カンバーランド滝ケンタッキー州の写真、ムーンボウ撮影失敗 

投稿日:2017年6月11日 更新日:



カンバーランド滝のムーンボウを見ようと、満月の翌夜に21時から24時まで粘ったが、失敗!

ムーンボウ失敗4.jpg

ムーンボウが起こる仕組みは分かったよ、↑は24時頃の写真、カンバーランド滝の右側には月明かりが当たっている。

ムーンボウ失敗1.jpg

夕陽時のカンバーランドも素敵だったが、僕が撮りたかったのは月虹、そんな容易に遭遇できるものでもないか。

ムーンボウ失敗2.jpg

夜中になるにつれ、観客たちが多くなる、24時前後にはお祭りか?という人数、みなさん楽しんでいるよ、ムーンボウのパーティーを。

ムーンボウ失敗3.jpg

暗くなって、蛍が飛び始めるカンバーランド滝一帯、それだけでも十分に美しい景色だった。


2017年5月4日

カンバーランド州立公園の写真 ケンタッキー州・カンバーランド滝

カンバーランド州立公園にある滝、ムーンボウで有名な場所、満月でも夜でもなかったが、下見に行ってみた。

次来るときは本気の撮影道具に、満月前後の夜、星の出ている夜を選んでくるかな。

カンバーランド州立公園3.jpg

予想よりずっと規模が大きかったカンバーランド川の滝、これは面白い被写体になるではないか!

30秒間の長秒露光で見つけた「なるとの渦」みたいな奴。

カンバーランド州立公園1.jpg

駐車場から滝まで歩く道が、上流→下流になっている。

反対の方が物語性があるのに、とか呟いて。

カンバーランド州立公園2.jpg

肉眼で見る滝はそうドラマティックでもない、滝はやはり非現実設定のカメラで撮るからこそ面白い。

そんなカンバーランド州立公園との初めての遭遇。


 

2016年8月15日

ケーブラン・レイクの写真 ケンタッキー州ダニエル・ブーン国立森林公園の湖

 

週明けに遠くで仕事があるから、週末のうちに移動。

いつもの道を、いつも通り走るのも虚しいから、脇道にそれて冒険してみる。

ケーブランレイク1.jpg

ケーブランレイク(Cave Run Lake)は河口湖みたいに大きな湖、キャンプ場に来てみたいなぁ。

ケーブランレイク2.jpg

フリーウェイの向こう、白くて立体的な雲があると、なんだか運転の先に吸い込まれそうになる。

ケーブランレイク3.jpg

気になっていた工場だが、四日市工場みたいに詩的に光るわけでもなく。

ケーブランレイク4.jpg

凄い小さい空港に紛れ込んだ、LCCとFedExの飛行機のみ!

ケーブランレイク5.jpg

I-64沿いのキレイな家、ここはサンセットの時間に一眼レフでじっくり撮りたい。

冒険しても傑作風景ばかりに出会えるわけじゃないが、未知の土地だ、諦めずに行こう。

日本の夏祭りに行って写真撮りたかったなぁ、今年から火おんどりも東大寺にも行けず悔いが残る。。。

 


 

 

2017年11月11日

フィッチバーグ・ファーネスの写真 ダニエルブーン国立森林公園

 

フィッチバーグ・ファーネス(Fitchburg Furnace)の写真。

ケンタッキー州レキシントン郊外の無名の建物、その150年の古さに美があるかと想像して出向く。

フィッチバーグファーネス_10.jpg

二度と訪れることもないだろう。面白い被写体を探す旅のひとつ、失敗にめげることはない。

フィッチバーグファーネス_8.jpg

ダニエルブーン国立森林公園の奥深く、フィッチバーグ ファーネスは平和な場所にあった。

フィッチバーグファーネス_7.jpg

内部の暗さにちょうどいいと思った、だってD850のISO感度チェックにぴったし。

フィッチバーグファーネス_9.jpg

フィッチバーグ ファーネス、どうしてこんな森の奥に?

栄光の過去があったのでしょう、わずか一瞬でも触れ合えて貴重な時間だったとしよう。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.