高浜おまんと馬祭り写真、日本の伝統行事・愛知県春日神社

高浜おまんと馬祭り写真

勇気なくては参加できない、若者が成長するお祭りだ、危険は伴うが。

愛知県高浜市の高浜おまんと祭り、凄いことを考えた先人たち。

円形に丸太を組んだ広い馬場の中を、馬が全速力で駆ける。

高浜おまんと馬祭り写真

馬によっては時速40kmにもなるスピード、その馬の首根っこを目がけて馬に飛びつく。

高浜おまんと馬祭り写真

上手くいけば馬と一緒に数十メートルを併走することになる。

簡単に書いたけど、現実は思い通りにいくわけがない。

高浜おまんと馬祭り写真

飛びつくタイミングは難しいし、飛びかかっても馬に振り払われ、

僕が見た中でも1人は脳震盪を起こして救急車で運ばれた。

1馬力の力で体当たりされたり、蹄に踏まれたりしたら命の危険性がある。

リスクがあるからお祭りの血が騒ぐのだろう。

男たちは魂を奮い立たせて我先にと馬に飛びつく。

高浜おまんと馬祭り写真

雅(MIYABI)と呼ばれた1頭の馬のスピードは尋常ではなかったけど、

飛びついて成功した男は、皆から拍手喝さい、最高の称えられかたをした。

高浜おまんと馬祭り写真

高浜おまんと祭りを写真に撮る、シャッタスピードをあげ、オートフォーカスに頼るのも限界。

ピントが合わないよ、マニュアルにして狙いを絞っても今度は機会が訪れない。

数打てば当たるの打法でシャッターを切り続け、なんとかそれっぽい写真が幾つか。

リスクがあり過ぎてまともな頭では判断できないお祭りだ、しかしそこに最高の美がある。

高浜おまんと祭りの写真、これは忘れることができない。

 


2014年4月13日

愛知こどもの国のおでかけ写真、愛知県西尾市へは初めて行きました。

最近「電車!運転!」と言うようになった娘に、本物の電車・汽車に乗せてあげようと。

親は欲張って、きっといくらか先取りすぎるのだろうが、子供の興味を伸ばそうとして。

nishio_081.jpg

公園内を移動するライドトレイン、娘を膝の上に乗せる。

相変わらず怖がっているが、雰囲気は分かるようで、楽しんでくれているような、いないような。。。

nishio_074.jpg

本日のメインイベント・こども汽車に乗せると、昔ながらの石炭で走る汽車だから、
「ポッポー!」と大きな音・大きな煙にレイナはびっくり、怖い怖いと膝の上で騒ぐ。

でも終わりの方には「トンネル!」「運転!」とそれなりに分かってくれたみたい。

良かったのか、あまり分からなかったのかな、どっちだったか親にも分からない。

つまりは、親の自己満足と言うことさ、だったらレイナが楽しんでくれたと思い込んでおこう。

nishio_047.jpg

人生初の電車・汽車、レイナの記憶のどこか片隅に残ってくれるといいな。

それからパパ・ママとミニカーに二人乗りしたレイナちゃん、またひとつパパ・ママの親の夢が叶いました。

nishio_080.jpg

愛知こどもの国の写真、広い敷地内と三河湾の眺望も忘れていないけど、電車で始まり汽車で終わった家族の記憶。

それは楽しい週末の親子遊びでした。