ケンボックス

詩的日記を、高品質写真で。

チャールストン観光旅行名所の写真 ウェストバージニア州

投稿日:2015年12月30日 更新日:




ウェストバージニア州都・チャールストンは小さい街だ。
市内観光と言っても、実際には観光できるところは限られる。
「チャールストン」と言えばサウスカロライナ州の方が有名で、ウェストバージニア州のチャールストンは陰に隠れる。

チャールストン市内観光1.jpg

ウェストバージニア州議事堂、天辺が黄金色にキラキラしたヤツ。

チャールストン市内観光2.jpg

クリスマスシーズンには内部に大きなクリスマスツリーが飾ってあった。

チャールストン市内観光3.jpg

退役軍人記念碑もあるその一角、歴史博物館は無料で入れてイギリスからの植民地時代を垣間見ることができる。

チャールストン市内観光4.jpg

州知事のアパートがあったり、多くのリスさんたちが走り回っている州議事堂エリアがベストかな。

チャールストン市内観光5.jpg

どれも真面目な観光場所ばかりだから、物足りない。

チャールストン市内観光6.jpg

市内にはチャールストンタウンセンターモールがあって、室内でショッピングできる。

チャールストン市内観光7.jpg

キャピタルマーケットや教会もあるけど、これもあなたを満足させられないだろう。

チャールストン市内観光8.jpg

カノーワ川沿いを歩いてみるとチャールストンの優しい雰囲気を感じることができる。

チャールストン市内観光9.jpg

人口5万人のこの街は平和な生活のためなのだ、観光向けにつくられてはいない。

チャールストン市内観光10.jpg

半日あれば十分にチャールストン市内は見て回ることができる。

チャールストン市内観光11.jpg

その後は、車でハンティントンモールや、ニューリバーゴージブリッジに行くのが良いと思うよ。


2018年1月28日

ウエストバージニア州議事堂の夜景写真撮影 州都チャールストン

写真は素材の問題ではない、時間帯と天候を練って、最良の時にそこに立てるかどうかだ。

ウエストバージニア州議事堂は一見して通り過ぎてしまうような場所だけど、「その一瞬」は輝いていた。

ウエストバージニア州議事堂1.jpg

フリーウェイを走っていると、ウエストバージニア州議事堂のてっぺん、金色に輝くあなたが見えてくる。

光背にサンセットをまとったお姿、誇らしい一枚になった。

ウエストバージニア州議事堂3.jpg

WV State Capitol complexに夜の散歩者は皆無なのだが、この通り景色は素敵。

ウエストバージニア州議事堂4.jpg

戦争関係のモニュメントがブルーに光っていた。

ウエストバージニア州議事堂2.jpg

美しいものならば本気撮りしよう、僕の挑戦は一定の成果を得たように思う。


2018年2月12日

チャールストン夜景写真 焼けたサンセットをNIKON D850で撮影

幅広のカナワ川があること自体が、個性なんだよ。

橋がかかり、日没時のキラキラ、街灯りが浮かび上がる、WV州チャールストンの夜景写真ってそういうこと。

チャールストン夜景写真3.jpg

夜9時半まで明るいアメリカの夏では叶いにくい夜のカメラ遊び、冬のこの時期は6時15分がTwilightかな。

チャールストン夜景写真4.jpg

チャールストンとサウスチャールストンの間にかかるパトリックストリート橋、水面をつるっつるにして撮った。

チャールストン夜景写真2.jpg

B級被写体だろうが、テクニックを駆使して面白く撮ろうとする。だが、そろそろ自分の引き出しも定番化してきた。

チャールストン夜景写真5.jpg

Dow Chemical Co.という化学工場、水溜まりと線路の反射に個性を見た。

チャールストン夜景写真1.jpg

「今日は焼けたなぁ」、カメラ用語でサンセットの赤色が濃いこと、そうつぶやいたチャールストン夜景写真だった。

3本の追加ツアーの合間、NIKON D850を携えての冒険写真旅。


2016年8月2日

ウェストバージニア州会議事堂(チャールストン)ランニング

夏のチャールストン、ウェストバージニア州会議事堂一帯をランニング。

ウェストバージニア州会議事堂1.jpg

昨冬にカノーワ川沿いを走って以来、夏にお会いするのは初めてね、チャールストン。

ウェストバージニア州会議事堂2.jpg

緑と花の量が増えていたけど、後はあまり様相に変化がないカノーワ沿い、夏なのに涼しくて心地よく。

ウェストバージニア州会議事堂3.jpg

人口5万人しかいないチャールストン、その市内を走る日本人なんて僕ぐらいのものだろうか。

ウェストバージニア州会議事堂4.jpg

金ピカのアイツ・ウェストバージニア州会議事堂の周辺の公園を何周も走った。

ウェストバージニア州会議事堂5.jpg

みなさん、短い夏を楽しんでいる様子、のんびりとした平和な時間がそこにあった。

ウェストバージニア州会議事堂7.jpg

銅像に興味を示さなかったが、よく見るとあのアブラハム・リンカーン氏の銅像だ。

ウェストバージニア州会議事堂6.jpg

僕のこの夏の宿題、カノーワ川沿いを走ること。それを叶えて満足した今日のRUNでした。


2016年10月15日

チャールストン・ダウンタウン 夕陽~夜景の写真撮影

ウェストヴァージニア州都・チャールストンの夜景写真撮影。

カノーワ川沿い、サウスサイド橋上から試みた本気撮り。

チャールストン夜景写真4.jpg

チャールストンを紹介した写真がイエガー空港にあるが、そこと同じ場所を探してみると道路沿いの難しい場所。

あたりをウロウロして場所をハンティング、車が通ると振動があるが橋の上がベストとみた。

チャールストン夜景写真5.jpg

日本でもアメリカでも僕がやることに変わりはないようだ、夜景撮影に夢中になり、時と仕事を忘れた。

するとまさかのアクシデント、三脚のパンハンドルが壊れる。まさか、まさか。

チャールストン夜景写真3.jpg

通りがかりの地元のおばさまに話しかけられるが、何を言っているか半分も聞き取れない。

少なくても僕は学生じゃない、アジア人だからかいつも若く見られるが、光栄なことでもない。

チャールストン夜景写真6.jpg

アムトラック駅近く、州都にしては小規模ね。

平和なチャールストン、治安の心配もなく夜のお遊び撮影。

チャールストン夜景写真2.jpg

朝寒く、昼はまだ暑く、夕方は爽やか。

夕陽の色合いが優しいのだ、この色を撮りたいとずっと願っていた。

チャールストン夜景写真1.jpg

別の写真撮影スポットもあるだろう、チャールストン夜景写真はまだ続くと思う。


 

 


2015年12月29日

チャールストン(ウェストバージニア州)ダウンタウンをランニング

 

ウェストバージニア州議事堂からカノーワ川沿いをランニング。
チャールストンがどんな街なのかが知りたい。

ランニング_チャールストン1.jpg

その街の呼吸・佇まいを知るには市内をランニングするのが一番。
車のスピードでは速すぎて、歩くのもちと時間がかかる。

ランニング_チャールストン2.jpg

治安の具合が分からないから、恐る恐るカノーワ川沿いをダウンタウン近辺まで進む。
64号が通る橋まで走ったが、僕以外にも走っている人、歩いている人もいるし大丈夫だ。

ランニング_チャールストン3.jpg

チャールストン・タウンセンターモール近辺からリーストリート、ワシントンストリートあたりをぐるぐる走る。

ランニング_チャールストン4.jpg

どこも古さがあるから敬遠しがちだが、どこでも白人が歩いているし、昼間は治安の心配はない街だ。

ランニング_チャールストン5.jpg

アメリカのインフラの古さには定評(嫌味ね)があるが、チャールストンもウェストバージニア州都ながら老朽化が著しい。
日本のように街を再構築するという発想・文化がないのだろうから、それは仕方のないこと。

ランニング_チャールストン6.jpg

次は初夏の爽やかな川風を受けながら、カノーワ川沿いをランニングしたいな。
真冬とは違う景色が開けるのでしょう。

 







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved.