ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

凡々と過ごすアメリカ赴任中の日々 仕事落ち着いたら冒険に出よう

投稿日:2016年12月19日 更新日:




また凡々とした日々を過ごしてしまった。

ピークが来た仕事をやっつけるのはいいが、それだけでは人生何も進まない。

-12℃まで下がった空気を味わうことができた体験は、僕にプラスをもたらす?

遅延対応で朝3時の空港お迎え、1週間もホテルで缶詰の仕事、これは苦痛だけだよね?

お客さんからお土産を2つも貰ったな、これは喜ばしいことだろうに。

KY州運転免許の運転試験は1回でパスできた、随分下調べし、サイドブレーキ引き忘れも致命傷にはならなかった。

19歳の時はWA州の仮免までしか取れなかったから、20年かけてあの頃を越えた、でも当たり前すぎる。

なんとなく英会話は上達していると思うけれども、次の壁を破らないとアメリカに来た意味がないか。

空想箱に過去の財産を大量投下する、こうした後ろを振り向く作業も12月をもって終了させるのだ。

山岡荘八「豊臣秀吉」が素晴らしい、読書に費やす時間を日本ではなかなか確保できなかった。

1月になったら仕事が落ち着く、いよいよ本当の冒険の日々に出ることにしよう。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.