アメリカ大冒険 2

臆病に負けてホテルに缶詰することは自分で許さず、今の失敗は失敗のうちにも入らないと言い聞かす。

それは怖い心もあるけど、19歳の僕を乗り越えるという目標があるから何でもトライした。

ハンティントンモールで単独になった時からが、アメリカ大冒険2のスタート。


アメリカ大冒険21.jpg


クリスマス明けのブラックフライデー第2弾セール、確かにどの店もセールになっていた。

ヤンキーキャンドルで職場お土産を買い、モール内をウロウロする。

イオンモールのような繊細さはないが、品揃えだけは凄いな。


ノースフェイスの商品も売っていたけど、大雑把な感じで高品質は感じなかった。

子供の遊び場があって安心したが、可愛くないコアラにバッファロー、やっぱり違うのね。

まだ慣れていないからと信じたいが、買いたいと思う商品は見当たらなかった。


アメリカ大冒険22.jpg


帰り道は冒険だったが、ウォールマートでのレジを含めて当たってみれば乗り越えられる。

とりあえずどのお店でもクレジットカードを店員さんに手渡しすることはなくて、自分でスライドってことか。

問題はガソリンスタンドですよ、10年前に日本で人生初めてセルフ給油したときはアタフタした。

アメリカでの給油、初回はクレジットカードが通じて、unleaded=レギュラーガソリンに迷ったが何とか成功。

その次からはクレジットカードが通じなくて、店内でデポジットを払うのにどんな英単語を使えばよいか困った。

給油した後に最終のレシートを貰うのを知りませんでした。


アメリカ大冒険23.jpg


久しぶりのタコベルに舞い上がったか、駐車場に停める時にレンタカーの前をガツン、とぶつけました。

マクドナルドのmeal(セット)という単語が分からなかったけど、なんとか乗り切れた。

アメリカ食に辟易した頃、出会ったサブウェイのtunaサンドに救われた。

逐一好みを伝えてオーダーするのは楽じゃないけど、tuna, footlong, White breadがあれば生きていける。

ウォールマートやクローガーで冷凍食品も買って試したが、どれも濃く、甘く、ちょっと厳しい。


アメリカ大冒険24.jpg


CRW市内を長々とドライブして街の様子をチェック、平和な田舎町だと分かった。

パーキングメーターを使うのも初めてのこと、初回は週末だから?とお金払わなかったが次から払いました。

毎日どこか適当に目的地を定めて出かける、というルールを自分に課したことで行動力が一気に広がったよ。

どこでも行けるし、どの店でもそれなりにオーダーできるようになりました。

運転の苦手意識はなくなった、お店での買い物はまだ慣れないところはありますが。


アメリカ大冒険25.jpg


サブウェイ>バーガーキング>タコベル>マクドナルド の順で気に入りました。

West Virginia State Museumにも行ったけど、まぁ見所とは言えない。

BEST BUYにはニコンの良いカメラなんて全くなく、DICK'Sにもノースフェイスの良いグッズも売ってない。

アメリカではどこで欲しいものを買えばいいのだろう、Amazonに頼りそうな予感がする。


アメリカ大冒険26.jpg


CRWからLEXまで、今井美樹さんの「野生の風〜Jazz Live Version」を歌いながら走ったのも良い思い出。

Fayette Mallが大きくて嬉しかった、あの辺りの住宅街の雰囲気が良かったから家はあの付近かな。

LEXがすごく都会に思えた、店はたくさんあるし、オーガニックなスーパーとか。

コストコは期待外れだったな、日本と造りは同じ、人はガラガラ、特に気になった品揃えはなく。

出張レポートを書き上げ、寒かったけど気晴らしにクーンスキンパークを走る。


アメリカ大冒険27.jpg


いざ帰国当日、フライトディレイで日本に帰れないのが分かった午前4時の悪夢。

丸1日後に帰国となり、ふてくされて外出もせず、書きかけの山走り小説を書き続けた。

そんな悪くも貴重な体験を経て、翌朝はちゃんとフライトが飛んで帰ることができた。

アトランタからの14時間フライトは長すぎ、5本は映画を見続けた。


アメリカ大冒険28.jpg


成田からの国内線が取れず、NEXと新幹線を乗り継いで帰った。

日本に着いて食べた駅弁が美味しかった、何もかも美味しく優しく温かく感じた。

時差ぼけと眠気と闘いながらたどり着いた自宅、もう何もいらない、ここが最高の場所。
 



クーンスキンパーク

クーンスキンパークは、チャールストン市内からすぐ、イエガー空港のある丘の上にある。

年始の寒い日だったが、RUNをできる広い公園を求めて地図上でここに狙いを定めた。


クーンスキンパーク1.jpg


道路を走っていくと、待望の森の中のトレイルに出くわした。

アリスナイトメモリアルトレイルという立派な名前だったが、沢の両脇に沿った小さなトレイル。


クーンスキンパーク2.jpg


こちらに来て初めてのトレイルランニングだが、日本ほど道が整備されているわけでもなく、

どこにトレイルがつながっているのか見定めが難しい、野性のままのトレイルね。


クーンスキンパーク3.jpg


キャンプ場がある道を走っていると、空から爆音が、趣味の自家用飛行機のようだ。

これは日本ではなかなかお見かけしない光景だ。


クーンスキンパーク4.jpg


真冬だから動物も人もいない公園をRUNして、そろそろ車へ戻ろうとした時。

またの爆音、もう慣れたけど空を見上げると、そこには民間航空機が!


クーンスキンパーク5.jpg


そうだ、クーンスキンパークはチャールストン空港・通常イエガー空港に隣接している。

だから飛行機の発着をまじかに見ることができる公園なのか。


クーンスキンパーク6.jpg


ウェストバージニアの若者は気温5℃でもハーフパンツでラクロスの練習をしていた。


クーンスキンパーク7.jpg


良い季節になればさぞかし人が集まるだろう、クーンスキンパーク。

いつかまた走ることがあるのだろうか、この先また僕と接点があるか、ないか。
 


ウェストバージニア州 チャールストン 観光

ウェストバージニア州都・チャールストンは小さい街だ。

市内観光と言っても、実際には観光できるところは限られる。

チャールストン」と言えばサウスカロライナ州の方が有名で、ウェストバージニア州のチャールストンは陰に隠れる。


チャールストン市内観光1.jpg


ウェストバージニア州議事堂、天辺が黄金色にキラキラしたヤツ。


チャールストン市内観光2.jpg


クリスマスシーズンには内部に大きなクリスマスツリーが飾ってあった。


チャールストン市内観光3.jpg


退役軍人記念碑もあるその一角、歴史博物館は無料で入れてイギリスからの植民地時代を垣間見ることができる。


チャールストン市内観光4.jpg


州知事のアパートがあったり、多くのリスさんたちが走り回っている州議事堂エリアがベストかな。


チャールストン市内観光5.jpg


どれも真面目な観光場所ばかりだから、物足りない。


チャールストン市内観光6.jpg


市内にはチャールストンタウンセンターモールがあって、室内でショッピングできる。


チャールストン市内観光7.jpg


キャピタルマーケットや教会もあるけど、これもあなたを満足させられないだろう。


チャールストン市内観光8.jpg


カノーワ川沿いを歩いてみるとチャールストンの優しい雰囲気を感じることができる。


チャールストン市内観光9.jpg


人口5万人のこの街は平和な生活のためなのだ、観光向けにつくられてはいない。


チャールストン市内観光10.jpg


半日あれば十分にチャールストン市内は見て回ることができる。


チャールストン市内観光11.jpg


その後は、車でハンティントンモールや、ニューリバーゴージブリッジに行くのが良いと思うよ。
 



ランニング チャールストン ウェストバージニア州

ウェストバージニア州議事堂からカノーワ川沿いをランニング。

チャールストンがどんな街なのかが知りたい。


ランニング_チャールストン1.jpg


その街の呼吸・佇まいを知るには市内をランニングするのが一番。

車のスピードでは速すぎて、歩くのもちと時間がかかる。


ランニング_チャールストン2.jpg


治安の具合が分からないから、恐る恐るカノーワ川沿いをダウンタウン近辺まで進む。

64号が通る橋まで走ったが、僕以外にも走っている人、歩いている人もいるし大丈夫だ。


ランニング_チャールストン3.jpg


チャールストン・タウンセンターモール近辺からリーストリート、ワシントンストリートあたりをぐるぐる走る。


ランニング_チャールストン4.jpg


どこも古さがあるから敬遠しがちだが、どこでも白人が歩いているし、昼間は治安の心配はない街だ。


ランニング_チャールストン5.jpg


アメリカのインフラの古さには定評(嫌味ね)があるが、チャールストンもウェストバージニア州都ながら老朽化が著しい。

日本のように街を再構築するという発想・文化がないのだろうから、それは仕方のないこと。


ランニング_チャールストン6.jpg


次は初夏の爽やかな川風を受けながら、カノーワ川沿いをランニングしたいな。

真冬とは違う景色が開けるのでしょう。
 





© 2006 - Ken Box