ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

ケーズコーブの早朝写真撮影 グレートスモーキーマウンテンズ国立公園

投稿日:2017年6月10日 更新日:




愛すべき景色は最高品質で本気撮りしたくなる。

先週はNIKON CXフォーマットの超望遠レンズのみ持って回ったケーズコーブ、ブラックベア狙いだったから。

今週も金曜の夜にグレートスモーキーマウンテンズ国立公園へと疾走する僕。

ケーズコーブ写真-12.jpg

土曜は朝5時起きで用意、ケーズコーブの写真は7時までが勝負。

フルサイズ一眼レフとミラーレス一眼レフの2台持ちでマウンテンバイク。

ケーズコーブ写真-8.jpg

グレートスモーキーマウンテンズを、フルサイズ・単焦点で得心が行くまで撮る。

煙のような霧を愛する=「愛煙家」ということか、煙草ではない。

ケーズコーブ写真-5.jpg

なんて美しいのだろう、霧隠れの幻想、淡水色の世界に昨晩の満月まで残っている。

ケーズコーブ写真-14.jpg

シャッターを切る指が快調過ぎて、なかなか先の道には進めない。

先週の同時刻なのに、自由な霧は似た形にはならず、野生動物たちの姿も少ない。

ケーズコーブ写真-2.jpg

一期一会を地で行っているようなケーズコープの写真旅。

一時間経っても全然先に進んでいない僕。

ケーズコーブ写真-7.jpg

両肩にぶら下げたカメラ2台を、周りのサイクリストたちは???という目で見ていた気がした。

ケーズコーブ写真-6.jpg

霧って不思議ね、何か自然のルールがあるのだろうが、僕の目には不規則に漂うナマモノ。

ケーズコーブ写真-1.jpg

満月だった昨晩、早朝にもこんなにくっきり残っていることがあるのね、知らなかった。

ケーズコーブ写真-15.jpg

超望遠レンズで撮れば雲海のようにも見える。

ケーズコーブ写真-11.jpg

時間を忘れ、俗事を置き去りにして撮り続けたカメラマン日和。

ケーズコーブ写真-4.jpg

8時には1週目が終わっていた、車の走行が開放される10時間まではまだ時間がある。

ブラックベアに遭遇できる奇跡を求めて2週目を走り出すと、先週同様にもう霧が消えている。

ケーズコーブ写真-13.jpg

「霧散」という言葉そのまま、太陽が出るとすっかり散り去って行ったケーズコープの霧。

ケーズコーブ写真-3.jpg

早朝に撮ったケーズコーブの写真はどれも良くて、絞り込むにも苦労した。

ケーズコーブ写真-9.jpg

本気撮りが叶った早朝の冒険、この感動をネットの世界に放っておこう。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.