カプリチョーザのライスコロッケ、ハイセンスで美味しい

投稿日:2015年3月15日 更新日:



10年以上ぶりに食べたカプリチョーザのライスコロッケ、実に美味しかった!

あれはもう15年も前のこと、初めて食べたライスコロッケにはハイセンスを感じた。

パリパリの衣の食感、トマトソースにライス、そしてその大きさ。

なんだか憧れて、いつかは家で自分で作ったりした。

わざわざライスコロッケだけを食べにカプリチョーザに入るわけにも行かないし、でも食べたいし、高嶺の花か?いや、庶民目線の食べ物なのだが。

rice-ball.jpg

しばらく存在を忘れていたが、久しぶりにお目にかかったカプリチョーザのライスコロッケ。

懐かしみ、美味しくいただいたものの、その昔のような衝撃はない。

この味を飲む込むぐらいに、僕のセンスなり味覚が成長したから?

ライスコロッケに負けない男の子になれたのだろうか。

そう前向きに受け止めても良いのかな、教えてよ、ライスコロッケ。

 


 

1月でハピネスチャージプリキュア が終わり、2月よりプリンセスプリキュアが始まった。

ウチの娘が大好きで止まなかったハピネスチャージプリキュア のキャラクターたち。

娘はキュアプリンセス、ママはキュアハニー、パパはキュアフォーチュンと勝手に決められた。

precureshow20150_50.JPG

各ハウジングセンターを回って、寒い中見たプリキュアショー、合計もう何回見たことか。

レイナはすっかり振付を覚えて、プリキュアたちと一緒にノリノリで踊っている。

なのにプリキュアたちとの集合写真タイムでは、恥ずかしいのか笑顔がなく、無表情なのが分からない。

precureshow20150_10.JPG

ヒール役のオレスキーとサイアークを望遠レンズで撮ってみる、プリキュアたちの方が絵になるのに何故か。

ときどき隠れてボケをかます彼らを良く観察していると、結構面白かった。

precureshow20150_32.JPG

娘はキュアプリンセスから次のキュアマーメード(二人とも水色がカラー)に乗り移ることがでしょうか。

変化に対応できるか、なんだか心配だ。

 


 

永遠の0 百田尚樹 小説の感想 零戦の飛行士になった気分

 

頭をガツンとされたような衝撃、百田 尚樹さんの「永遠の0」を読んだ感想ね。

国際線の飛行機(アブダビ行き)を乗っている時に読んだから、零戦の飛行士の気分と重なって、「俺も必ず生きて家庭に戻らなくてはいけない」と妙な感情移入。

僕の旅行は遊びだから、永遠の0の操縦士たちとは比べてはいけない。

nagoya-city_7.JPG

久しぶりの強烈作、テーマはありきたりのものとしても、型破りな主人公と逆転の結末、勇ましいエピローグ。

物語の進め方が極めて上手で、これが処女作なのだから物凄い作家さんだなぁ。

nagoya-city_9.JPG

写真は「永遠の0」とは無関係な名古屋のテレビ塔と観覧車です。

心に残る小説でした、素晴らしいモノ創りに感服したから、つい詩的日記に書いてしまうよ。

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.