ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

金環日食の写真・2012年5月21日、地球/月/太陽が一直線

投稿日:2012年5月21日 更新日:




 

天体撮影自身に興味は薄いが、一眼レフで撮る金環日食の写真には興味シンシン。

カメラマンとしては被写体が何であれ、珍しければOKということ。

会社へ行く前、ちょっと早起きして、近所の公園で450mm望遠レンズを構えて金環日食という自然現象を撮影してみた。

地球・月・太陽が一直線になるのが金環日食だってね、今まで興味を持てなかったけど。

カメラが僕に開いてくれる新しい世界の知識。

金環日食 写真1.jpg

Capture NX2で画像処理すると、↑のような変わった金環日食写真が完成。

太陽が月を飲み込んで、また吐き出す。

あるいは、月が太陽を貫通していく様でしょうか。

雲の様子がなんともミステリアスで、面白い写真になったと一人喜んだ。

しかしこれが陽の上がったはずの朝に撮った写真だとは信じられない。

金環日食 写真2.jpg

朝起きたら雲があってダメか、と残念がっていたが、とりあえず予定通り公園でカメラを構えていると、朝7:30直前には雲も消え去った。

やった、これなら金環日食が見れる条件が整った!

それはね、300年に一度の大イベントだから、ミラクルも起きる。

 

朝なのに周囲は真っ暗に近くなっていった。

不思議な感覚、雰囲気は朝なのに世界が暗い。

ゴールドリングに変わっていく様は肉眼では見れないけど、カメラのレンズを通してはっきりと確認できた。

金環日食を捉えたカメラとレンズは僕の目さ、この時ばかりは。

金環日食 写真3.jpg

焦ったなー、カメラの設定をどうやったら写せるのかって。

露出をマイナス5段まで下げて、絞りはF40まで絞って。

焦点距離も35mm換算で450mmでは全く足りない、もっともっと長い超望遠レンズが必要だった。

トリミングで誤魔化したものの、専門として撮っている方からすれば甘い撮影準備。

 

朝一番の、楽しいお遊び時間でした。

不思議なもの、普段興味を持てないものでも、カメラという趣味によって僕の身近なものになることがある。

 


2014年9月9日

スーパームーン写真撮影 超望遠レンズ810mmを三脚に固定

初めてのスーパームーン撮影、何の飾りもなく、お月様をそのまま写してみました。

300mmをNIKON1 V3につけたから、35mm換算で810mmの超望遠。

クレーターまではっきり見えるのね、ようやくこの絵が自分で撮れた。

ありふれた構図でただのまん丸の月だが、これを自分自身のカメラ技術で撮ったということ、その感動が大事。

super-moon-first.jpg

三脚にカメラを固定して構図を計算するが、しばらくすると構図が違う。

月は移動しているのだと、改めて思い知った夜。

どんな景色に重ねればスーパームーンはより輝くのでしょうか、それはまた次の課題ということで。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.