ケンボックス

詩的・高品質な写真日記を。

コロンバス(オハイオ州)ダウンタウンを観光ランニング

投稿日:2017年9月3日 更新日:







都市をランニングする企画の続き、オハイオ州コロンバスをRUN。

人口80万、オハイオの州都であり、全米でも15番目に大きな都市。

コロンバス_オハイオ5.jpg

一言で言うと、感じの良い都会だった。

街中を走り始めると、大都会の気配を察知する。

コロンバス_オハイオ6.jpg

高いビル、広い道路、数多い車、お店と看板がいっぱい。それだけだが他の街では感じなかったもの。

コロンバス_オハイオ7.jpg

ダウンタウンの中心部にまだ活気が残っていて、ドーナツ化した様子はさほど感じない。

治安に心配を覚えることもなく、ヤバそうな人はもちろんいたけど

サングラスをかけて街を疾走するアジア人のStrangerには害はない。

コロンバス_オハイオ4.jpg

キャピトルスクエアを周回するところ、カソリック教会の色使いが素敵だった。

コロンバス_オハイオ8.jpg

ダウンタウンの南にジャーマンビレッジがある。オハイオはドイツ系が多い場所だからね。

コロンバス_オハイオ1.jpg

偶然出会ったThe Book Loft of German Villageのガーデンが素晴らしかった。

コロンバス_オハイオ3.jpg

RUN中に持っていたNIKON 1では満足できず、走り終わった後で再訪してFull Sizeカメラで本気撮り。

とりわけ、このシュミッツ・ソーセージハウスの建物の味わいに惚れた。

コロンバス_オハイオ2.jpg

サイオート・オーデュポン・メトロパークから見たコロンバスのビル群。

新しい街を走る悦び、贅沢な出逢いだった。

 


2018年7月30日

シュミッツ・ソーセージハウス オハイオ州コロンバスのドイツレストラン

 

オハイオ州コロンバスにはドイツ村がある。

しばらく前に「コロンバスRUN」という冒険をした時に目に留まったドイツレストラン、

シュミッツ・ソーセージハウス(Schmidt’s Sausage Haus und Restaurant)。

いつかは行きたいと願った場所に家族を伴って訪れる。

シュミッツソーセージハウス写真1.jpg

店の前にレンガ畳の道、そこからローアングルでシュミッツ・ソーセージハウスを撮る。

シュミッツソーセージハウス写真7.jpg

入るとショーケースにはソーセージとデザートが並ぶ、モノ珍しさにじろじろを見てしまう、異国を感じるから。

シュミッツソーセージハウス写真4.jpg

ソーセージサンプラーを頼んで4種類を味わう幸せ。

添え付けのジャーマンポテトは素朴な味、どれもこれも優しい家庭料理。

シュミッツソーセージハウス写真5.jpg

お客さんは観光気分のシニアばかり、本物のドイツをアメリカにいながらにして感じことができるから人気。

シュミッツソーセージハウス写真6.jpg

1886年にスタートしたというシュミッツ・ソーセージハウス、とてもレアなドイツレストラン体験になった。

シュミッツソーセージハウス写真2.jpg

思い出すのは20年ぐらい前、ドイツ・ハノーバーに初出張した時のこと。

モンマさん・ナガイさんたちとドイツレストランでソーセージを食べた記憶。

ドイツ本物の感覚を久々に更新できて、意味確かなシュミッツ・ソーセージハウスだった。

シュミッツソーセージハウス写真3.jpg

その後はジャーマンビレッジのThe Book Loft of German Villageへ、ここの小径の美しさも別格なもの。

一目惚れというか、見てすぐに「ここは本物だ!」と受け取ったシュミッツ・ソーセージハウスはやはり本物だった。

我が感性に拍手、そんな場所を幾つも行きたいね、冒険は続くのだ。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.