シンシナティ空港 写真

シンシナティ空港、飛行機の見物エリアからの写真。

 

1459 Donaldson Hwy, Erlanger, KY 41018 の住所近辺、Airport viewing Access Road。

 

 

シンシナティ空港写真1.jpg

 

 

シンシナティ空港といえばデルタ航空のミニ・ハブ空港として知っていた。

 

デルタのフライトがランディングしてくる、超望遠レンズで狙いを澄まして撮る僕。

 

 

シンシナティ空港写真6.jpg

 

 

ところがシンシナティ空港(CVG)はオハイオ州・シンシナティにない。

 

シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港の名前の通り、ケンタッキー州の北ギリギリにある。

 

 

シンシナティ空港写真5.jpg

 

 

長い滑走路を飛び立っていった、イカみたいな恰好の鉄の固まり。超望遠レンズは面白い。

 

 

シンシナティ空港写真7.jpg

 

 

DHLやFedExの飛行機があるのが面白いというか、珍しいというか、アメリカだなぁ。

 

 

シンシナティ空港写真3.jpg

 

 

滑走路からちょっと離れたところにあるビューポイント、駐車場からみなさん見物していました。

 

シンシナティへ向かうI75では、上空を飛ぶ飛行機をよく見る、ここCVGへの着陸態勢に入ったフライトなんだね。

 

 

シンシナティ空港写真2.jpg

 

 

HONDA製のビジネスジェット?! その場ではロゴが見えなかったけど、写真で見て驚き。

 

 

シンシナティ空港写真4.jpg

 

 

サンセットから夜での写真撮影が楽しいのだろうか、シンシナティ空港の飛行機。また来てみようか。

 



シェーカービレッジ

シェーカービレッジ・プレザントヒル(ケンタッキー州レキシントン郊外)を訪れてみた。

 

春めいて77℉もある土曜日、一眼レフカメラを携えて、本気撮りできるかと期待しながら。

 

 

シェーカービレッジ6.jpg

 

 

シンプル・ミニマムの物だけで生活すると聞くシェーカー教徒、外観からも余分な飾りがないのが伝わる。

 

 

シェーカービレッジ5.jpg

 

 

ナチュラルだなぁ、シンプルだなぁ、現代人の僕にはマネできないけど、そのエッセンスは活用させてもらおう。

 

 

シェーカービレッジ3.jpg

 

 

博物館の中には入らず、食堂も行かず。一人だし、今日はシェーカービレッジをRUNすることが目的でした。

 

 

シェーカービレッジ4.jpg

 

 

季節と時間帯を考えて写真を撮ったらシェーカービレッジは作品になるな、とヒントを得た。

 

 

シェーカービレッジ2.jpg

 

 

規則正しく質素に。お寺で修業する人たちと似通うものが。自分に甘い僕には縁遠い世界ね。

 

 

シェーカービレッジ1.jpg

 

 

建物を見るだけなら無料。シェーカービレッジ・プレザントヒルという珍しい世界。

 



ケンタッキーダービー博物館

ケンタッキー州の「本物」は見逃せない、ケンタッキーダービー博物館のことだ。

 

馬が身近に生きていて、馬を文化としている土地だからね。

 

ケンタッキーダービー開催地・チャーチルダウンズ競馬場隣接のケンタッキーダービー博物館へ。

 

 

ケンタッキーダービー博物館11.jpg

 

 

ルイビル市内から6kmほど、もう140年もの歴史がある競馬場、ギャンブルというより社交場。

 

 

ケンタッキーダービー博物館4.jpg

 

 

ケンタッキーダービー博物館に入るともれなく30分のウォーキングツアーに参加できる。

 

みなさんと一緒にチャーチルダウンズ競馬場内へ、ここが競馬界で最も権威のあるケンタッキーダービーの場所ね。

 

 

ケンタッキーダービー博物館5.jpg

 

 

季節柄、なんにも居ないが場内の美しさをひしひしと感じる。

 

3歳馬世界一を決めるレース=馬の能力最大値を確かめる場、一回きりの勝負に恵まれる僥倖はどうしたら得られる?

 

 

ケンタッキーダービー博物館6.jpg

 

 

その世界一の舞台を見て驚いたのは、レキシントンのキーンランド競馬場が設備や環境という面では優位。

 

凄いな、ケンタッキー州は。世界でも稀な競馬場を2つも有している。

 

 

ケンタッキーダービー博物館2.jpg

 

 

ツアーのガイドさんがしゃべってくれる英語は耳に入らない、早口過ぎて理解できない。

 

それでもいいさ、自分の目で見て、感じたもので十分伝わってくる、チャーチルダウンズ競馬場の本物ぶり。

 

 

ケンタッキーダービー博物館3.jpg

 

 

競馬に興味のない僕でも分かる、ここにはみんなが心を寄せている何かがあること。

 

 

ケンタッキーダービー博物館7.jpg

 

 

独特の美学が施されている建物、春の花が咲いた頃は一層美しいのだろう。

 

 

ケンタッキーダービー博物館8.jpg

 

 

ケンタッキーダービー博物館の展示物はまぁまぁ。ギフトショップが良かった。

 

 

ケンタッキーダービー博物館9.jpg

 

 

20分間ぐらいの映画があって、ケンタッキーダービー当日の様子を馬の傍の視点で見せてくれる。

 

感動的なシーンがいくつかあって、まさに一見の価値あり。

 

 

ケンタッキーダービー博物館10.jpg

 

 

競馬ファンなら堪らないだろうね、ルイビルのケンタッキーダービー博物館は。

 

 

ケンタッキーダービー博物館1.jpg

 

 

ケンタッキーダービー博物館・チャーチルダウンズ競馬場の思い出は一生忘れないと思う。本物ありき。

 



ケンタッキー州議事堂

まぁ本当の目的地はThe Outlet Shoppes of the Bluegrassだったワケなのですが、

 

その帰りにケンタッキー州議事堂周辺に行ってみた。

 

青空と雲がくっきりしていた日、PLフィルターをアクセサリーに。

 

 

ケンタッキー州議事堂5.jpg

 

 

20年前に西部の州の議事堂を幾つか見たが、基本構造は似ているのね。

 

 

ケンタッキー州議事堂3.jpg

 

 

フランクフォートは州都とは思えないぐらいに小さな町なのだ、こんな大きな州議事堂があるとびっくりする。

 

 

ケンタッキー州議事堂4.jpg

 

 

Governor's Mansionは立派だな、美を感じる。

 

 

ケンタッキー州議事堂2.jpg

 

 

前日に嫌な仕事があって気がふさぎ込んでいたから、この日のドライブは気晴らしになった。

 

アウトレットでは室内トレーニング用のシューズとタイツを買った。

 

この公園でNIKON D800を落としてアイピースにヒビが!

 

Panera Breadでストロベリーバナナを飲みながら川南学食の思い出を書いていた。

 

 

ケンタッキー州議事堂1.jpg

 

 

Capitol View Parkからのケンタッキー州議事堂、PLフィルターがバリバリ利いております。

 





© 2006 - Ken Box