ケンボックス

詩的・高品質な写真日記を。

金環日食を望遠レンズ写真撮影 2012年5月21日、地球・月・太陽が一直線

投稿日:2012年5月21日 更新日:







天体撮影自身に興味は薄いが、一眼レフで撮る金環日食の写真には興味シンシン。

そういうことで会社へ行く前、ちょっと早起きして、近所の公園で450mm望遠レンズを構えて金環日食という自然現象を撮影してみた。

地球・月・太陽が一直線になるのが金環日食だってね、今まで興味を持てなかったけど。

金環日食 写真1.jpg

Capture NX2で画像処理すると、↑のような変わった金環日食写真が完成さ。
太陽が月を飲み込んで、また吐き出す。

あるいは、月が太陽を貫通していく様でしょうか。

雲の様子がなんともミステリアスで、面白い写真になったと一人喜んだ。

金環日食 写真2.jpg

朝起きたら雲があってダメか、と残念がっていたが、とりあえず予定通り公園でカメラを構えていると、朝7:30直前には雲も消え去た。

それはね、300年に一度の大イベントだから、ミラクルも起きる。

そして、周囲は朝なのに真っ暗に近くなっていく。

ゴールドリングに変わっていく様は肉眼では見れないけど、カメラのレンズを通してはっきりと。

金環日食を捉えたカメラとレンズは僕の目さ、この時ばかりは。

金環日食 写真3.jpg

焦ったなー、カメラの設定をどうやったら写せるのかって。

露出をマイナス5段まで下げて、絞りはF40まで絞って。

焦点距離も35mm換算で450mmでも足りない、もっと長い超望遠レンズが欲しかった。

朝一番の、楽しいお遊び時間でした。

不思議なもの、普段興味を持てないものでも、カメラという趣味によって僕の身近なものになることがある。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.