ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

アメリカ赴任当日のビジネスクラスフライト、スーツケースが重い

投稿日:2016年9月22日 更新日:




いよいよ来てしまったアメリカ赴任当日。

心配はひたすら荷物のこと、スーツケース2つにパンパンに詰めたお土産、電化製品、釜飯の素。

ラップトップ2つ、カメラ2つ、レンズ4つを手荷物で。

バス停まで運ぶのも体力の限界に近く、チェックインすると32kg+18kg、超過手荷物料金を覚悟していたが請求されず最高!

アメリカ赴任当日2.jpg

成田空港LCCターミナルまで歩いてみたり、吉野家牛丼を食べ、ラウンジに入ったら飛行機離陸滑走路が目の前で、超望遠レンズで撮影して時間潰し。

赴任当日、何が心にあるかって、昨夜娘を寝かしつけている時、
僕から何も言ってないのに彼女から「パパ、明日アメリカに行くの?」と聞かれたこと。

「そうだよ、レイナと離れてパパ寂しい」と言うと
「大丈夫、テレビ電話あるから。大きくなったらアメリカ行くから」と逆に慰められ、ハグしてくれた。

娘離れできそうもないパパと、パパ離れできている娘。

アメリカ赴任当日1.jpg

本のお供は村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。

今までは写真に傾倒していたが、これからは小説を書くことを再開するぞ。

体重を落として、筋トレもしよう。身体を絞るのだ。

ビジネスクラスは快適で、エコノミーよりはるかに睡眠が取れた。

ATLの入国審査は手短な質問で終わり、最大関門の税関検査は素通りで最高!

緊張が一気に解れて、あとは惰性でLEXまで、何も問題なくアメリカ赴任当日を過ごせて幸先が良い。

アメリカ赴任当日3.jpg

荷物量と中身が結構な冒険(超過手荷物料金・没収覚悟)だったが、意思あるところに道は開けた。

色々な方からメッセージもいただき、心温まる日でもあった。

冒険開始初日、何とかなったな。ふぅ。

 


2016年9月30日

レキシントンの夏の短さ、季節はすっかり秋にスピードをあげて

 

赴任してきて1週間、レキシントンの夏の短さを感じている。

9月末、朝は7時半にならないと明るくならないし、夜はもう7時半で暗い。

驚くのは朝晩の肌寒さ、半袖ではちょっときつい、日中はまだ30℃の日もあるものの。

レキシントンの短い夏はもう終わってしまった、季節はすっかり秋に、スピードをあげて。

レキシントンの短い夏.jpg

いつものレキシントンの牧場にD800を持って行ってみた、牧草の色から緑色が抜けかかっている、夏の輝きは半分以上を逸した。

冬が怖い、その前の秋の紅葉は楽しみなのだが。

到着5日目にしてようやく時差ぼけが消えた、克服するのはきついなぁ、時差ぼけ。

SSN、銀行口座、携帯契約、家探し、航空便到着。

そろそろ旅行気分を止めて、脂と過食を禁じよう。エアロバイクを漕ごう。

問題だらけの仕事、あと3か月で大嫌いなものを出し切って、遠慮せず我流にCHANGEしよう。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.