コルベット博物館の写真、ケンタッキー州ボーリング・グリーン

投稿日:2017年4月8日 更新日:



コルベット博物館なるものが、ケンタッキー州ボーリング・グリーンにある。

車に無知な僕、コルベットがシボレーのブランドのひとつであることすら知らない。

コルベット博物館4.jpg

僕が知っているたった一つのコルベットのこと、吉川晃司さんの楽曲「Black Corvette」。

その昔歌ったなー、コルベットがどんな車かも知らなかったけど。

コルベット博物館8.jpg

さて、コルベット博物館ですが、見ごたえはありました。

昔の車から未来の車まで、コルベットというブランドで語れる面白さ。

種類の豊富さ、時代を経て皆さんに愛された車だということは伝わった。

コルベット博物館5.jpg

興味関心を持ってわざわざ訪れたコルベット博物館、日本のトヨタ博物館とかの展示センスの違いは分かった。

ただし、見終わった今も、コルベットの特徴は分からない、僕の乏しい自動車知識では。

コルベット博物館2.jpg

アートとして、美術館として、あるいは写真の被写体として捉えているのが僕のいけないところ。

コルベット博物館3.jpg

中西部に多くある自動車関連企業にお勤めの方でしたら、興味シンシンのコルベット博物館なのでしょうが。

コルベット博物館6.jpg

2014年には床陥没によって地中にコルベットが飲み込まれたらしい、ウソのようなマコトのお話。

コルベット博物館9.jpg

レキシントンからナッシュビルの間、これも中西部のモノづくりの成果かな、コルベット博物館。

コルベット博物館1.jpg

コルベット本社工場、コルベットカフェ、コルベットギフトショップ、文化ってこういうことを言うのね。

 


 

 

2019年4月14日 

エリザベスタウン・フリーマンレイクパークをランニング

 

思いがけない拾いモノ、ってところか。

南への出張移動途中、僕の日曜日を何か有意義にするため、 Google Mapを見ながら
「ここに立ち寄ろう!」と勘で定めたエリザベスタウンのフリーマンレイクパーク。

あてずっぽで選んだフリーマンレイクパークってことね、移動途中にある大きな湖ってことで。

エリザベスタウンフリーマンレイク

エリザベスタウンは、ケンタッキー州では人口10位で3万人足らずの田舎町。

エリザベスタウンフリーマンレイク

自分の見切りが甘く、ガソリン切れの危機に肝を冷やしながらフリーマンレイクパークへ到着したのは苦い思い出。

エリザベスタウンフリーマンレイク

湖の外周が4.9マイルあって、大半は車道と交差することなく走れる良いランニングコース。

アスファルトではなく、砂利がひかれているので、どちらかと言えばトレイルランニングコース寄りだと思った。

エリザベスタウンフリーマンレイク

季節が良かった。
新緑で、さほど暑くもなく、まるで寒くはなく、心地よい環境。
走っている地元ランナーもたくさんいるし、犬のお散歩の方も。

エリザベスタウンフリーマンレイク

期待せずに立ち寄ったエリザベスタウンのフリーマンレイクパーク。

良かったよ、案外に良かったランニング体験。

秋の紅葉時になら、もう1度ぐらいは再訪してもいいな。

エリザベスタウンフリーマンレイク

特別な写真が撮れたわけではないが、

日曜日の出張移動に意味を与えた出逢いになった気がして、僕は若干の満足感を覚えていた。

ありがとうフリーマンレイクパークのランニングコース、あなたと出会わなかったら、今日という1日を僕は無意味な長距離ドライブだけに費やしていたかもしれないのだから。

 

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.