ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

永遠の0 百田尚樹 小説の感想 零戦の飛行士になった気分

投稿日:2015年2月5日 更新日:




頭をガツンとされたような衝撃、百田 尚樹さんの「永遠の0」を読んだ感想ね。

国際線の飛行機を乗っている時に読んだから、零戦の飛行士の気分と重なって、
「俺も必ず生きて家庭に戻らなくてはいけない」と妙な感情移入。

nagoya-city_7.JPG

久しぶりの強烈作、テーマはありきたりのものとしても、型破りな主人公と逆転の結末、勇ましいエピローグ。
物語の進め方が極めて上手で、これが処女作なのだから物凄い作家さんだなぁ。

nagoya-city_9.JPG

写真は「永遠の0」とは無関係な名古屋のテレビ塔と観覧車です。
心に残る小説でした、素晴らしいモノ創りに感服したから、つい詩的日記に書いてしまうよ。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.