ケンボックス

アメリカ暮らしを、詩的に高品質で!

マイベイビー誕生 出産直後の感動を書き残しておくよ

投稿日:2011年7月24日 更新日:




2011年7月24日、16:00ちょうどの、2,358g。
一生忘れられない数字となりました。

早朝から夕方まで、幾つものドラマを経て、ついにマイベイビー誕生です!
ずっと書き残したい出来事、嬉しいなんて言葉で書き切れないぐらいの感動でした。

マイベイビー誕生1.jpg

早朝5時から奥さんが異変を感じ、6時には入院。
お昼の12時から陣痛が始まり、13時に本格化。
14時に分娩台へ、16時ちょうどに出産。

初産とは思えないほど、安産で終わってくれたのは嬉しかった。
僕が人生で滅多にないぐらいの衝撃をうけたのは、陣痛が来て分娩台に乗った頃の奥さんの苦しみ方。

いきむ時の苦しそうな姿、最初から最後まで出産立ち会いした僕は、何もできないけど、
ひたすら奥さんの手を取って、励ますことで背一杯でした。

マイベイビー誕生2.jpg


産まれた直後の赤ちゃんと、分娩台で我が子を愛おしそうに見るママ。
本当に修羅場だね、出産の現場は。

逃げ出したい気持ちを抑えて、奥さんの長く苦しい場面に立ち会う。
それまでお腹がぷっくり膨れていたのに、出産直後、赤ちゃんの形をした何かが産まれた!

その瞬間、奥さんの苦しさと、頑張ってきたからの出産成功が分かって、
思わず涙が溢れ、僕はもう数年ぶりに涙を流してしまいました。
(涙したのは、奥さんにプロポーズして成功した時以来だなぁ)

マイベイビー誕生3.jpg


ママの首元の上で、カンガルーケアを感じてるベイビー。
奥さんの苦しみの末に、いきなり訪れた大きな幸せ。

一生忘れられないよ、こんな一日は。
一気に大人になった気がしたよ。

ようこそ我が夫婦の元にやってきてくれたね、マイベイビー。
なんてカワイイ子だろう、一生大事にしてあげたい。
奥さん、辛い体験をしてまで、僕の子供を産んでくれて、ありがとう。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.