ケンボックス

詩的・高品質な写真日記を。

浜名湖付近の観光名所写真、こどもの遊び場パルパル遊園地

投稿日:2020年2月15日 更新日:







 

浜名湖周りには、子供と一緒に遊ぶ場所がたくさんある。

週末のドライブ旅行に向いている浜名湖一帯、一眼レフの写真でいくつかご紹介しよう。

 

浜名湖観光スポット写真

 

写真映えなら、弁天島の赤鳥居がシンボルタワーとして有名。

夕陽が鳥居の向こうに落ちるサンセット時に撮影したい。

子供と一緒でも潮干狩りとか、海辺の遊び場でもある。

 

浜名湖観光スポット写真

 

誰でも楽しめる、浜名湖名産うなぎパイの工場見学ツアー。

参加するだけで試食のうなぎパイをもらえるし、一気にうなパイのファンになる。

 

浜名湖観光スポット写真

 

浜名湖のみならず、浜松の、静岡の銘菓。

うなぎエキスが入っていて、うなぎの蒲焼のように繰り返したれを塗るからうなぎパイと呼ぶとか。

 

浜名湖観光スポット写真

 

工場の製造工程丸見えのうなぎパイ工場ツアー。

 

浜名湖観光スポット写真

 

うなくん、というゆるキャラ、身近に感じさせてくれる存在ね。

 

浜名湖観光スポット写真

 

ぬくもりの森はお洒落なスポット、入場料大人400円。

小さなスペースだが、温かみを感じさせてくれるよう造られている。

 

浜名湖観光スポット写真

 

このぬくもりの森は大人むけの癒し場所であって、子供が遊ぶところではないか。

 


 

2016年3月16日

浜松フルーツパーク いちご狩り当日枠に間に合わなかった思い出

 

浜松フルーツパークの思い出、延伸した新東名を走ってみようとお出かけした日曜日。

途中の浜松SAで浜松餃子をゆっくり食べていたからか、メインのいちご狩りの当日枠に間に合わなかった。

浜松フルーツパーク思い出12.jpg

娘と一緒にいちご狩りを楽しむ夢はついえた、いつかこの心の穴を埋めることができるのだろうか。

浜松フルーツパーク思い出13.jpg

フルーツがなるビニールハウスの中を歩いて、娘をモデルにひたすら撮影大会、それはそれで面白かったけど。

浜松フルーツパーク思い出11.jpg

「イオン行きたい」って娘さんはずっと言っていました、花より団子の典型か。

浜松フルーツパーク思い出14.jpg

帰りの道中、春を先取りする河津桜と菜の花にすれ違った、花粉は怖いが、春は近い。

 


 

2015年5月17日

浜太郎へ浜松餃子を食べに行った思い出、人生初のソフトクリーム

 

「浜太郎」へ浜松餃子を食べに行った。

パリパリの生地に弾力がある、テレビで紹介されていたのも納得、僕の中でも一番美味しい餃子でした。
18個も食べたらお腹いっぱい、本物を目の前にするとついつい欲張ってしまう。

浜太郎 浜松市動物園1.jpg

それから浜松市動物園へ、娘の手を引いて心地よいお散歩気分で。

浜太郎 浜松市動物園2.jpg

恐る恐る動物さんたちに触れるレイナ、鳥さんは苦手、白クマさんに興味を示していた。

浜太郎 浜松市動物園3.jpg

歩き疲れて、売店でソフトクリームを食べる、ついに覚えてしまった禁断の甘い味。

浜太郎 浜松市動物園4.jpg

今日のクレヨン写真、だいぶ使い込まれた。

浜太郎 浜松市動物園5.jpg

浜松SAでの夕陽がキレイでした、新東名高速道路が豊田東~三ヶ日まで延伸されるのが楽しみ。

 


2013年

浜名湖パルパルぐらいのサイズの遊園地は良いね。
失礼ながら手作り感があり、ほのぼのした雰囲気。
バリアフリーではないのが、ベビーカーを押す人たちにはマイナスだけど。

palpal-hamanako_03.jpg

2歳4か月の我が子では、遊園地を楽しむには早すぎました。

palpal-hamanako_02.jpg

電車やメリーゴーランドに乗せるも興味を示さず。
結局、どこでも良いからパパとママに手を引かれて自分の足で歩くのが一番好き。

palpal-hamanako_04.jpg

この子がもっと大きくなったら、平日に休みを取って浜名湖パルパルへもう一度来よう。

palpal-hamanako_01.jpg

その時は一緒に全部のアトラクションを楽しめる気がする。

palpal-hamanako_05.jpg

色に満ちた遊園地の写真はワクワク感を体現している。
そんな浜名湖パルパルの思い出。 


2016年1月12日

界遠州・浜名湖パルパルを写真撮影 観覧車と浜名湖の水景

 

界 遠州さんで見つけたキレイなもの。
モダンな和の喜びをいっぱいに湛えながら、窓の向こうに見る水景。

界遠州写真1.jpg

彩度が低い自然風景と、彩度が高い浜名湖パルパルの対比。

界遠州写真2.jpg

畳と間接照明が柔らかい。

茶処・遠江のお茶を部屋でいただく、シンプルに心が開けてくる。

界遠州写真3.jpg

大浴場に3度も足を運んだのは何故?

食事も和モダン+季節感、スタッフのサービスが心地よく。

界遠州写真4.jpg

我が国のデザインホテルね、界 遠州さん。そのセンスを少々いただき。

 


2015年7月21日

界・遠州に宿泊した思い出 レイクビューと効き煎茶と温泉

子供連れで滞在した 界 遠州さん、楽しい思い出ができました。
イオン行きたい、イオン行きたいと騒いでいた娘も部屋に入るとベッドをトランポリンがわりに。
オシャレでキレイで、なんだか楽しい雰囲気を感じ取ってくれたみたい。

界 遠州 思い出1.jpg

一番の思い出は、平日なので空いていた温泉に娘と一緒に入ったこと。
あんなに楽しい温泉は前にも後にもない、貸し切りプールみたいに遊んでしまった。
笑い声の絶えなかった温泉。

界 遠州 思い出2.jpg

美味しい夜ご飯を2時間ぐらいかけてゆっくり堪能。
煎茶は60℃のお湯で90秒ぐらいかけて出す、貴重な効き煎茶体験。
全室レイクビューのお部屋からは浜名湖パルパルと浜名湖、ロープウェイと遊覧船。

界 遠州 思い出3.jpg

夜、何度目かの温泉上がり、夕涼み中に次の小説のアイディアが泉のように湧き上がった。
素敵な設備とおもてなし、楽しい思い出ができました、界 遠州さん。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.