松尾芭蕉 俳諧

芭蕉の俳諧の独自性は、物事を既存の観念に囚われずに自分の目で見て、


心で感じたままを俳諧に描き出したその感性であろう。


芭蕉以前の連歌・俳諧は和歌以来の季語の制約が強く、


すでに存在する言葉のルールに則って言葉をうたってゆくものだった。

 

例えば「蛙」という言葉には、古今和歌集で紀貫之に


「花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける」と記され、


鶯と並んで声の美しい存在というイメージがすでに確立しており、


蛙と言えば、声のきれいな河鹿蛙が鳴く姿であり、なく蛙であった。

 

そしてもうひとつ別のルールがあり、芭蕉以前の俳諧は自分の感動をうたうのではなく、


読む側へ軽妙な笑いを与えるというのが俳諧の目的だ、と考えられていたことも忘れてはならない。


「やり水のついたかいたく鳴蛙」(宗俊)という貞徳時代の俳句がある。


まず蛙を鳴かせるのは従来からの定石であり、テーマの中心には「なく蛙」があると見てよい。


この句ではそこに「やり=槍」「いたく=痛く」というイメージを働かせ、


槍に突かれて痛いと泣く蛙の声を想像できる作りになっているのである。

 

別の例を挙げれば、「手をついて歌申しあぐる蛙かな」(山崎宗鑑)という発句があるが、


これも芭蕉以前のルールに忠実で、歌をなこうとする蛙のイメージと、


その蛙に俳句を読む直前の人間の姿を重ねて滑稽をさそおうとする俳諧の調子があるのである。


そういう俳諧の世界で芭蕉の独自性はどこにあるのか。


純乎たる正風に徹した句であるという、「古池や蛙飛こむ水のおと」の句を見てみよう。


この発句には和歌以来の伝統である「なく蛙」のイメージはまったくない。


蛙の声のかわりに聞こえてくるのは蛙が古池に飛び込んだときの小さな音だけである。


さらに言うなら芭蕉が感じたのは古池にたったその小さな音自体でもなく、


自分を取り巻く静寂の中に飛び込んできた音と静寂との対比にこそ美を見つけていたのではないか。


それを考えればこの古池の句はもはや芸術作品ではない。


むしろ、芸術的悟得の単なる記録であるというのも納得できる。


当然そこには軽妙な笑いはない。


蛙の小さな音さえ聞こえてくる静寂の中で、古池の音を耳にしてその心地よさに


くすぐられるような微笑みこそあれ、従来の俳諧にあった誰もを喜ばせる滑稽さは微塵もなく、


厳粛な雰囲気にこの句は包まれている。

 

芭蕉は俳諧を「笑い」ではなく「アート」として生まれ変わらせようとした。


そのアートとしての俳諧成立のためにこのふたつの古典ルールを乗り越え、


笑いの文芸としての俳諧のその先に見事な感覚アートとしての俳諧を

花開かせた開眼の句がこの有名な「古池や」であろう。

貧しい旅を続けたことで獲得した「わび、さび」の感覚が芭蕉の句には活かされている。


既に存在する古典文芸からのお題に言葉をつけてゆく遊びではなく、自らの感覚で題を設定し、

文芸としての俳句を創ろうとした意志にこそ芭蕉の独自性を見出すことができる。

古典に縛られず未来を創り上げようとした。


縛られるものがあるうちはおのずと上限が決まっている。

その点、芭蕉は自分の感覚を突き詰め新しい意識を創り出そうとした。


技術的に言葉を重ねて作り上げた俳諧ではない。


美しいものを美しいと感じる心そのもので世界を表現し、従来までの俳諧の限界を突き抜けていたのだ。

 

芭蕉のその行動はそれまでの俳諧の常識を覆すものだった。


その常識外の行動ゆえに芭蕉の世界は果てしなく、他に追随を許さない。


自分という世界にどこまでの上限なく飛んでゆくのが芭蕉の俳諧の独自性なのである。


何故なら芭蕉の俳諧は日常生活に根をおいてないものだからだ。


人生を旅のごとく見る認識でとらえる芭蕉の視点は、


日常よりも旅での変化の毎日にこそ己の俳諧の真意を見ていた。


その人生すべてをかけて俳諧という世界をそれまでのお笑いからアートへと変換させることに情熱を注ぎ、


連歌・俳諧の世界を一変させた存在が芭蕉なのである。

 

固定されてしまっていた俳諧の季語ルールからの脱却は、奇をてらってのものだったのだろうか。


江戸時代ではレジャーとして、視野を広げられるものとして旅をとらえることはなかった。


その土地での変わらぬ暮らしが人の生き方や考え方を固定してしまっていたところを、


清貧に旅を続けて新しいものごとと出会うという芭蕉の生き方がそれまでの常識を壊し、


それまでになかった独自のアートとしての俳諧を生み出す原動力となったのだ。

 



方言周圏論 蝸牛考

柳田国男が『蝸牛考』の中で唱えた「方言周圏論」に基づいて、

具体的に中央語で使われていた古典語である「さまに」の変化を追ってみる。


元々「さまに」という言葉は方向を表す接尾辞「さま」に

格助詞の「に」が付いたもので「〜方向に」という意味を持っており、

具体的な行き先までは分からないがどこどこの方向に行った、と言いたい場合に使われていた。


相手へのあからさまな伝達を避けようとするぼかしの効果として

室町時代まで使われており、現代語の敬称「様」は、

方向を意味する言葉であったものが直接敬称を意味する言葉へと変容した結果である。


「蝸牛考」のイメージ通り、文化の中心で生まれたこの「さまに」という言葉が

中心から円を描くように地方に伝播しながら分布して行った様子を

追ってみるために、西は宮崎県日南市の「さめ」・大分県湯布院町の「さね」と、

東は東北全土で使われる「さ」という言葉を挙げてみよう。


"蝸牛考は観覧車の円のように、地方へと分布して行く"


九州に残った2つの言葉はともに現在でも行き先を限定することなく

「〜方向へ」という意味で使われており、「さまに」の使い方ときれいに重なる。

中央語の「さまに」「さまへ」の接尾の連母音がくっついて「さめ」「さね」に変わったのが変容した箇所であるが、

それを除けば意味といい発音といい古典語が原型に近い形で残っているのが見て取れる。

このことは、方言に古語が残るという「方言周圏論」の考えと一致するところがある。

 

一方で東はどうか。東北の「さ」がそれに近く思われるが、詳しく調べてゆくと

「さ」は九州のものとは違い、移動の方向を表すだけに留まらず、移動の目的そのものを示す言葉になっている。

「東京さ行く」のように行き先が限定されている際にも使われているのである。


つまり、現代の共通語である「に」が担う役割も東北の「さ」は背負い込んでいることになる。

格助詞として大きく意味拡張を果たしたのが東北の「さ」なのである。


このことから、東北の「さ」は進化を遂げ過ぎていて西の九州方言と較べるにはふさわしくないのが分かる。

そこで中央から東北に至る手前、関東の方言を調べてみると「方言周圏論」を説明することができる事例がある。


室町時代のことわざに「京へ筑紫に坂東さ」というものがあることから、

当時の坂東(関東)では移動目標を表す方言として「さ」が使われていたことが分かる。

現在では関東で「さ」を耳にすることはないが、

この「さ」は先に述べた東北の「さ」の使い方と全く同じである。

東北の「さ」の源流は、関東の「さ」であることがこれで説明できる。


東京都の八丈島には「しゃん」という方言が残っており、

行き先が限定される時には「げー」、行き先がはっきりしない時には「しゃん」を使い分けている。

音こそ変わっていったものの、九州の「さめ」「さね」と同じ意味を持ち、

限定されない行き先を示す「〜方向へ」として使われる様子は「さまに」と重なるではないか。


"取り残された蝸牛考、いのしえの言葉"


関東・中部の中間にある山岳地帯では「せぁー」「せー」という方言があり、

これらは「しゃん」「さめ」「さね」のような方向の意味までは持たないまでも、

「さまに」から「さ」へと音が省略されながら移行してゆく途中の言葉が取り残されたものとして考えられている。


つまり今でこそ廃れてしまったものの、京都という文化の中心地で生まれた中央語の「さまへ」という言葉は、

近畿をコンパスの中心として円心状に東西へ広がり、同じレベルで九州と関東にたどり着いたことが見て取れる。


九州では原形を残したまま現在に至っているが、関東ではそれが「さ」という省略型に大きく変化し、

次第に関東でもその「さ」すら使われなくなったが、波紋は時間をかけてその「さ」を

さらに一回り外周にある東北地方へと伝来させ、東北ではそれが定着し今でも顕著に残されたのだ。


九州の「さめ」「さね」・関東の「しゃん」は「方言周圏論」の一重の波紋によるもので、

東北の「さ」は二重の波紋がもたらした方言なのである。


「カタツムリ」「カオ」「バカ・アホ」のような語彙の分野ではこの「方言周圏論」は成立する傾向が強いのだが、

音韻やアクセントなどは周辺地方の方が独自変化が生じやすいとも言われており、

方言の分布方法は方言周圏論に限られるわけではなく、他の要因からも考えるべきであろう。

 



秋山国三郎

木村透谷にとり、民衆とは国や時代の流れという大きな力にひれ伏す弱い存在であった。

そして、いざその大きな力に飲み込まれた時に彼らが取る行動を見て、

民衆には二つのタイプがあると透谷は考えていた。

すなわち、物事を悲観的に受け取り、絶望し、諦めてしまうタイプがその一つであり、


他方は物事に憤慨し、激情に流されて無駄で無力な抵抗に走るタイプである。

 

この観念が、透谷の現実的な民衆の捉え方であった。


実際、透谷自身が前者のタイプに属しており、明治十八年に須長らが逮捕されたことを受け、


透谷が絶望し、脳病におちいってしまったという事実はまさに前者の典型である。

 

そのため透谷は自らを通して民衆の前者のタイプをよく知っていた。


また、同じ事件の後で一時の怒りに身を任せて有一館に飛び込んでいった大矢の姿に、


民衆の後者のタイプを知っていた。

この二つの具体的な経験などがあり、透谷は民衆というもののイメージをはっきりと持っていた。

 

しかし、その一方でこの透谷の民衆観に当てはまらない存在、


どうしてもその二つでは理解することのできない存在がいた。

秋山国三郎だ。

 

秋山は、透谷のようにすぐに絶望に落ちいるような精神の弱さを見せるようなこともなく、


大矢のように怒りで我を忘れることもなく、現実を受け入れ、しかし己のペースで人生を生きる。


秋山にとっては、外部のどんな出来事も己の内部の思想をいたずらに混乱させるものではなく、


あくまで己の頑強とした思想をもって物事をはかり、秋山なりの節を曲げずに人生を生きている。

 

透谷にとり、そういった秋山の姿は二つの民衆のタイプに当てはまるものではなかった。


しかし、透谷は秋山のような生き様を、第三の民衆のタイプとしても捉えなかった。


秋山の人間像は、透谷にとって幻であり、理想であった。


透谷が夢えがいた文学の理想像、そこにこそ秋山を当てはめたのだ。


私は、北村透谷が秋山のようなタイプを第三の民衆として掲げなかったのは、


それが現実的な力を持たない存在であり、


またごく限られた人しか対象にできないからではないか、という意見を持っている。


秋山が物事に動じず、己の節の範疇で行動できたのは、


彼の類まれな才能、彼の経験してきた人生があるからこそだと思う。

 

一般の民で、そのような資格を持つ人は少ない。


第三として掲げるには、あまりに非現実的な存在であり過ぎたのだ。


また、秋山のようなタイプは着目するべきだが、


世間を変える決定的な原動力とはなり得ないものだと思っていたのではないか。


あくまで特殊な、例外的な人間であろうと思っていたのだろう。


ただ、透谷は秋山の存在が気にかかって仕方がない。

 

それは何故か。


現実的な存在ではなくとも、透谷が持つ文学観に当てはまる人間だったからだ。


民衆を現実的な存在としてしっかりと見極めることは大切である。


しかし人生とは現実を見るだけで終わるものではない。


空想であろうとも、己が理想とするものがなくては成り立たない。


透谷にとっては文学が生きる道であるのだから、文学観というものを持たずにはいられない。


現実とは重ならないのかもしれない世界、しかし己が夢見る甘美な世界。


透谷は、秋山国三郎を取り巻く環境にそれを見ていた。

そして、透谷が創造したいと願う物語の主人公。


それを、秋山国三郎に見ていたのだ。

 

透谷にとり、「三日幻境」に描かれた老奇人は現実の民ではない。


文学にリアリズムの追求を行わない透谷であるから、


彼の作品に出てきた秋山はあくまで現実とはかけ離れた、文学のなかの一登場人物であった。


透谷の文学に出てくる秋山の姿は、透谷の理想像である。


透谷は、民衆全員が秋山のような存在であっては世間が成り立たないとは知っているが、

それでも理想の民衆は秋山のように生きるべきだと思ってみたりする。


この考え方は現実的にありえず、また望ましくないものではあるが、


透谷の文学は現実とはかけ離れたところにあるものであるから、現実で判断する必要もないのだ。

 

透谷に取り、秋山国三郎とは、己の夢見る文学の主人公であって欲しいと願う人物であったのだ。

 



アメリカEビザ 貿易投資家


「Eビザって、どんな小さな企業でもアメリカに投資さえしていればいいの?

企業の大きさとかは関係あるのかな?」

そう言われてわたしは困った。

tokoの指摘は毎回的を得ている。

わたしの知識不足のせいだろう、充分に答えられない時もあるのだから。

「数字として、何万ドル以上ってのはないよ。

ただ言えるのは、アメリカに相当額の貿易や投資をする企業ってこと。

つまりね、自分の所得だけのためにアメリカに会社を立ち上げたとしても

それは投資や貿易とは見なされないからEビザの適用外だ、ってこと」


「あー、分かりました。

自分ひとりとか、家族経営の企業とかで生活費ぐらいしか利益を期待していないのに、

“これがアメリカへの投資だっ!”って言ってもEビザはおろしてくれないのね?」

「そうだよ、そういうこと。

それは僕だってアメリカに投資して有限会社Ken LLCでも作ってEビザを取りたいけど、

そんな小規模の会社じゃぁEは取れない」

「わかったー。わかったー。よくわかったー」

そう言ってtokoは自分の仕事を続け始めた。

ほっと胸をなでおろすわたし。

アメリカビザのことは、この実務担当者の立場からだけでも分からないことだらけ。

弁護士、移民局、ビザ申請者、他色々な立場から勉強しないと

ちゃんとした答えができるものじゃないから。

 





© 2006 - Ken Box