ケンボックス

詩的・高品質な写真日記を。

物見山・赤猿峠トレイルランニング(海上の森~猿投山)

投稿日:2014年3月2日 更新日:







山道を走る稽古だよ、平らな道を走るのとは違う体力の使い方。
海上の森~物見山~赤猿峠~猿投山の頂上へ、往復13kmを4時間ほどかけて。
冬が終わるから、いよいよ走れる身体へ仕上げておこうと思って。

monomiyama_015.jpg

昨夜からの雨があがって間もなくだから、予想していた通り、水蒸気が森を包んでいる。
そのキレイな景色を楽しみつつ、物見山の山頂まで歩いてみる。
物見山とは絶妙なネーミングね、その名の通り、名古屋から行進してくる大軍があれば見渡せる。

monomiyama_033.jpg

物見山から赤猿峠へのトレイルは細く、案内がなく、道を見失いやすい。

monomiyama_036.jpg

それでもあちこちに手書きされたメッセージをしっかり見て、今日は迷うことなく進めた。

monomiyama_038.jpg

尾根伝いのシングルトラック、高低差もないから一気に駆け抜けるのは心地よい。

monomiyama_043.jpg

霧がかかった電線塔はミステリアス、見上げれば人工的な造形に魅せられる。

monomiyama_050.jpg

いつも人のいないトレイル、結局物見山から赤猿峠まで誰ともすれ違わず。
赤猿峠は尾張と三河の境だという。
写真のように何の飾りもない休憩スポット、領地の垣根がなくなった今は存在感をなくした。

monomiyama_054.jpg

猿投山の山頂まで1.7kmを往復すると、ここは登山やトレイルランの人たちと多くすれ違う。
猿投山から海上の森まで、ずっと下り道だから一息に走り抜ける。

monomiyama_059.jpg

雨上がりでも花粉が怖いから、目はモンベルのシールドグラスで、鼻はマスクをして防備。
久しぶりにトレッキングポールを持って走ったら、身体と足は楽だけど、肩が疲れた。

monomiyama_063.jpg

大正池を歩くと、先月の大雪のときの写真を思い出す、あれは傑作だった。
往復13km、4時間のトレイルラン、さほど身体に疲れも残らず、だいぶ頑強になったよ。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.