原ノ町市で祖母の葬式に参列、久しぶりの親戚に再会

投稿日:2010年10月8日 更新日:



祖母が94歳の大往生を遂げた。

後悔は募るもので、ここしばらくお逢いしていなかったから、
生きているうちに逢いに福島まで行こうと思っていたのに、
結局、その福島行きは祖母の葬式に参加するためのものになった。

祖母の葬式1.jpg

密かに父の落胆ぶりを心配して、土曜日の早朝に狭山の実家まで帰る。
圏央道がつながったおかげで、愛知から埼玉まで4時間もかからずに着いたのはちょっと驚いた。

それから外環~常磐道で福島の南相馬市・原ノ町へ、これまた5時間のドライブ。
久しぶりに両親と一緒のドライブ、心配したほど落胆はしていない様子で、ちょっと安心。

福島の紅葉はまだ始まったばかり、久しぶりの景色で感じたのは、
その田園風景が愛知や岐阜ともまた違い、なんというか、段違いにのんびりしているところ。
これが相馬の文化なのだな、今だから分かる違い、田舎ぶりのランクが際立っていたよ。

祖母の葬式2.jpg

さて、祖母の出棺にギリギリ間に合って、おばあちゃん家に到着。
動かずにいるおばあちゃんに驚き、肌に触れてその冷たさに驚き。
みんなで白装束を着せてやり、白の綿帽子に包み、花束や手紙と一緒に棺に入れる。

葬儀場まで移動して、久しぶりの親戚一同、それから従兄弟たちと逢うのは楽しかった。
もう10年ぶりに逢う従兄弟たちばかり、それぞれ子供を連れてきていて、それが驚き。
雰囲気は湿っぽさがあまりなくて、祖母の死以上に、久しぶりに全員集合した親戚一同だから嬉しさが勝る。
それもこれも、いつも優しい表情をしていた祖母の人柄がなす技なのかな。

真言宗本願寺はお焼香の時に、額にかざすことをしない。
告別式はみんなそのシキタリを不器用そうに学んで、なんとか無事にセレモニーを終えた。
悲しいイベントなのに、おばあちゃんから見たら孫たちが揃い、
さらに曾孫たちが楽しそうにはしゃぎまわっているから、悲しさがないじゃないか。

なんと僕はスーツを忘れるという世紀のミスをしてしまい、翌日来る兄にもってきてもらうことにした。
子供や従兄弟たちと遊んで、親戚の輪を感じるかけがえのない日になった。

祖母の葬式3.jpg

翌朝は時間があったので、おばあちゃんの家の裏、昔に父とよく散歩した場所を一眼レフで撮りにいった。

木造だった橋はすっかり鉄筋に、流れが急だった川は、堤防がしっかりした今時の川に。
とんぼを採った山道を歩いて、カブトムシを探した公園をぷらぷらと歩いた。
原ノ町駅はあまり変わっていなかったなぁ、到着する兄家族を待って、懐かしさのあまり駅うどんを食べたり。

兄が合流すると、ますます大きくなった姪っ子が可愛くて、親戚一同にも笑みが浮かぶ。
お葬式の最後、棺に花をみんなで入れて会場を後にするとき、涙が出そうになった。
こんなに温かく、多くの人たちに見送られる最期は、幸せなものだな。

火葬場に着き、あのおばあちゃんの姿はこの世から消えていってしまった。
骨を拾うときになると、もうリアル感はなくなって、他人というかモノのような祖母。
愛しいイベントだったよ、悲しみの中にある喜び、喜びの方が増していて、悲しさを忘れさせてくれる。
姪の可愛さ、それから親戚の10歳の男の子とずっとしていた鉄道話が楽しかったなぁ。

祖母の葬式4.jpg

夜はみんなでご飯を食べに行って、翌朝は父親と昔の散歩道を一緒に歩いた。
みんな集合の中、別れる時は大盛り上がりで、親戚の温かさを感じた。
写真もいっぱい撮ったから、親戚一同に送ってあげよっと。

常磐道を戻り、ちょっと東京で仕事などをして、それで狭山駅まで戻ると、駅が大改装していた!
車で中央道を通って愛知まで戻るのはさすがに疲れもピーク、ギリギリの体力でした。

悲しみの中の喜び、家族親戚の温かさ、記憶に残っている田舎の景色。
嬉しいものにいくつも出逢えて、悲しいイベントではなく、愛しいイベントでした。

 


 

原ノ町・福島県南相馬市原町区の思い出写真

原ノ町・福島県南相馬市原町区の思い出写真

親の実家がこの原ノ町市でね、僕は子供の頃に年2回は原ノ町へ帰っていた。

所謂、心の故郷、それが福島県原ノ町市なんだ。

原ノ町・福島県南相馬市原町区の思い出写真

この公園にも何度も来た、親父と一緒にかぶと虫を探して、夜に歩いたっけ。

兄貴とずっと遊び続けていた、そんな思い出がぎっしり。

子供の頃には永遠に続くような道だと思っていたのに、大人になって歩けば距離は短い。

あぁ、昔は木造だった橋だね、あれはもうずっと、本当にずっと昔の記憶。

原ノ町・福島県南相馬市原町区の思い出写真

清流だったから、飛込みをして遊んだり、ミズカマキリをとって遊んだ川。

網を持って遊び続けた、あの時の記憶も感触も不思議とはっきり残っている。

山へと向かうこの道だって、親父と兄貴と一緒に、何度も何度も歩いたっけ。

原ノ町・福島県南相馬市原町区の思い出写真

とんぼをとった田んぼ、まだ残っていてくれたのかい?僕もまだ生きているよ。

このお墓だって、坂道だって、身体の奥底に刻まれたかのような記憶がよみがえる。

親父は素手でトンボを取るのが上手でね、草で船をつくったり、山の遊び方を教えてくれた。

原ノ町・福島県南相馬市原町区の思い出写真

出逢いと別れ、原ノ町駅ではいつも伯父さんが待ってくれていた。

原ノ町・福島県南相馬市原町区の思い出写真

忘れられない思い出、もう記憶に残っていないと思ったが、心に鮮やかに残っていた。

小学生だった頃の僕と再会できた、そんな原ノ町の写真。

 







Copyright© ケンボックス〜高品質な詩的日記 , 2020 All Rights Reserved.