転職初日の挨拶アピール例、自分をキャラクター化しよう!

投稿日:2011年12月1日 更新日:



転職初日の挨拶、それほど緊張するものはない。

誰がキーパーソンで、誰がどういった性格で、誰がこれから仕事を一緒にやっていく人か、

何も周りが把握できていない状況で、挨拶しなくてはならない。

 

自分のことを観察している人たちが大勢いるから、でしゃばってはいけないし、

かといって初対面の自分をアピールする絶好の機会でもあるから、つまらないことを言うのみではもったいない。

 

一言で言うと、自分は何者?
どんな特別な知識や経験があり、どんな能力を活かして仕事をするの?
転職してきた自分にしかできないことは何?

転職初日の挨拶は、自分をキャラクター化しないといけないと私は思う。

少々の演技が入ってもいい、役者になって演じる多少の技量はあるだろう?

新しい会社の人たちに、これらを分からせないといけないという試練ね、試練。

それをわずかな時間の挨拶に凝縮して伝えるのが、転職の初日挨拶だから。

前職では、○○の分野の仕事を、〇○年間してきました。

特に○○については、専門的な知識を持っておりますので、

それを活かしながら、この会社でお役に立っていこうと思います。

まぁ、その前後に謙虚な挨拶も入れるけど、

僕だったら途中にこうした明確なキャラクター設定を入れるな。

だってみんな分からないもん、あなたという転職入社者の強みが、意味が。

それを払拭する唯一無二の機会が、転職初日の挨拶だよ。

日本の転職率4.5%〜5%

→決して高い転職率とは思えないが、それでも20人に1人は

 転職初日挨拶を経験しているということになる!

「畑違いの分野からの転職ですので、新入社員の気持ちで学んでいきます」

って言う人はまだ理解できる。

同じ分野からの転職なのに、

「至らない私ですが、よろしくご指導ご鞭撻お願いします」

だけ言われても、わたしだったら白けちゃうな。

中途採用の方に、初心は求めていない、即戦力であることを誰もが求めている。

一般的な仕事でのキャラクター設定

感情で仕事をするタイプ理論で仕事をするタイプ
仲間と一緒に、そこそこの仕事をする自分1人で、なかなかの仕事をする
仕事は大雑把で良いと思っている仕事には細かいところまで厳しい
常識的な判断・アイディアを持つ奇想天外な判断・アイディアを持つ
部下に厳しい部下に優しい

謙遜は分かるけど、あなたって何者?強みは?正体は?

それを伝えよう、アピールしよう。

転職初日の挨拶を逃したら、それだけ大勢の人に伝える機会には巡り合わない。

自分に思い切ったキャラ設定をして、転職初日の挨拶でぶつけてみようよ。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.