アメリカ→カナダ 陸路(車)入国

どうせ難しいことはない、気を張る必要はない、と分かっていても、

島国で生まれ育った私には、アメリカからカナダへ陸路入国(車運転)する、ということだけで

かなりの冒険気分になっていた、ネットで体験談を検索しまくって情報集めに余念がなかった。

 

そんな自分の経験を、こうしてブログに残しておこう、これから同じことをされる方のために。

 

 

カナダ陸路車入国1.jpg

 

 

ナイアガラの滝へ車で観光旅行、ニューヨーク州バッファロー市内からピース橋を越えてカナダ入国。

Google Mapを信じて、誘導されるがままに進んでいくと、まずは右手に免税店が現れる。

ただし、カナダ入国の心構えに必死でDUTY FREEの看板へ向かう余裕などこれっぽっちもない。

 

 

カナダ陸路車入国2.jpg

 

 

普通に大河を橋で越える気配だ、あの橋を超えたらラスボスが現れるのではないかと唾をのむ想い。

 

 

カナダ陸路車入国3.jpg

 

 

橋の真ん中にはカナダ・アメリカの国旗が、そこからカナダ側の道はクイーンエリザベスウェイという名前。

 

 

カナダ陸路車入国4.jpg

 

 

来た。

高速料金所のように見えて、そうではない、あれこそがカナダ入国審査だ。見かけはラフなのに、心は緊張。

 

 

カナダ陸路車入国5.jpg

 

 

これがドライブスルー入国審査だ!

前の車がブースから去ったら、ゆっくり目にブース横まで進み、以下の手順をした。

 

 ̄薪樟覆料襪魍けて、全員分のパスポートを手渡す。

 「合計何人?後ろの席の窓を下ろして」と言われて、慌てて後ろのウィンドウを下げる。

 ウチの子と目を合わすと、入国審査官はにっこり笑ってSay Hello、そうそう、子連れ家族におおよそ悪者はいない。

 

◆屮ナダは初めて?」 → はい、と答えたものの、オレ20年前にカナダ来てる。いや、1年前に出張したばかり。

 「どこに住んでいますか?」 → ケンタッキー州です

 「アメリカのビザ持っていますか?」 → はい、就労ビザ持っています

 「どこ行きますか?」 → ナイアガラの滝トロントに観光で3日間です

 「タバコとアルコール持っていますか?」 → いいえ

 

質問が終わると、パスポートのデータをパソコンでカチャカチャ検索している。

 パスポートを返却してくれて終わり。あとで調べるともちろんカナダ入国スタンプはない。

 

 

カナダ陸路車入国6.jpg

 

 

クリアだぁ~と喜んで先に進むと、すぐに第2の関門? いいえ、橋の通行料金徴収所だ、クレジットカードで支払い。

これを抜けると、マイル表示のアメリカから、キロメートル表示のカナダへ。

 

パスポートは見せたが、アメリカの免許証は提示していないし、国際免許も持っていない。

それから、カナダの電子渡航認証 eTA(簡易ビザみたいなもの) は、陸路入国では不要だ。

なんのことはない、陸路続きの両国を、パスポートチェックだけで通ったようなもの。

 

どうしてカナダ入国は簡単なの?と考えてみた。空路でのカナダ入国とはあまりに違う。

元々、厳しいアメリカ入国審査を経てアメリカに滞在している人だから、カナダから見たらセキュリティーチェック済み。

それをダブルチェックするのは無駄だよね。

 

理論的にはそう分かっていても、日本人にとっては車で国境を越えるなんて異色の行動!

観光地ナイアガラの滝だから簡単だったわけでもないだろう、それほどに近所の往来は自然なことだ。

 

どうぞこのページを見たあなたが心リラックスしてアメリカ・カナダ国境へドライブできますように。

そして、帰りのカナダ→アメリカの陸路入国もやはりシンプルなものでした。

 

シュミッツ・ソーセージハウス 写真

オハイオ州コロンバスにはドイツ村がある。

 

しばらく前に「コロンバスRUN」という冒険をした時に目に留まったドイツレストラン、

 

シュミッツ・ソーセージハウス(Schmidt’s Sausage Haus und Restaurant)。

 

いつかは行きたいと願った場所に家族を伴って訪れる。

 

 

シュミッツソーセージハウス写真1.jpg

 

 

店の前にレンガ畳の道、そこからローアングルでシュミッツ・ソーセージハウスを撮る。

 

 

シュミッツソーセージハウス写真7.jpg

 

 

入るとショーケースにはソーセージとデザートが並ぶ、モノ珍しさにじろじろを見てしまう、異国を感じるから。

 

 

シュミッツソーセージハウス写真4.jpg

 

 

ソーセージサンプラーを頼んで4種類を味わう幸せ。

 

添え付けのジャーマンポテトは素朴な味、どれもこれも優しい家庭料理。

 

 

シュミッツソーセージハウス写真5.jpg

 

 

お客さんは観光気分のシニアばかり、本物のドイツをアメリカにいながらにして感じことができるから人気。

 

 

シュミッツソーセージハウス写真6.jpg

 

 

1886年にスタートしたというシュミッツ・ソーセージハウス、とてもレアなドイツレストラン体験になった。

 

 

シュミッツソーセージハウス写真2.jpg

 

 

思い出すのは20年ぐらい前、ドイツ・ハノーバーに初出張した時のこと。

 

モンマさん・ナガイさんたちとドイツレストランでソーセージを食べた記憶。

 

ドイツ本物の感覚を久々に更新できて、意味確かなシュミッツ・ソーセージハウスだった。

 

 

シュミッツソーセージハウス写真3.jpg

 

 

その後はジャーマンビレッジのThe Book Loft of German Villageへ、ここの小径の美しさも別格なもの。

 

一目惚れというか、見てすぐに「ここは本物だ!」と受け取ったシュミッツ・ソーセージハウスはやはり本物だった。

 

我が感性に拍手、そんな場所を幾つも行きたいね、冒険は続くのだ。

 

北海道みたいな中西部の夏

母が北海道出身だから、「北海道の夏」には憧れがある。

 

風の涼しさ、緯度の高さ。

 

ぼんやりとしたイメージなのだろうが、憧れはずっと止まらず、いつかは北海道永住すら真面目に考えた。

 

 

北海道みたいな中西部の夏4.jpg

 

 

計らずと、北海道みたいな夏の場所に住んでいる今。

 

アメリカの中西部でも北の方は北海道みたいだ、気候も景色も。

 

人生の気まぐれ、僕の幸運、まさかアメリカ赴任の副産物として、北海道みたいな夏を満喫している。

 

 

北海道みたいな中西部の夏3.jpg

 

 

夏の1か月、北海道全土を車で走りたいな、少年の頃から夢見ていたこと、実は今も根深く心にある。

 

レキシントンをドライブしていて、ふと思い当たる。

 

そうだ、僕は北海道に、北海道みたいな場所に住む光栄に恵まれている、なにせこの景色だよ。

 

 

北海道みたいな中西部の夏2.jpg

 

 

夏の夜、庭のデッキで爽やかな風を感じるのが大好き。

 

それは何故かって、やはり夏の北海道への憧れが僕を動かしている。

 

この数年で僕の熱は下がるのだろうか、中西部の空気を大量に吸い込んだことで、北を望む目は弱まる?

 

 

北海道みたいな中西部の夏1.jpg

 

 

いいえ、それは夢想に終わることでしょう、きっと僕はいつか本物の北海道の夏を駆け回る。

 

どれだけ近似値を手元に置いたとしても、本物を追い求める気持ちは擦り減らない。

 

 

北海道みたいな中西部の夏5.jpg

 

 

僕には北海道の夏が合っているのではないか、どうしてだ、血には逆らえないのか。

 

レキシントンの夏、北海道みたいな風を楽しもう、心はどうにも変わらずとも。

 

商業的駄文雑文

出張でちょっとした郊外ドライブ。

時間調整ついでに気になった景色を撮影、こういう動き方は良いね。

 

もう冒険する場所がないと守りに入りつつあったけど、

やはりどこまで行ってもカメラ片手の冒険が自分を奮い立たせてくれる。

 

 

商業的駄文雑文1.jpg

 

 

商業的駄文雑文を仕上げて、次はサイト自体のランクアップに向かう段階。

歩みは遅い、最低限のターゲットにちゃんと到達できるか見えにくくなってきたけど、もう少し付き合っていこうと決めている。

 

 

商業的駄文雑文2.jpg

 

 

強烈なサンダーストームが今年もやって来た、3度目の死にそうなドライブ to WV。

娘とトランプ、知性の高まりを窺い知ることができるな。

 

 

 

 

机と椅子を一新、走っても食べる量を減らしても64kg前後をウロウロ、庭のうさぎはしばらくお出かけ、

J.CREWのシーフード系ハーフパンツ、NIKONの新ミラーレスを待ってもう何年になるのか。

 

 

商業的駄文雑文3.jpg

 

 

古街道的ロングコースを走りに行きたい、柳生街道の思い出が眩しい。

あと1か月もすれば忍半蔵に再着手する決意、僕の生き様はこれからね。

 

夜景撮影 PLフィルター

夜景撮影で、PLフィルターをどう効果的に使うか、イマイチやり方が分からなかった。

 

光を反射させるというが、そもそも夜景撮影は光に乏しい。

 

 

若干のシャッタスピードの遅さを呼ぶツールにしか使えていなかったが、

 

ある日のReservoirの夕景撮影、PLフィルターなしでは見えなかった雲が、PLフィルターありでは鮮明に浮かび上がってきた。

 

これもひとえに偶然、数打ちゃ当たるの原則。

 

 

夜景撮影 PLフィルター1.jpg

 

 

米国の夜景専門写真家風を自称する僕ならば、このぐらいの水景の絵を撮ることに難はないが、

 

特筆すべきは白い雲がはっきりと数多く残っていること、これがPLフィルターの効果。

 

クリクリとPLフィルターを回していて、雲が浮かび上がってきたとき、浅い感動さえ覚えた。

 

 

夜景撮影 PLフィルター2.jpg

 

 

正直、未だもって夜景撮影で水面の反射を取り除くPLフィルターの魔法は使えない。

 

効果が小さ過ぎて、肉眼で見ても判別がつかないからだ。

 

そうか、雲ならはっきり分かる、そして雲で効果が出るということは、水面の反射にも有効ということか!

 

新しい技術を取り込むことができれば、僕のカメラライフも一層豊かになる。

 





© 2006 - Ken Box