チャールストン観光 サウスカロライナ

チャールストンを観光していて、ハッと気が付いた。

 

「アメリカは歴史が浅いから・・・」と小馬鹿にしていた僕、

 

しかしサウスカロライナのチャールストン観光で魅力を感じたのはその歴史だった。

 

 

チャールストン観光5.jpg

 

 

高層ビルがない街中、南部のおもてなしの心を象徴するパイナップル噴水、これは時代にかかわらず素敵。

 

 

チャールストン観光8.jpg

 

 

イイ感じに保存されている歴史地区の町並み、しかし旧奴隷市場博物館だからそんな麗しいものでもない。

 

 

チャールストン観光1.JPG

 

 

地元レストラン・Magnoliasで南部料理・Gritz(トウモロコシのお粥)を食べた思い出。

 

 

チャールストン観光2.JPG

 

 

サンドウィッチも美味しかったよ、一人旅だけど勇気出してレストランに入ると歓迎してくれた。

 

 

チャールストン観光4.jpg

 

 

チャールストンのウォーターフロント公園を夕方に歩くといい、心地よい海風に心が開放される。

 

 

チャールストン観光6.jpg

 

 

200年以上の歴史、ブーンホール・プランテーションの美しさ、古の南部の歴史だね。

 

 

チャールストン観光7.jpg

 

 

南北戦争開戦の場・サムター要塞、これも160年の歴史によるもの。

 

 

チャールストン観光3.jpg

 

 

京都・奈良の歴史の深さとは比較する必要もない別の角度で楽しめたチャールストン観光。

 

南部を感じる歴史を楽しみ、チャールストンの景色は永遠に変わらないでと祈った旅だった。

 

アーリントン国立墓地 写真

アーリントン国立墓地をランニングで駆け抜けてみようとしたが、そんな雰囲気でもなかったので思いとどまった。

 

驚いたのはアーリントン国立墓地の入り口で空港セキュリティのようなボディー&荷物チェックがあったこと。

 

確かに21年前はそんなのなかった、しかも市内観光地でもないこの場所で。

 

 

アーリントン墓地_写真1.jpg

 

 

余談はさておき、ワシントンD.C.のアーリントン国立墓地の中を歩いてみると、明るい、明るい。

 

どこにも暗い怨念や、死者へのじめじめ感がない、アメリカらしい前向きなモニュメント、まるで公園。

 

 

アーリントン墓地_写真2.jpg

 

 

無名戦士の墓を衛兵さんが警護している、先人たちへのリスペクトを感じる場所。

 

 

アーリントン墓地_写真4.jpg

 

 

その裏はコロシアムのように見えたが、各種式典を行うにふさわしい場所か。

 

 

アーリントン墓地_写真3.jpg

 

 

幾つもの戦争で亡くなったUnknownの人たち。経緯はともあれ敬わなくてはいけないね。ワシントンD.C.を一望。

 

 

アーリントン墓地_写真6.jpg

 

 

アートのような、ゲームのような、とにかく明るい墓地、日本の風習とはまるで違うことが驚きね。

 

 

アーリントン墓地_写真5.jpg

 

 

それはリスさんだってアーリントン国立墓地の中に住む、明るく弔ふアメリカらしくて好き。カメラだって向けちゃう。

 

 

アーリントン墓地_写真7.jpg

 

 

ジョン・F・ケネディ(第35代大統領)の墓があり、永遠の炎が続けられていた。

 

 

アーリントン墓地_写真8.jpg

 

 

ここは衝撃的な場所、ジメジメせず、こんなに明るく先人たちを送っている。

 

発想の違いに脱帽のアーリントン国立墓地の写真でした。

 

ワシントンD.C. 思い出

ワシントンD.C.の写真を撮り過ぎて、活用するにも余ってしまった。

 

どうしよう?と考えていて閃いたこと、そうだ、今の写真なのに過去の思い出を書いてみよう。

 

20年前のこと、覚えているピースを記憶から拾い上げ、ここに残してみる。

 

 

ワシントンD.C.写真5.jpg

 

 

1996年の冬、僕はアムトラックでユニオンに降りたった。ニューヨークからフィラデルフィアに寄った後。

 

1か月の長旅なのにリュックひとつの軽装、洋服をNY5番街のGAPで丸ごと新調した。

 

 

ワシントンD.C.写真10.jpg

 

 

ワシントンD.C.では駅から徒歩で行けたユースホステルに泊まって、夜はみんなで映画を見た。

 

地下鉄に乗ってアーリントン国立墓地に行ったのだと思う、地下鉄構内を雰囲気ははっきり覚えていた。

 

 

ワシントンD.C.写真3.jpg

 

 

ナショナルモールを歩いた記憶もある、スミソニアン博物館とかホロコースト記念館とかに入った。

 

カフェテリアのランチ、国立アメリカ歴史博物館の建物の造りを覚えていた。

 

大王イカのはく製、Black/Whiteを分けた昔のゲートが印象強かった。

 

 

ワシントンD.C.写真2.jpg

 

 

ポトマック川沿いの桜並木を歩いたことも分かっているんだ、桜に興味が薄かった19歳の頃なのに。

 

 

ワシントンD.C.写真4.jpg

 

 

ホワイトハウス前での記念写真が残っている、フォード劇場にも行ったのだろう。どれだけ歩いた?

 

 

ワシントンD.C.写真1.jpg

 

 

今は2つも柵に遮られたホワイトハウス、20年前は手前の1つ目はなく、奥の2つ目まで誰でも行けたんだ。

 

 

ワシントンD.C.写真8.jpg

 

 

ニューヨークやシカゴは治安に怖さを感じたのに、当時もワシントンD.C.ではそんなの感じていなかった。

 

 

ワシントンD.C.写真7.jpg

 

 

今も書斎にある「EQUAL JUSTICE UNDER LAW」のブックマーク、最高裁判所にも僕は寄ったのか。

 

国会議事堂にも入ったと覚えている、まだ当時は9.11のテロ前で割合平和だった。

 

 

ワシントンD.C.写真6.jpg

 

 

そうだ、ホワイトハウス内のツアーにも参加したはず。旅慣れていたな、19歳の僕。車と金がなかったのに。

 

 

ワシントンD.C.写真9.jpg

 

 

今のワシントンD.C.の写真が目の前にあるのに、それを無視して思い出だけを語る、そんな稀な詩的日記。

 

ルイビル夜景

夜景写真映えすると最初から感づいていました、ルイビル。

 

あなたを最大限に美しく撮ろうと、雲が少な目・夕陽のキレイな夕方にやってきた僕。

 

 

ルイビル夜景3.jpg

 

 

高層ビルが灯りに輝き始めて、でも、まだ真っ暗になる前、空の色も雲の形も分かるぐらいの時間。

 

PLフィルターとNDフィルターを使い、58mmの単焦点レンズ、30秒の露光、全てを僕の好みに。

 

 

ルイビル夜景1.jpg

 

 

夕陽がルイビルの背中に落ちると期待したけど、汽車が通る橋の向こうに消えて行った。

 

インディアナ州側のリバーウォーク&パークには暗くなっても人が大勢。素敵な場所だから。

 

 

ルイビル夜景4.jpg

 

 

オハイオ川が海のように見えるよ、四日市の夜景を思い出す、穏やかな色に揃えるのが心地よい。

 

 

ルイビル夜景5.jpg

 

 

ビッグフォーブリッジは写真に適しているというより、大勢で夜の散歩を楽しむアトラクション。

 

写真上では消えてしまっているけど、多くの人が歩いて治安の面でも全く心配ない。

 

 

ルイビル夜景2.jpg

 

 

ねぇルイビル、僕はまた夜景写真撮影でこの場所に来てしまうかもしれないね、すっかり満足したから忘れられない。

 

ナッシュビル テネシー州

久々の冒険旅行 to ナッシュビル。

 

金曜日の夜に随分迷った。

 

何も予定のない週末、天気は上々、どこか遠出すべきか否か。

 

ナッシュビルに行ってカントリーミュージックを聞いてみたかった。

 

勇気が出ずウロウロしていたけど、ホテル予約してしまったら後には引けない、自分を追い込む策。

 

 

ナッシュビル冒険旅行1.jpg

 

 

自分を引っ張るように支度して、朝も起きたらクロワッサン食べる前に出発。

 

コーヒーは運転中に飲めばいいしね。

 

2時間ドライブしてコルベット博物館へ。

 

未来の車を探す企画は今も続いているから、その写真が得られれば良いと思って。

 

ランチを頼んだサブウェイで全然言葉が通じなくて滅入った。

 

また1時間運転してナッシュビル、駐車場を心配していたが近くにキレイなやつがあった。

 

MUSIC CITYの名を掲げるナッシュビル、観光客を迎える態勢は整っていた。

 

 

ナッシュビル冒険旅行2.jpg

 


陽気なナッシュビルの街の様が好きでグルグルと歩きまわっていた。

 

走ろうと思ってRUNズッグも持ってきていたが、道に観光客が多過ぎて走るには不向き。

 

オロナミンCで体力補給して、カントリー音楽の殿堂博物館を見た。

 

バーには一人で入りにくいから長居はできない。

 

そもそも音楽を楽しむより、場を楽しむムード、ノリが必要だ。

 

ナッシュビルに入り浸ってカントリーミュージックを聴く夢は潰えた。

 

ゲイロード・オープリーランド・リゾートと隣の横長アウトレットモールに寄り、パンダエキスプレスで夕食。

 

 

ナッシュビル冒険旅行3.jpg

 


3時間20分のドライブ、ナッシュビルは中部時間だからレキシントンと時差1時間がある、家に着いて11時半。

 

泊ってマンモスケーブあたりに寄ろうとしていたが、思いのほかナッシュビルのカントリーミュージックで

 

時間が使えないことを分かって日帰りにした。

 

往復6時間のドライブはキツく、日曜日の朝にかけて9時間も寝ていた。歩き疲れてちょっと筋肉痛。

 

成果は薄いが、ナッシュビルのことを良く知れた冒険旅行だった。

 





© 2006 - Ken Box