ケンタッキーフライドチキン発祥の地

ケンタッキーフライドチキン発祥の地を訪れてみた。

 

住所は下記、レキシントンから南に90マイルほど、かなりの田舎町にある。

 

688 U.S. Route 25W, North Corbin, KY 40701 USA

 

 

ケンタッキーフライドチキン発祥地1.jpg

 

 

カーネル・サンダースさんが1930年に始めた「サンダース・カフェ」、ここで出したのがフライドチキンだ。

 

 

ケンタッキーフライドチキン発祥地2.jpg

 

 

ところで僕自身のことを思えば、ケンタッキーフライドチキンはどうも油が合わなくて好きにはなれなかった。

 

 

ケンタッキーフライドチキン発祥地4.jpg

 

 

発祥の地だから、ケンタッキーフライドチキンを食べてみたけど、フランチャイズ店だし特別なことはなく、いつもの味。

 

 

ケンタッキーフライドチキン発祥地5.jpg

 

 

イートインコーナーのところどころに、博物館風に昔のものが飾ってあるけど、地味なのよね。宣伝している様には見えない。

 

 

ケンタッキーフライドチキン発祥地3.jpg

 

 

今やケンタッキー州を、全米を代表するフランチャイズチェーンなのに発祥の地がここまで田舎だとは驚き。

 

 

ケンタッキーフライドチキン発祥地6.jpg

 

 

正直、長い移動距離をかけて訪れる価値はビミョウだが、まぁ話のタネにはなるでしょう。

 

 

ケンタッキーフライドチキン発祥地7.jpg

 

 

看板にある「BIRTHPLACE OF KENTUCKY FRIED CHICKEN」、世界で一つ、ユニークな場所。

 

ケンタッキーホースパーク 写真

初めてのお休み、真っ先に選んだのはケンタッキーホースパーク

 

馬を愛するレキシントンの文化を知らなくちゃ、ケンタッキーらしいものに触れなくちゃ。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真1.jpg

 

 

I-75の120出口からすぐ、駐車場が$5、入園料が夏場は$20。

 

園内は広過ぎて地図を見てもさっぱり見当がつかず、ただ写真映えする場面を探してぐるぐる歩いた。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真12.jpg

 

 

メインエントランスからビジターセンターに入る前、↑でちょっと見えているがメカの馬が動いている。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真2.jpg

 

 

決まった時間に幾つかのショータイムがある、色々なタイプの馬と衣装が見どころ。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真3.jpg

 

 

最後は星条旗+国歌になって、みんな起立+脱帽、この景色に馬は似合う。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真4.jpg

 

 

幾つも馬舎があって、何かな?とのぞき込むものの、馬しかいません、まぁ、馬を見に来たはずですが。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真5.jpg

 

 

ケンタッキーホースパークには馬の博物館があって歩いてみる、歴史と文化を感じるけど、馬に無知な僕には分からない。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真10.jpg

 

 

夏の緑と日差しがキレイね、短い夏を楽しもう。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真7.jpg

 

 

大会じゃなくて、普通に遊び+訓練でこういうシーンがいっぱいある、身近なものなのだ、馬は。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真6.jpg

 

 

テキトーなアメリカ人なのに、馬の模型にはリアルさを求めているのか?馬への愛着か。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真8.jpg

 

 

携帯でお話し+馬のシーン、面白い。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真11.jpg

 

 

園内には、これ!といったものは見当たらなかったけど、キーンランド競馬場でも感じたが、馬文化の尊重具合が見えた。

 

 

ケンタッキーホースパーク_写真9.jpg

 

 

ショーが単調だったな、↑は過去の名馬を見れるショー、超早口しゃべり+馬の引き回しだけ。

 

いずれにしても、ケンタッキーホースパークは写真撮影場所としては面白かった、何度も行く必要はないが。

 

キーンランド競馬場 レキシントン

キーンランド競馬場を訪れて驚いた、ここレキシントンでは競馬は文化であり、美学だ。

 

価値観が違うのだろうな、馬と共に生きる人たちがいた。

 

 

キーンランド競馬場_写真_2.jpg

 

 

レキシントン空港からすぐの距離、キーンランド競馬場は広過ぎて例えが見つからない。

 

スケールの大きさは土地の問題だが、何というか、キーンランド競馬場全体が公園のような、美術館のような磨き上げ具合。

 

 

キーンランド競馬場_写真_8.jpg

 

 

中京競馬場も場内のキレイさに以前驚いたが、キーンランド競馬場は他に輪をかけてすごい、成熟した文化を感じた。

 

 

キーンランド競馬場_写真_3.jpg

 

 

馬券は買わないけど、競馬が行われている時に再訪してみること決定だ、興味がある。

 

 

キーンランド競馬場_写真_4.jpg

 

 

メインスタンドから大きく外れ、周回道路を走っていると、こんな↑可愛いシーンに出会った。

 

 

キーンランド競馬場_写真_5.jpg

 

 

こんな景色は北海道のかなり田舎に行かないと出会えない、レキシントンは都会であり、田舎でもある。

 

 

キーンランド競馬場_写真_6.jpg

 

 

牧草ロールケーキ、牧草コロン。

 

 

キーンランド競馬場_写真_7.jpg

 

 

30分もあればキーンランド競馬場で、レキシントン観光を満喫できるじゃないか。忙しい出張者に案内したくなる場所?

 

 

キーンランド競馬場_写真_1.jpg

 

 

今度は超望遠レンズを持って来ることでしょう、秋の紅葉も冬の雪も楽しみだよ、お気に入りの写真スポットが見つかった。

 

レキシントン空港 写真

土曜日になって、心身ともにようやく落ち着いた。

 

ケンタッキー州初めての写真旅はレキシントン空港へ、もう何回か来て、今後何百回と来ることになるだろう場所。

 

 

レキシントン空港の写真_2.jpg

 

 

最初にレキシントン空港に降りた2008年4月のことを覚えている、春の気候が最良ということもあり、空港ターミナルを出た時の空気感が最高だった。

 

 

レキシントン空港の写真_3.jpg

 

 

その時から今まで、基本的にレキシントン空港は何も変わっていないように思える、ノースウエスト航空がデルタ航空に変わったぐらい。

 

 

レキシントン空港の写真_5.jpg

 

 

緑と花に彩られ、涼しい風を感じるレキシントン、治安の心配が皆無、のんびりしすぎててフライトディレイは怖いけど。

 

 

レキシントン空港の写真_1.jpg

 

 

機能はシンプル、広くなくて迷うことは決してないレキシントン空港、地図はいらない、地方の小空港。

 

 

レキシントン空港の写真_4.jpg

 

 

ニックネームは「ブルーグラス空港」、このケンタッキー一帯の放牧地にある牧草がブルーグラス。

 

 

レキシントン空港の写真_6.jpg

 

 

ご挨拶がわりのレキシントン空港の写真、これから季節や時間帯を変えて色々な絵を撮れることになるはず。

 

クーンスキンパーク

クーンスキンパークは、チャールストン市内からすぐ、イエガー空港のある丘の上にある。

年始の寒い日だったが、RUNをできる広い公園を求めて地図上でここに狙いを定めた。


クーンスキンパーク1.jpg


道路を走っていくと、待望の森の中のトレイルに出くわした。

アリスナイトメモリアルトレイルという立派な名前だったが、沢の両脇に沿った小さなトレイル。


クーンスキンパーク2.jpg


こちらに来て初めてのトレイルランニングだが、日本ほど道が整備されているわけでもなく、

どこにトレイルがつながっているのか見定めが難しい、野性のままのトレイルね。


クーンスキンパーク3.jpg


キャンプ場がある道を走っていると、空から爆音が、趣味の自家用飛行機のようだ。

これは日本ではなかなかお見かけしない光景だ。


クーンスキンパーク4.jpg


真冬だから動物も人もいない公園をRUNして、そろそろ車へ戻ろうとした時。

またの爆音、もう慣れたけど空を見上げると、そこには民間航空機が!


クーンスキンパーク5.jpg


そうだ、クーンスキンパークはチャールストン空港・通常イエガー空港に隣接している。

だから飛行機の発着をまじかに見ることができる公園なのか。


クーンスキンパーク6.jpg


ウェストバージニアの若者は気温5℃でもハーフパンツでラクロスの練習をしていた。


クーンスキンパーク7.jpg


良い季節になればさぞかし人が集まるだろう、クーンスキンパーク。

いつかまた走ることがあるのだろうか、この先また僕と接点があるか、ないか。
 




© 2006 - Ken Box