寧比曽岳トレイルランニングコース写真、段戸湖・段戸裏谷原生林

投稿日:2020年5月5日 更新日:



寧比曽岳は豊田市で一番のトレイルランニングコースだと覚えていたけど、

前回走った時から5年経過すると流石にそれが本当だったのか、記憶も怪しくなってくる。

寧比曽岳トレイルラン写真

地元で中距離のトレイルランニングができる場所はないかな、豊田市のトレランコースといえば猿投山だけど行ったばかり。

別の場所を、と考えると浮かんできたのが天空のコースこと、寧比曽岳トレイルランニングコース。

まぁ厳密に言えば、寧比曽岳の山頂は豊田市だけど、走り始める段戸湖は愛知県の北設楽郡・設楽町。

「豊田市のトレイルランニングコース」というと正確ではなくなる部分も出てくるけど、まぁそんな細かいことは良いじゃないか。

寧比曽岳トレイルラン写真

段戸湖の駐車場に車を入れて、管理小屋横からトレイルコースに入っていく。

走り出すと、すぐに段戸湖の湖面が視界に入ってくる。

久しぶりだね、この景色の感覚を忘れているようで、触れ合えばすぐに思い出してきた。

ルアー&フライフィッシングで有名な段戸湖、静けさは変わっていない。

寧比曽岳トレイルラン写真

遊歩道を進んで、湖面ギリギリまでいって段戸湖との再会を喜ぶ。

秋は紅葉名所、初夏の新緑は特に美しいところ。

今日は新型コロナウイルス影響で、なんとフィッシングが営業していないから、釣り人たちの姿がゼロ、通常以上に穏やかな段戸湖。

寧比曽岳トレイルラン写真

森の中のトレイルコースへと入っていく。

超望遠レンズをお持ちになっている方々とすれ違うが、段戸裏谷原生林「きららの森」で野鳥を撮っている方だとすぐに分かる。

今日はAir Podsで音楽を聴くのをやめている、それよりも鳥さんたちのさえずりを耳にしながら走る方が気持ち良い。

寧比曽岳トレイルラン写真

五六橋を右折して、東海自然歩道の看板やトイレがある道からが、いよいよトレイルランニングコースが始まる。

道脇に出てくる苔の神様たち、そして鳥さんによる音楽。

寧比曽岳トレイルラン写真

最初2kmぐらい、車道との交差まではだらだらの小登り道、まぁ普通に走れるレベルだが、連日のRUNで僕の体は弱っていて、あまり足が出なかった。

そのうちにこの東海自然歩道は尾根や稜線ほどは視界が開けないが、平坦なトレイルコースが続くようになる。

寧比曽岳トレイルラン写真

山頂の尾根沿いではなく、頭の上は高い木々に囲われているコース、登山用語で「巻道」と呼ばれる部分だから、さらに走りやすい。

それから足元のトレイルコースの状況が良いのだな、石や木の根はあるがそれでもしっかり整備されているから、走っていて問題がない。

トレッキングしている方はそれほど多くないはずだが、荒廃したトレイルコースどころか、むしろ整備されているコース。

寧比曽岳トレイルラン写真

水平ロードに入った途端に、僕の足は復活した。

以前に「天空のトレイルランニングコース」と名付けたこの部分、改めて走ってみるとすぐにその良さを再認識した。

寧比曽岳トレイルラン写真

巻き道だから、トレイルは地形に合わせてクネクネと曲がっていく、直線ではないのは非効率だが、走る立場になればその変わった道の作りに自分の足を合わせていくのが実に面白い。

寧比曽岳トレイルラン写真

足を滑らせたら谷に落ちるかな、ぐらいの足元の悪い場所も数カ所はあるが、まぁこの程度なら無理なトレイルランニングコースとは言えない。

復活した僕はこの「天空のトレイルランニングコース」を一気に駆け抜けた。

今日に限らないが、ここで行きかわす歩行者は1組あるかないかのレベルなので、全力トレイルランをする余地がある。

ほら、やはりこの寧比曽岳トレイルランニングコースは最高だよ、またこの場所を走れて嬉しい!

寧比曽岳トレイルラン写真

(恐怖の登り坂の写真)

 

程々に疲れると巻き道は終わった。

その後は寧比曽岳山頂へ上がる恐怖の登り坂が待っている。

手元のApple Watchデータだと高度最低が904m(段戸湖)最高が1139m(寧比曽岳山頂)、標高差235mの半分ぐらいはこの坂ではないか?と思われるぐらいに角度が厳しい。

寧比曽岳トレイルラン写真

(フルモデルチェンジされたトイレの写真)

 

ところで道の左右にあり過ぎだった熊笹は刈り取られているし、坂を富士見峠へ上がったところのトイレもフルモデルチェンジされていた、ありがとうございます!

寧比曽岳トレイルラン写真

(富士見峠への紅葉の道の写真)

 

富士見峠への紅葉の道を駆け抜けて、反射板から恵那山を望む。

寧比曽岳トレイルラン写真

(反射板付近の展望台の写真)

 

寧比曽岳山頂へ進むと、見慣れた広場が見えてきた。

ベンチ近くの草むらが大幅に刈り取られていたのかな、整備してくださった方がいる。

当たり前だが景色は変わらず、旧友に会った思いでベンチに座って山頂の風を感じていた。

寧比曽岳トレイルラン写真

(寧比曽岳山頂の写真)

 

7.5kmぐらいを1時間40分で走ってきたが、全然真剣には走っていない。

帰りは登り坂がほぼないから1時間かからずに段戸湖まで一気に駆け抜けることができる。

寧比曽岳山頂は愛知県豊田市大多賀町の住所だから、まぁ「豊田市で一番のトレイルランニングコース」でウソはない。

「天空のトレイルランニングコース」はどうやら北設楽郡設楽町。

まぁそんな細かなことはどうでも良いか。

段戸裏谷トレイルラン写真

帰りは音楽をかけながらこの素晴らしいトレイルランニングコースを駆け抜けた、その心地良さ、爽快感ときたら他のコースでもなかなかないよ。

段戸裏谷トレイルラン写真

走り足りなかったので、段戸裏谷原生林「きららの森」に寄ってぐるぐると歩いてみた。

段戸裏谷トレイルラン写真

ずっと昔にお会いした妖怪風の倒木の根、カエルのような木の病気?できもの?やらと再会。

段戸裏谷トレイルラン写真

僕は戻ってきたよ、これからたまに走りに来るね、と声をかけてみた。

段戸裏谷トレイルラン写真

豊田市街地では26℃だったのに、段戸湖では22℃。

段戸裏谷トレイルラン写真

標高差があるから「避暑地トレイルランニングコース」でもあるのか、寧比曽岳は。

 


2015年8月8日

夏休みの初日、早速仕事のことを忘れようと寧比曽岳へ。

ここは僕的には豊田市でナンバー1のトレランコース!

豊田トレランコース1.jpg

スタート地点の段戸湖、季節ごとに水と緑が形を変えつつ、走る気を増幅させてくれる。

豊田トレランコース2.jpg

標高900mの段戸湖から、標高1,121mの寧比曽岳山頂まで。

往復12kmのトレイルランニングコース。

豊田トレランコース3.jpg

五六橋のところが迷い易い、東海自然歩道沿いに富士見峠方面に進みましょう。

豊田トレランコース4.jpg

下界は35℃の真夏日なのに、この一帯は25℃ぐらい、標高の高さと緑の豊かさのおかげ。

豊田市でトレランするなら猿投山も王滝渓谷も良いが、夏は寧比曽岳に限る。

豊田トレランコース5.jpg

寧比曽岳のベストシーズンは秋の紅葉と、春の新緑の頃。

まぁ当たり前ですが、真夏は人が皆無。

豊田トレランコース6.jpg

小川の守り神みたいな木がある、力強く根を張った様は圧倒的な存在感あり。

豊田トレランコース7.jpg

最初は段戸裏谷を少々登っていきます、鳥のさえずりに身をゆだねて。

豊田トレランコース8.jpg

まもなく山の巻き道に出る、ここから富士見峠の急坂前までが、

僕の愛する天空のトレイルランニングコース。

豊田トレランコース9.jpg

真夏に来たから伸びた草に視界を遮られたが、

巻き道沿いにスピードを上げて走り続けることができる最高の道。

豊田トレランコース10.jpg

トレイルランニングの醍醐味を満喫した後で現れるのが、延々と続く急坂。

かなり疲れます。

豊田トレランコース11.jpg

伸びすぎた笹のシングルトラック、

道を知らない人が歩いたら道を間違えたか?と不安になるはず。

豊田トレランコース12.jpg

富士見峠一帯は紅葉のベストスポット、夏の今日は青々とした草が眩しい。

豊田トレランコース13.jpg

寧比曽岳山頂の気温は24℃でした。

風が心地よいが、夏は羽虫が多く長居していられない。

暑さを感じずに豊田市でトレイルランニングを楽しむなら寧比曽岳。

ここは春夏秋冬いつでもキレイなコース。


2013.11.3

奥三河トレイルランコース1.jpg

奥三河のトレイルランニングコース、私のベストは段戸湖~寧比曽岳の往復15km。

①抜群の景色の良さ(段戸裏谷の深い森~尾根沿いのロングコース~寧比曽岳山頂)

②高低差があまりなく走りを楽しめる(段戸湖=標高900m~寧比曽岳=標高1,121m)

③登山者も多くなく、トレイルランしていても他人の迷惑にならない

十分な駐車スペースがあるスタート地点の段戸湖。
湖でのマス釣りと、段戸裏谷原生林(きららの森)への入口。

奥三河トレイルランコース2.jpg

五六橋で道を迷いやすいが、寧比曽岳への東海自然歩道を進んでいくと、
段戸裏谷の延長線上で深い森の道、それは嬉しいトレイルランコースだ。

奥三河トレイルランコース3.jpg

私が惚れ込んだ奥三河のトレイルランニングコース、ここは景色の転調が多いのが美点。
森の中を走っていたら、ふと尾根沿いの道に出る。

奥三河トレイルランコース4.jpg

低い山だからはっきりとした尾根ではないけど、眺望が開けて光が差す。
この辺りは特に高低差がないから、音楽をかけて一気に駆け抜けると、
なんていうのかな、トレイルランナーズハイっていうか、たまらなく愉快でスピードを上げて。

奥三河トレイルランコース5.jpg

他のトレランコースでもこうした場面はあるけど、このコースではその距離が長い。
最高の楽しみが一瞬で終わらず、持続するなんて。

奥三河トレイルランコース6.jpg

楽しみの後は難敵だ。
きれいなシングルトラックを通ったら、何層にも続く登り階段。
寧比曽岳頂上への試練、長い長い階段にあなたもきっと弱音を吐くだろう。

奥三河トレイルランコース7.jpg

登り切った先にはトイレがあり、右手に進むと見晴らしの良い富士見峠。

奥三河トレイルランコース8.jpg

11月上旬の紅葉シーズンにはこの通り、落ち葉でフカフカな足元、鮮やかな色が眩しい。

奥三河トレイルランコース9.jpg

左手に進むと寧比曽岳山頂だが、この道もまた高低・歪曲に富んでいて美しい。

奥三河トレイルランコース10.jpg

寧比曽岳の頂上は眺望も開けていて、ベンチもあってゆっくり休めます。

奥三河トレイルランコース11.jpg

行きは緩やかな登り、帰りはひたすら下りだから、トレイルランの醍醐味は帰りの景色とスピード。

奥三河トレイルランコース12.jpg

ベストシーズンは5・6月の新緑と、11月前半の紅葉で間違いなし!

奥三河トレイルランコース13.jpg

奥三河のトレイルランコースでは、私の中では迷いなくベストワン。


寧比曽岳の紅葉名所写真

標高1,120m、三河高原の最高地点、東海自然歩道の要所。

トレイルランニングコースの名所であり、紅葉の名所なのが、寧比曽岳。

段戸湖からつながる尾根沿いの山道、愛知県でのベストトレイルランニングコース。

天空のトレイルランニングコース、尾根を一息に駆け抜ける時の爽快さは病みつき。

季節は5・6月の新緑か、11月の紅葉時が良い。

寧比曽岳の紅葉名所写真

足助・平勝寺からのロングコース、これは景色の転換に富んでいる。

鏑木毅さんが紹介してくれたトレイルランニングコースとは光栄。

寧比曽岳の紅葉名所写真

大多賀峠からが最短の登り口、カラーはなくて静寂の上り下りが待っている。

寧比曽岳の山頂に魅力は乏しい、景色は開け、ベンチがあり、達成感は演出してくれるけど。

山頂から10分もかからないが、段戸湖方面の富士見峠まで足を伸ばして欲しい。

11月初旬の紅葉最盛期にはこのページの写真のように黄金の道が現れる。

今は富士山は見ることができないが、先人が憧れて付けただろう富士見峠の名に相応しく、

三河高原の景色が一望できる。

寧比曽岳が好き、リスペクトの想いを写真に込めて、インターネットに飾る。

紅葉時は、黄金色の寧比曽岳だよ。


大多賀峠から寧比曽岳へ

大多賀峠から寧比曽岳の山頂へ2.2kmの登り道、このコースの静けさに個性を感じている。

特徴がある景色・見どころは何もない、そこそこの傾斜がある道をゆっくりと歩くだけ。

こんなにはっきりした光芒が現れるのも朝の一瞬、音も色もない世界だね、大多賀峠。

寧比曽岳山頂へは下の3つのコースがあるが、大多賀峠からが一番短く、一番地味。

①段戸湖からの尾根コース ②平勝寺からの景色転調コース ③大多賀峠からの静寂コース

いつの季節も、ここ大多賀峠からのトレイルでは自分の足音ぐらいしか聞こえない、静寂、静寂。

木立の影に曲者が潜んでいることもない、落ち葉と木の根が話しかけてくることもない。

続く登り坂、上がる息を水分を摂って抑えて、考え事をしながら寧比曽岳へ。

大多賀峠から寧比曽岳へ

黄金の紅葉に染まる寧比曽岳・富士見峠を写真に収めようと、三脚を担いで登った。

標高820m大多賀峠から、標高1,120mの寧比曽岳山頂へ。静寂以外、何もない、何もなくて良い。


段戸湖紅葉写真

設楽町の段戸湖で有名なもの、ルアー・フライフィッシング、段戸裏谷原生林・きららの森への入口。

秋の紅葉はこのページを見てわかるように色づき鮮やかに。

5~6月の鳥のさえずりが天国を思わせてくれる。

段戸湖紅葉写真

愛知県トレイルランニング名コース・寧比曽岳へは段戸湖からスタートするといい。

段戸湖紅葉写真

真冬には森の奥にある小川が凍った姿を写真に収めるのが楽しい。

春から夏にかけて草木が命息吹く様は、際立って美しい。

有名ではない割に、幾つも魅力をたたえている段戸湖、季節を変えて何度でも愛でたい。

段戸湖紅葉写真

劇的な場所だから、四季と結んで、趣を変えて自在に変化する段戸湖。

その一旦、秋の紅葉の一角を切り取っただけ、魅力は無数に、設楽の段戸湖。







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.