アメリカ赴任直後、クレジットヒストリーでカード審査に落ちる

投稿日:2016年12月15日 更新日:



アメリカのクレジットヒストリーを甘く見ていたようだ。。。

日本でのカード利用歴とはまったくリンクしていないから、どれだけ日本でクレジットカードの利用歴があろうとも、

アメリカ到着後では僕はクレジットカードを生まれて初めて作る若者と一緒にされてしまう

アメリカのクレジットカードは、日本のように割合誰でも簡単に作れるものではなかった。

金銭的にまだ信頼の置けない僕は、要はちゃんとお金持っているかが自己証明できない。

 

赴任直後に開いたアメリカの銀行口座から、ドル建で引き落としするクレジットカードを作ろうとした僕。

米系大手航空会社のクレジットカード、なにしろ僕はその航空会社のゴールドエリート会員。

信頼はあるだろうし、貰えるボーナスマイルも魅力的だったから、迷わず申し込んだ。

が、結果は「クレジットヒストリーがないのでお作りできません」。

 

まだ諦めない僕、赴任前出張中に泊まったホテルチェーンではダイヤモンド会員(最高峰)。

これはいけるだろう、とそのホテルチェーンからお誘いのあった提携クレジットカードに申し込む。

やはり惨敗で、前回の航空会社カードと同様、3週間ほどして「ごめんなさい」のお断り手紙が自宅に届いた。

なんだかショックで、先の見えない闇の道に迷い込んでしまったかのよう。

 

アメリカの銀行で口座開設したときに、デビットカードが自動的に貰えた。

そのデビッドカードでドル決済できるから不足はないものの、

クレジットカードが作れなかった、という心理的ダメージは大きい。

せっかくアメリカに着任したのに、拒否されている感が強い。

 

クレジットヒストリーとクレジットカード

(上はアメリカ生活3年経過後のクレジットヒストリー、850点満点中751点、このように個人毎に点数化され、クレジットカード業界間でデータ共有されている)

ニッチビジネスというか、困っている人への救済は色々あるもの。

日系航空会社の北米支店が「クレジットヒストリーない人でも作れます」というサービスをしてくださっている。

JALカードUSA、ANAカードUSA。

この2つなら多くの日本人がアメリカ赴任直後でもドル建てのクレジットカードが作れるようなのだ。

ご好意に甘えて、私もそのクレジットカードを申し込むと、ありがたいことに何も支障なくドル建てクレジットカードを作ることができた。

そのカードで3か月ほどクレジットヒストリーを積み上げた後、リベンジとばかりに米系大手航空会社のクレジットカードに再度申し込みをしたら、きちんと審査にパスしてクレジットカードが届いた。

順番や作法があるのね、何事にも。

思い込みで勝負しても、その世界の常識に反していることもあるから、こちらの思い通りにはいかないことだって起こりうる。

これもアメリカ文化の洗礼、僕にとっては思いがけない出来事。

君、知らずや。

アメリカ赴任直後のクレジットヒストリー有無が生活にこんなに響くとは。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.