入間川サイクリングロード、狭山・入間・川越ランニングコース

投稿日:2015年8月14日 更新日:



入間川サイクリングロードをランニング。

十代後半に何度も走り、自転車で通学した、それはそれは思い出深い道。

僕にとって、こんなに特別な気持ちで走れる道は他にはない。

入間川サイクリングロード ランニング1.jpg

あの頃は新富士見橋から川越方面へと走った。

その記憶を追おうと、このランニングコース用に走れるシューズやシャツは一応持って来た。

でも夏の実家帰省中だから、暑いし時間ないしランニングなんてムリだろう、と諦めていたら偶然にも厚い雲が出た。

バーバが娘とプールで遊ぶと言い出したので、その間を縫って、入間川サイクリングロードへランニングに向かった僕。

入間川サイクリングロード ランニング2.jpg

RUNの快適グッズを何ひとつも持たず、十代の僕は走っていた。

普通のシューズ、ほぼ平服、栄養ドリンクなしだったが、そのスピードはたいしたものだった。

今は様々なRUNグッズ(ランニング用タイツ・ランニングシューズなどなど)に守られ走る僕、スピードは半減したのだろうが、まだまだ走り続ける元気な三十代。

入間川サイクリングロード ランニング3.jpg

西武文理高校のランナーたちと偶然のスピードバトルになった時もあったな。

意地を張って、決して走り負けることはなかった思い出。

長く速く走れることは、あの頃のちっぽけな僕の、ちっぽけなプライドだった。

入間川サイクリングロード ランニング4.jpg

娘をお迎えに行く時間が迫っていて、十分に時間を取ることができなかったこの日のランニング事情。

この赤い橋のたもとは、高校の帰りにさぼって本を読んでいたり、考え事をしていた思い出の場所、ここに来るのも数年ぶりのこと。

入間川サイクリングロード ランニング5.jpg

20年前の記憶でも、深い時間を過ごした場所では不変なんだな、あの頃に見た夢をまだ追い続けている今、そろそろ結果を出そう。

入間川サイクリングロード ランニング6.jpg

折り返し、入間川サイクリングロードを走り戻り始めると、雨雲が出て、瞬く間に大雨、それもスコール級の土砂降り。

木の下、橋の下にエスケイプしつつも雨は止みそうになかったので、みんなを待たせてはいけないとずぶ濡れで走った、それも心地良い夏の日のランニング。

入間川サイクリングロード ランニング7.jpg

ついでに寄った我が中学校の記憶、不器用な少年はなかなか得手のものが見つからない一方、数学と長距離走に才能を発揮した。

入間川サイクリングロード ランニング8.jpg

ザリガニ釣りをした通学路、あの頃一緒に過ごした友人たちは今いずこ?

でも再会しても互いに顔も名前も分からないのだろうな、無情な時の流れで。

入間川サイクリングロード ランニング9.jpg

学年のマラソン大会で明石君だけには勝てなかったが、学年2位を取った名誉の思い出、この校舎裏の土手がマラソンコースだったか。

入間川サイクリングロード、この日は往復18kmをランニングした。

また走る機会はあるでしょう、この身体が滅びぬ限りは。


入間川サイクリングロード ランニング
2012/05/04 12:00:00

入間川サイクリングロードをランニング、往復21kmの思い出深いコース。狭山市から川越市へと入間川沿いに続くこの道に、僕の追憶は尽きない。まぁ、今日はRUNのことだけにしておこう。新富士見橋から八瀬橋、調子が良ければ川越橋まで、十代後半に何度も走った。今のようにノースフェイスという武器はなくて、身体ひとつ、体力だけを頼りにね。折り返し地点で自動販売機の飲み物を替えるコインだけ持って走っていたなぁ。あるときは偶然に西部文理高校のランナーたちと並走し、互い最強のペースで競った。今回自分の足で走るのは、それこそ15年ぶりだから、目の前に現れる場面場面に思い出が蘇る。大雨の後の晴れ間、暑さと日焼けの感覚すら懐かしいぐらいに、僕の脳裏は思い出だらけ。語れないぐらいの思い出の量、赤い橋が、あぁ、赤い橋にたった一度だけ電車が通ったんだ。GWの名物、安比奈親水公園でのバーベキューとかテントとか、古い記憶は今でも有効だった。ペースを落としつつ、長距離を完走できるよう、B'zの音楽を聴きながらのゆっくりRUN。川越南高校からの帰り道、幾度も通ったこの入間川サイクリングロード。おっと、自分は大きく成長したが、あの頃の理想はまだ叶えていないじゃないか。あの頃は結構なハイペースで川越橋まで走れていたと思うけど、さすがに今日はキツイ。ラングッズに守られて、なんとか往復21kmは完走できたけど、15kmあたりで疲れた。晴れの合間の雨、数々の思い出に支えられて乗り切れた感じね。自然はあの頃と何も変わっていないし、僕の体力だってまだそう落ちていないさ。どうにも過去は取り戻せないから、COMPLEXの1990のように、振り向かずに歩いていく。再会できた入間川サイクリングロードとのランニングで、忘れかけていた理想を取り戻したようです。この先の節目に、まだまだ何回かこの場所を走ってみたい、自分の進んでいる道を確かめるためにかな。

Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2021 All Rights Reserved.