詩的に、高品質で。

文学系

ゾラ 居酒屋

2010/1/28  

主人公・ジャルヴェーズは普通の女。 「端正な輪郭の顔だち」とはあるが、あとは特別な能力もなく洗濯女として生計を立てる平凡な女で、 若くして子供を産み、男は女たらしや飲んだくれたちで、 子供も『居酒屋』 ...

ヴント 心理学

2010/1/28  

心理学はどの学問から派生していったものであろうか。 そもそも人間の心の中を研究するという、いわば明確な答えのない学問である心理学は文学的でもあり、 しかし今日では科学として認識されているが、そこにたど ...

no image

体力と健康

2010/1/28  

体力や健康は目に見えず、心身が健やかな時には気にかけにくいが、 あなたがそれらを欠かした時、初めてその重要性を痛感するだろう。 怪我をしたことや、自分自身でなくても家族の誰かが入院をしたことはあるだろ ...

高橋和巳 文学の責任 堕落

2010/1/28  

責任感溢れる小説家、ただしそれはとりわけ自己のこだわりに関する責任感である。 これが『文学の責任』と『堕落』を通読して感じたことである。 「文学者は(中略)全面的に己の発言に責任を負う必要がある」 「 ...

川端康成 雪国

2010/1/28  

昭和初期の天皇を中心とした絶対専制的国家のなかで軍事色が強まることは、作家の活動範囲を狭めることに直結した。 ましてや、大正デモクラシーという開放的な時代の後であっただけに、 西洋近代化や女性の地位向 ...

太平記 楠木正成

2010/1/28  

楠正成――「太平記」の異端、「平家物語」に代表される浪漫的軍記物語の爪痕。 「太平記」は冷徹な歴史の記録であり、「平家物語」のような 浪漫溢れる軍記物語の文学的性格を本来持ち合わせてはいなかったという ...

no image

主語と述語 日本語と英語

2010/1/28  

参考書などを読むと、日本語の主語と述語の関係は動作・存在・有無などの関係を対になって支え合うものであり、   主語なしには文章はなりたたない、ということになる。   確かに英文法を ...

no image

終止形の駆逐

2010/1/28  

言葉に余情を漂わせる。 平安時代の人々が好んだ言葉の余情表現である係り結びが、 貴族たちが作り上げた古代日本語を、動詞の活用体系を体系ぐるみ変化させ、現代まで続く近代日本語へと大きく変容させた。 この ...

Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.