ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

生後3週目 3時間おきに目覚めてはミルクを求めて泣く赤ちゃん

投稿日:2011年8月19日 更新日:




生後3週目、親子の戦いが続いている。

って、争いごとではなくて、3時間おきに目覚めてはミルクを求めて泣くレイナと、
「ひー眠たいなぁ」ってブツブツ言いながら起きる両親のやりとりのこと。

生後1か月の最も大変な時期に、9日間もある夏休みが来てくれた。
だから父は育児休暇だとばかり、毎日深夜3時までミルクを与える当番を引き受ける。
産後の妻の体調を心配して、家事全般もこなす。

生後3週目1.jpg

どうやら今が一番辛い時期、生後1か月を過ぎれば4時間ぶっとおしでレイナも眠ってくれるはず。
大量のウンチやらオシッコやらも可愛く見えるようになってきた。

お風呂に入れてあげると、お湯を楽しんでいるようなかわいい表情。
パパのことをなんとなく分かってか、しばらくパパのことを見るようになってきた。
泣いてても抱っこしてあげると、大人しくなる。
日毎に大きくなっているレイナ、成長ぶりを見届けられるのは嬉しいこと。

寝ているときはエンジェルでも、泣きやまない時はデビル。
天使ときどき悪魔?
悪魔ときどき天使?
今までは可愛いペット扱いだったのが、日中びっちり育児をしていると重労働ですよ。

生後3週目2.jpg

過酷な育児ピークを迎えていて、詩的活動に取りかかるヒマもない。
まぁ、カワイイから許すけど。
可愛いから、許すけど。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.