ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

アメリカで芝刈り機の使い方に悩む!ガソリンの保管方法は?

投稿日:2017年5月13日 更新日:




芝刈り~合理の国・アメリカの、非合理な文化。

アメリカらしい広い庭に憧れて一戸建てに住むことをしたのに、

冬を越えて春先、庭の芝生が鬱蒼と茂ってくると焦りを感じた。

芝生が長いと近所から善い隣人とは見られないはず。

この国では芝生の手入れは当たり前。

アバウトなアメリカ人たちが唯一(失礼!)細かくこだわるのが、芝生。

刈り込まれた芝生は、アメリカンドリームの象徴なのだから。

前の家主が残した小さな電動芝刈り機を使ってみたら時間がかかること。

刈った芝生をいちいちゴミ袋に入れていたが、それも大変な苦労。

そのうちに「打ち捨て(刈ったまま、その場に放置)」にしたが、それで十分。

ポイントは芝生が長くなるまで溜めないことだ、1週間~10日おきに刈っておけば打ち捨てで大丈夫。

長くなってから刈った草は、数日置くと色が変わるだけでその場から消えてくれない。

庭いじりには興味がある僕だから、

普通サイズのPushing Mower(手押し式芝刈り機)を買いに行ってみた。

200ドル前後で売っている芝刈り機が一般的のようだ。

店のおじさんに「お前の庭は何ヤードあるんだ?」と聞かれても答えられない。

ヤードを単位にされると感覚が湧かないよ。

それはともかく、品決めした後で店のおじさんに「Enjoy!」と言われたのは驚いた。

アメリカ人は芝刈りを雑務としてではなく、レジャーとして捉えるのかな。

お店で食べ物が出てきた時の言葉だよね、「Enjoy!」って。

なんだか象徴的な一言に感じて、文化が違うことを改めて体感した。

アメリカ芝刈り機ガソリン

芝刈り機の一般的な燃料はガソリン。

ガソリンスタンドで、小さな専用ケースに自分でガソリンを入れるのは緊張した。

日本では自分で入れることは禁止されているのに、アメリカでは合法。

ガソリンって静電気でも引火することがあるのに、車に乗せて運び、家で保管して大丈夫なの?

慣れない僕は冷や汗をかきながら、ガソリンを車でガレージに持ち帰る。

芝刈り機をセットアップしようと、エンジンオイルとガソリンを入れ、スタートケーブルを引いても動かない。

焦って説明書を読み返し、youtubeの動画を見ても分からない。

何度もトライしても分からなくて、自分にがっかりしながら、その日は諦めた。

別の日、ガレージでいじっていると斜め向かいの家の方が立ち寄ってくれ、思わず助けを頼むと親切にしてくれた。

ハンドルの一番下部分が最初は短く固定されているので、それを長めにしないとエンジンがかからない。

出荷時のサイズをコンパクトにするために、そんなShip Modeになっているとは分からなかった。

ついにエンジンがかかった時の嬉しさときたら!

使ってみると、普通のアメリカ人家庭が使っているサイズの芝刈り機は楽だし、効率的。

これがあれば、そう苦労することもなく 芝刈り ができると思う。

僕が困惑した点は下記だ。

Q.ガソリンって何をどこでどうやって買うの?

A.レギュラーガソリン(Regular/Unleaded)を、普通の車用のガソリンスタンドで、芝刈り機専用の小型タンクに入れて買う。

タンクの持ち運びや保管も心配だったが、ガソリンということでびびる必要もない。
ガレージのように、気温が特に高くならないところで何も考えず置いておけばいい。

独特のエンジン音を聞きながら、芝刈り機を手押しし、我が家の庭を往復させる。

刈り込み方にも美学があって、草がモヒカンにならないようにしないと笑われるとか。

1時間ばかり念入りに芝刈りしてみると、段々と楽しささえ覚えてきた。

これがEnjoy!ってことか。

会社帰りの夕方、窓越しに庭の芝生を眺めていたら、手入れして素敵なグリーンになった庭を、

我が家に半分住みついた野生の兎さんが、全力で走り抜けていった。

刈り込まれてエサのミミズとかが探しやすくなったのか、小鳥さんの数が心持ち増えた。

たまらない満足感、アメリカで芝刈りをやって良かったな。

芝刈り機における僕の冒険日記でした。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.