なものに手を伸ばそうとしていなかった。

三四郎はそのことを、美禰子を失った代償として理解する。

そして、ついに「迷羊」という言葉の真意を理解し、口にした。

傲慢な田舎青年として上京し、うわべのことに囚われていた三四郎が、

美禰子の結婚を機に青春の夢と決別し、人生の実態に気付く様が、作品には鮮明に描かれている。

『三四郎』では三四郎と美禰子の両方に、その時代の中で向き合うべきものがある。

日露戦争後の不況では、当時の女性は夫や親に依存しない限りは生きていくことができなかった。

父親を亡くし、兄と暮らしていた美禰子だが、兄が結婚することに伴って、

何か他の依存対象を見つける必要に迫られていた。

当時を生きる上で不可欠であった『家』という制度が顕著に現れている。

美禰子は今までの『家』から新しい『家』へと移る人生の過渡期だった。

美禰子は三四郎に恋愛を求めていたのではない。

大学という学歴があっても当時はエリートを約束されるわけではなく、

田舎出身で特別な社会的背景を持たない三四郎は中途半端な存在であり、

美禰子はそんな三四郎に自分と似たものを見ていただけ。

中途半端な『ストレイシープ』としての自己像を、

三四郎にも投影させて同情に似た関心を寄せていただけに過ぎない美禰子。

三四郎は東京の大学で勉強するために、田舎の熊本から前途洋々と出てきた人間。

熊本の世界からすれば自分はエリートだが、様々な人に出会う中で自らの小ささを知る。

社会的に孤独な美禰子の『ストレイシープ』を通して、

実は自分も同じように『ストレイシープ』であることにようやく目覚めた。

彼は東京で自らの進むべき道に迷う。

熊本の家という『第一の世界』、

自分の想像していた学者たちともまた違っていて理解のできない『第二の世界』、

美禰子に代表される華やかな『第三の世界』、

付け加えるならば、当時の目まぐるしい資本主義発展によって

社会の外にはじきとばされた、轢死した女・最初の電車で出会った老人や女などの『第四の世界』。

三四郎はどれも理解ができず、矛盾であると曖昧にしてしまう。

この問題を解決できない三四郎。

三四郎という人物に、新しいタイプの知識人、真のエリートにはなれなかった多数のエリート候補が

時代の中で向き合わなくてはならなかった問題を直面させたのが、夏目漱石の意図かな。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.