ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

真田邸・松代城(海津城)写真、信州真田家の居城と庭園美

投稿日:2016年5月23日 更新日:




松代城の真田邸を見て回る。

戦国武将の中でも英雄揃いの真田家の栄光に触れてみたい。

そんな期待だったが、真田邸を歩いていたら違うものを感じた。

ここは日本の美の宝庫だ、派手な武功ではなく、簡素で美しいものが並んでいる。

真田邸_写真5.jpg

歴史を考えればそれも当然で、この真田邸は松代藩9代藩主が1864年に建てたとあるから、戦国時代から長い時間が過ぎている。

より実用的で、かつ経費を抑えた形のものが求められた時期なのだろう。

真田邸_写真1.jpg

質素なお部屋と、手入れの行き届いた庭園が合わさったセンスが見事。

戦国時代の荒々しさではなくて、貴族の華々しさはもちろんなくて、平和な江戸時代を感じさせてくれるようだが、そんな安直な印象は正解だろうか。

真田邸_写真6.jpg

まぁ考えれば、この食事だって畳だって当時の高級品か、質素ではなく、贅沢×贅沢のセンスね。

調べてみると、松代藩の真田家は10万石の大名、これは徳川幕府内では格上の大名になるから、立派なお金持ちの家だな。

真田邸_写真2.jpg

どの角度からも座って見て楽しめるようにデザインされた庭園、ここで座って何を想う?

真田邸_写真4.jpg

海津城から出発する川中島トレイルランニングの前に立ち寄った真田邸の写真。

真田邸と川中島の戦いは、同じ戦国時代のようで、実はまるっきり異なっている。

戦国時代後の真田邸、戦国時代真っ只中の川中島の戦い、平和と非平和の対比。

真田邸_写真3.jpg

美しいものを見つけた、日本の伝統、僕が憧れてやまない先人たちのセンス。

そんな真田邸訪問になり、背筋がピンと伸びた気分がしたよ。


海津城、僕にとっては海津城、決して松代城ではなく。

川中島トレイルランニングをする僕は、海津城から走り出す。

武田軍別働隊が啄木鳥戦法で、妻女山の上杉軍へ攻めかかるように。

そして武田軍本隊は川中島へと密かに移動していく。

海津城1.jpg

昔はもっと千曲川沿いにあったという海津城、天然の堀を利用した鉄壁の守りだったのだろう。

海津城4.jpg

海津城本丸跡に登ると、八幡原も妻女山方面も見渡すことができる。

これが武田信玄が見ていた景色に近いものか。

もちろん時代環境が異なるから同一ではないものの、自分が信玄になった気分。

海津城3.jpg

今では血の匂いもせず、ただの美しいお城の芸術、桜の名所でもある海津城。

その昔、生臭い生存競争の舞台であったことはもう忘れてしまいたい記憶なのだろう。

海津城2.jpg

真田信之から続いた真田松代藩10万石では、松代城という名前で真田氏の居城となった。

海津城5.jpg

それでも僕にとっては海津城、ここから深夜に出陣していった武田別動隊のことを思い浮かべながら。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.