ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

兎のような人が会社を去る 人との別れに大きく心を乱す

投稿日:2017年8月16日 更新日:




兎のような人が会社を去る。

1ミリも想定していなかったショック、立ち直るまでどれだけ心を乱したことか。

せめて今の小説「忍び半蔵」のエッセンスとして、我が心に残ってください。

僕ならではの昇華方法。

usagi-loss.jpg

体重管理中、夏は日落ち前のランニングが心地良い。

平日の昨日・今日と定時で帰ってParkをRUN、快速が嬉しい。

「忍び半蔵」は二巡目を書き上げた。

ここからまだ精選して、精米して、積み上げていこう。

仕事に追われた夏が終わる、9時過ぎまで明るかった陽が今は8時半過ぎまで短くなった。

再びアメリカ冒険旅行に出る秋にしたいな。

「私たち何もかも出直しよ」、今のサイクルは今月末で終わる。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.