2歳10か月

2歳10か月の今がイヤイヤ期のピークだろうか。

朝起きたら「ワンワンワンピ」を着たいと騒ぎ、お風呂に入れようとすると「ワンワンワンピ」を脱ぐのはイヤと騒ぐ。

「りんご(ジュース)」が飲みたいとシツコク要求し、気に入らない食べ物は断固拒否。


reina2.10_3.jpg


蚊のいない季節はイイね、お庭のレイナ専用お砂場で遊んでいる姿を見るだけで幸せを感じます。


reina2.10_4.jpg


ちょっと前は自分の足で歩きたくて仕方なかったのに、最近では歩くと疲れるのを知ったのか、途中で抱っこをせがんでくる。

「こわい、パパ、抱っこ」と言って甘えてくる、本当に怖いのか微妙な時がある。

12kgのレイナを抱っこするのは楽ではありません、嬉しいものだけど、決して楽ではありません。


reina2.10_5.jpg


「まめっち、(机の)うえに、あったよ!」とかパパも知らないキャラクター名を言いながら的確に机の上を指さしたり、

パパが「みんなが大好き バイキンマーン」とぼけると、「バイキンマン、違う違う」って訂正してきたり。

ボキャブラリーは少なくても、おおまかな会話を成立させてくるとは凄い進化だ。


reina2.10_2.jpg


特にお風呂に入るときのワガママぶりには本気で怒ったこともあるけど、いつもの笑顔には勝てません。

嫌いな時を避けるようにしよう、お夕寝直後のお風呂とかは泣いて騒いで最悪。

嫌いにはなりたくないから、そういうシーンではお風呂に入れないようにしよう。


reina2.10_1.jpg


↑レイナよ、数十年後に翻訳しておくれ! これがレイナが愛してやまない「ワンワンワンピ」です。

西松屋で買った、決して高くはないこのお洋服を気に入ってやまない理由は何だったのか?

2歳卒業のカウントダウンは始まっている、あとどのぐらいベッタリ一緒にいられるのだろうか。
 

芝公園 仕事サボリ

東京で働いていた頃、この公園で仕事をよくサボっていた。

桜が咲いたら花見を、本を読んだり、考え事をしていたり。


shiba-koen_01.jpg


まさかの東京出張、憧れのKZ大使館への道すがら、10年ぶりに通る場所。

あの頃は深い森だと思っていた芝公園の森、あれからもっと深い森を一杯体験した僕には小さな森にも見えた。


shiba-koen_02.jpg


公園に名前はないようだ、芝公園のひとつ。

再開するとは、まさか思いがけもしなかった旧友の公園。


shiba-koen_04.jpg


だけど、もう二度と訪れることはないでしょう、永遠があるわけではないし。


shiba-koen_03.jpg


年齢的にも、もう二度と会えない人・物があるのを理解しなくてはならないね。

今を生きる、その裏返し。
 

京都一周トレイル 東山コース トレイルランニング

京都一周トレイルをトレイルランしようと思った、37歳になったので37kmを。

 

東山コースの伏見稲荷からスタートして、目標は鞍馬寺まで。

 

寺社を訪ねて30回ぐらいは京都に来ているが、京都外周の山野は足を踏み入れたことがない。

 

京都の地形を理解し、普段は行かない場所にも行ける興味深いコースだと思って。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース1.jpg

 


朝6時から走り始めるつもりが、前日夜に早く家を出れず、なんとスタートが8時まで遅くなった。

 

京都一周トレイルの第1号標識は、京阪の伏見稲荷駅にあった。

 

伏見稲荷には初めて来たから興味津々だったが、最小限に観光して、ひたすら先を歩く。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース2.jpg

 


しかし伏見稲荷の朱色の鳥居の数、連なり、魅せ方には驚いてしまった。

 

一眼レフを持ってきて撮りたくなる気持ちを抑え、こんな場所を走れる贅沢にひたる。

 

400段あるという階段を上り、四つ辻まで進む。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース3.jpg

 


ようやくトレイルになったのでゆっくりと走り出す。

 

すぐに住宅街になって、標識はあったのだが、見落として進み、大きな寺が見えたらと思ったら東福寺だった。

 

走り出したばかりで元気だったので、紅葉の東福寺を思い出し、境内を散策。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース4.jpg

 


東福寺を突っ切って京都一周トレイルに戻れるかと思ったらムリで、結局元の場所まで戻る羽目に。

 

この往復1.5kmのロスは大きかった、落ち着いて進もうと心に誓い、御陵と泉涌寺を通過。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース5.jpg

 


i-phoneのグーグルマップで経由地に印をつけておいて、GPS機能で迷わないようにしたつもりが裏目にでまくり。

 

悲田院の境内まで走ってしまったら、眺望は良かったものの、ここでもコースアウト。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース6.jpg

 


剣神社を過ぎた住宅街でまた道に迷い、通行人から声をかけられて感謝。

 

度重なるコースアウトで心身にダメージ、朝早く出発できていなかったから焦りも出始める。

 

京女鳥部の森に入ると、鬱蒼とした野山、京都市内にもこんな場所があるのか。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース7.jpg

 


国道1号線に出たら、致命的なミスをした。

 

渋谷街道に左折せず、そのまま国道1号線を直進してしまって、「あれ車道?」と思いつつ後戻りもできず、そのまま街中へ。

 

これでまた往復1.5kmはロスだよ、ここで大きな心身消耗+時間的な焦りがMAXに。

 

清水山から東山山頂公園へは軽い山登り、あの清水寺の裏はこんな山だったんだ。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース8.jpg

 


鞍馬寺までの先は長い、ましてや祭壇の難関・比叡山の登りが待ち構えているのに、こんな場所で時間を使えない。

 

今回新調してきた、SHINANOのトレッキングポール「フォールダーFree」は軽量、強度もある。

 

この強い味方を両手に、将軍塚〜尊勝院〜粟田神社と駆け抜けて、お昼休憩を三条通のコンビニで。

 

焦りつつ、スタートしてから初めてまともな休憩を取り、次の蹴上からに備えた。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース9.jpg

 

 

桜の名所・インクラインは、すっかり新緑に様変わりしていた。

 

蹴上駅からねじりマンボという赤レンガ積みのトンネルを越えて、直進してしまって今日5回目のコースアウト。

 

南禅寺への近道を見つけたが、ここでも心身消耗を繰り返してしまう。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース10.jpg

 


日向大神宮までは登坂、「元伊勢」の別名に相応しく、厳かな空気を感じた。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース11.jpg

 


ここから山の中のトレイルになり、時間を稼ぎたい僕は走り始める。

 

岐路の思案処では熟考をかさね、コースアウトをこれ以上繰り返さない!と勉強。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース12.jpg

 


東山の南禅寺や永観堂の裏はこんな山になっていたんだ、なるほど、紅葉の美しさはここからか。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース13.jpg

 


大文字山の山頂に火床があるようだったが、目的地優先になっている僕はコースを直進。

 

今思うとちょっと惜しいことをした、火床は見ておきたかったなぁ。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース14.jpg

 


下り坂が続くのでペースをあげて走る、銀閣寺のすぐ裏手なのにこんなに本格的な森があるなんて。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース15.jpg

 


波切不動尊の石仏に武運を祈り、霊鑑寺まで降りてくると、哲学の道付近の観光地に着いた。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース16.jpg

 


トレイルランニングの格好はちょっと恥ずかしいぐらいの観光客の数、ゴールデンウィークの京都だからね。

 

哲学の道から銀閣寺へ、白川通のサークルKで休憩を取りつつ、日本バプテスト病院まで。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース17.jpg

 


京都一周トレイルの最難関・比叡山延暦寺越えを前にして、ますます焦る僕。

 

すでに2時、予定よりも2時間遅れだなぁ、スタートの寝坊と途中5回のコースアウトが響いた。

 

伏見稲荷から銀閣寺から18kmほど、鞍馬寺までまだ半分なのに6時間が経過、太陽が落ちる7時まであと5時間。

 

足と体の疲れはまだ大丈夫だけど、時間が足りなくて鞍馬寺までは行けないかもしれないな・・・。

 

比叡山延暦寺か大原で終わりにしないといけなくなるかも、と弱気になった頃。


日本バプテスト病院から大山祇神社へ、沢沿いの登山口という雰囲気。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース18.jpg

 


比叡山延暦寺に興味がある、京都からすぐの距離なのに戦国時代は独立した勢力だった。

 

距離感や地形を肌で感じれば、何か分かるものがあるだろう、と楽しみにしていた。

 

標高800m級の比叡山一帯を登って、また大原で降りるのだから京都一周トレイルでもキツいコースなのですが。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース19.jpg

 


比叡山ケーブル駅まで約2時間、無心で歩き通した。

 

途中は登山そのもので何も写真に残したいものもなく、無名の石仏が迎えてくれたりもしたが、中難度の山登りそのもの。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース20.jpg

 


ふと気づけば京都の街並みが眼下に、都を見下ろすとは大したポジションだよ、比叡山。

 

深い山林、もはや都とは別世界ね、近くて遠い。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース21.jpg

 


閉鎖されたスキー場、この周辺から空気が変わってきた気がする。

 

文化の香りが、非日常の匂いが、下の写真のトレイルに顕著なのだが、カメラに撮りたくなる美しい気配。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース22.jpg

 


18:00からの暗闇到来まであと2時間、鞍馬寺までは無理だ。

 

比叡山延暦寺からバスで帰るか、大原まで山を下りたところで終わりにするか、行けるところまで行こう。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース23.jpg

 


比叡山延暦寺、以前に車で来たときと違うものを今日は感じた。

 

一言でいうならパワースポット、修行僧たちの特別な気配。

 

夕方になり人気も少なくなっていた比叡山延暦寺付近を歩けば、世俗を離れた空気が強い。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース24.jpg

 


通過するだけでは惜しくて、もっと時間をかけて写真を撮りたいなぁ、紅葉の頃かなぁ、とつくづく。

 

なるほど、地理的には近くても、都とは別物だね。

 

こんな山城に多くの僧兵がいて、宗教という強い絆で固まられては手強い勢力だ、これが比叡山延暦寺か。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース25.jpg

 


比叡山延暦寺を満喫した後からが勝負だった。

 

せめて大原まで暗くなる前にたどり着きたい、それにはここからの山下りを本気のスピードでしなければ。

 

伏見稲荷から30km近く動いてきたが、足に重い痛みもなく、まだ平地を走れる。

 

横川中堂まで一息に走り、仰木峠手前の急な登坂に息を切らしつつ、先を急ぐ。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース26.jpg

 


仰木峠を18:00前に通過、ボーイスカウト道を下り、林道から大原へ。

 

大原の優しい田園風景が、時を急ぎ続けた僕を迎えてくれた、京都一周トレイルランニングのゴールの時。

 

伏見稲荷から大原までは34kmだけど、コースアウトを3km以上した僕にとっては37kmの目的地ということで。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース27.jpg

 


朝8:00に伏見稲荷をスタートして、18:30に大原。

 

結局、登坂/下坂が多くて全体の1/3も走っていない気がするよ、しかし体は元気でまだ10kmぐらいは動けそう。

 

やはりスタートの遅さと、途中のロスタイムが悔やまれる、鞍馬寺までは行けたなぁ。


途中、何人かの人たちに話しかけられたが、「伏見稲荷から大原まで走ります」と言うと、みんなびっくりしていた。

 

それも分かる気がする、とんでもない距離だからね。

 

 

京都一周トレイルランニング東山コース28.jpg

 


京都一周トレイルランニングは良い刺激となりました、ロマンに溢れるコースで、長丁場でも飽きることがない。

 

いにしえの旅人たちもこんな移動をしていたのだろう、と考えると僕の趣向に合って。

 

京都の街中だけを歩いていては知ることもない地理感覚や距離感覚が分かり、京都がより身近なものに。

 

37才・37km、一生忘れられない一日になったなぁ。

 

USJ 一眼レフ 写真

遠慮なく、夢を叶え続けるのだ。

 

2歳ではまだ覚えてないから早い?とか考えることなく、子供と遊ぶUSJを楽しみに大阪へ。

 

ウチの娘は3月下旬のディズニーランドのことを良く覚えているから、きっと大丈夫。

 

 

USJ一眼レフ写真1.jpg

 

 

キティちゃんとギューできた娘は満足そうでした、いや、満足なのはパパママのほうでしょうか。

 

 

USJ一眼レフ写真2.jpg

 

 

バックトゥーザフューチャーとジュラシックパークに乗ったけど、子供を奥さんに預けて一人で乗る。

 

一人で乗るなんて、寂しい遊園地は人生初めて、こんな世界もあるのねー。

 

ジョーズは子供も一緒に乗ったけど、怖い怖いーと騒いでいました。

 

薄暗い映画館では怖いと叫ぶので途中で諦めて出てしまいました。

 

 

USJ一眼レフ写真3.jpg

 

 

GWの連休中だけど、世間は平日だから空いていました。

 

しかし娘を抱っこしながら歩いた広い園内、帰り際には20km走った後のように体力は限界。

 

正直写真も良いのが撮れなかったし、まぁ奥さんと娘が楽しんでくれれば、それでいっか。

 

 

USJ一眼レフ写真4.jpg

 

 

どちらかと言えば、大人の楽しみが多いUSJ、小さい子供連れならばディズニーのほうが良いかなぁ。

 

夜のパレードが見れずに残念、次来るときはまた別の楽しみ方で。

 

 

USJ一眼レフ写真5.jpg

 

 

「世界最高を、お届けしたい」というフレーズが素晴らしかった、現にそうなっているし。

 

また訪れることも幾度かあるでしょう、次もまたUSJを楽しみたいね。

 

天保山大観覧車 夜景写真

勢いで乗ってみました、天保山・大観覧車のシースルーゴンドラ。

家族で乗る観覧車なんて、またひとつ夢が叶った、と勝手に盛り上がって。

しかもなんだか全面スケスケのシースルーゴンドラをわざわざ待って選ぶ。


kanransha-tenpo_004.jpg


それは大阪湾岸の夜景はキレイだったけど、まさかのまさか、足元のシースルーにびっくり、怖くなった。


kanransha-tenpo_002.jpg


2歳のレイナは平気で乗っているのに、僕は足元が見れず、カメラを構える腰まで引けてしまってブレまくり。


kanransha-tenpo_003.jpg


さっき行ったばかりの海遊館がキレイに見えました。


kanransha-tenpo_005.jpg


1周15分の楽しみ、ワクワクするはずの夜景が、早く終わってーとまるでジェットコースターのような恐怖。


kanransha-tenpo_001.jpg


それもまぁ、良い思い出になりましたとさ、天保山の大観覧車。

ホテルに戻って、娘が「かんらんしゃ のったね」と言ってくれたし。

 




© 2006 - Ken Box