横歩きする未来の車、トラさん風に

「恩に着るから。なっ、さくら、金を上野の呑み屋に届けてくれ、未来の車で

こんな時間によくそんな夢語れるわね、無銭飲食なんて、呆れてモノも言えないわ。

 

「そう怒んなよ、もうしない、二度と、こういうこと。未来の車なら、狭い呑み屋町でも、横歩きして入ってこれるだろう?」

今まで何べんその夢語ったと思うの、もう甘やかさないから。

 

「あ、そうか、じゃ、俺の未来の車がどうなってもいいんだ、ねっ、分かった!」

そんなこと言ってないじゃないの!

ガチャ。ちょっと、あっ、切っちゃった。

 

 

横歩きする未来の車1.jpg

 

 

トラさんったら、いくらお酒の上の空想話だからって、

前後に走ることに飽き足らず、左右に動くだなんて、未来の車の飛躍もいいとこ。

 

一体、どうしたらタイヤが横を向くの?

ステアリングを切る角度に限度があるとか、横に動く全方位タイヤを作るにはコストがかかり過ぎるとか、

そんな専門的な話は置いておき、トラさんちゃんと帰ってこれるかしら、また変装でもして戻ってくるかな。

 

助っ人来たらず、か。

いーか、よく聞くんだぞ、エビの前後運動とカニの左右運動を合わせたら、無双の甲殻類になる。

生を受けた者、目標をそこに置くのが正しい進化だろう。

電気自動車とか燃料電池とか自動運転の派手な研究開発の前に、横歩きする車ができれば庶民は嬉しい、それこそ未来の車。


勘違いするなよ、俺は別に走行中に横動きをしろ、と言っている訳じゃない。

縦列駐車やパーキングの時だけ、ゆっくりなカニ歩きができればいい。

スーツケースと同じ動き方しかできない自動車は無機質、所詮は血が通っていないのか。

 

それを言っちゃおしまいよ。

タイヤが180度動くのが難しければ、アンダーボディとアッパーボディだけが90度回転すればいい。

製造コストが初期に高かったのはハイブリッドシステムも同じ。

まずは造って世に浸透させていけば5年10年でコストダウンは叶う。

 

古くからのテーマなのに、今の技術力をしても叶わない遠い夢。

いいや、先端技術を装ったほうが世間から「いいね」が貰えるし、金も稼げるから優先させるだけ。

結構毛だらけ猫灰だらけ!

地味な横歩きには投資したがらない、狭い呑み屋には未来の車は入ってこれない。やはり、助っ人来たらず、か。

 

 

横歩きする未来の車2.jpg横歩きする未来の車2.jpg

 


でもトラさんは夜半にフラっと帰ってきた。

お金持っていないはずなのに、どこかの課長さんにでも奢ってもらったのかしら?

機嫌を損ねたらしく、翌朝にはもういつもの革トランクを片手に持って出ていこうとする。


「さくら、長い間世話になったな、旅にでるよ」

トラさん、どこ行くの?

「カニはいつも横歩きじゃなくて、縦に歩く種もいる、タラバガニとか。

何を言いたいかって、実は横歩きできる未来の車が走っている場所があるんじゃないかって。

旅立ってくるよ、そんな未来の車へ」


トラさんの空想って、もうどうしようもない。

どうしてそんな瘋癲なのかな、決まりきった現実にも筋があるのに


「達者でいてくれ、あばよ」

そして、トラさんが片手を上げる。

私の説得は聞いてくれないから、どこかのヒロインが偶然に店先に歩いてくることを願ってみる。

 

願ってみるけど、そんな瞬間の奇跡は起きるのかな、未来の車は横歩きするのかな、ドラマでもないのに。

 



Reservoir

Reservoir、名もない地方の人口池。

そう書いていて、自分の失礼に気が付いた、名はあるよね、有名ではないだけ。

 

 

Reservoir1.jpg

 

 

僕にとってはこの街で三指に入るサンセットスポットだな、Reservoir。

海のない州では、池や川の水景を愛おしむことになるが、Reservoirは条件をだいぶ満たしている。

欲を入れば、夕陽の角度がもう20度もずれてくれればいい、これは季節が解決してくれるか。

 

 

Reservoir2.jpg

 

 

落陽を見ている人、ランニングしている人に雑じって三脚を構える僕、夜景撮影+PLフィルターが活躍するReservoir。

特にReservoir Number 2&3が大好き。

 

 

Reservoir3.jpg

 

 

いつかは記憶に埋もれてしまうようなReservoir、詩的日記に残して温めておこう。

 



コストコオープン基準

東西に走るアメリカのフリーウェイを眺めて、どこにコストコがあるかを見れば一目瞭然だよ」


コストコ名人を自称するケンは、そう語ってわたしにボールを投げた。
受け取ってしまったそのボールを早く手放そうと、まずはグーグルマップでコストコを検索する。
どこにしようか、そうだ、コストコ発祥の地・ワシントン州までにしよう。

 

こう見ると、地方大都市にひとつずつ配置されたアメリカのコストコ店舗
何もない大地が続いたと思ったら、特定の都市に人口が集中し、またちょっと郊外に出ると急に人が少なくなる。

それがアメリカのコストコのオープン基準なの?

 

 

(アメリカ・ワシントン州にあるコストコ位置図)

 


都市圏は砂漠の中のオアシス。
その都市圏にぴったりと張り付くのがコストコ、見事な場所取りと褒めたくなる。
合理的なのだ、ちゃんと一定のマーケティングがされているのがコストコだろう。

 

「さて、日本ではどうかな。そうだな、東京から名古屋までの東海道沿いはどう?」
意図的に場所を決めているようには思えないケンの声色。
それなら思い込みを排除して東海道沿いのコストコをチェックしてみようじゃない。

 

 

(日本・東海道にあるコストコ位置図)

 


そうだろうとはうすうす感じていたけど、アメリカのコストコ出店パターンは、日本のものとは異なっていた。
国土が狭い上に、居住できる平地割合の少ない日本では、街は連続している。
街・町・街・街・町・町 と続くのが日本だとすれば、
野・村・野・町・野・街 と続くのがアメリカ。


アメリカは街にコストコが出店しているが、日本には街ですらコストコが出店しているとは限らない。
街の格でも、コストコ岡崎市だって、コストコ守山区だって、コストコ鹿沼だって当確ではない。

日本のコストコのオープン基準が分からなくなってきた。


「それって何故だろう、ケン?」
疑問は詳しい人に聞くのが良いと思ったから、隣でコストコのディナーロールをおいしい、おいしい、

と言って食べているケンに質問してみた。


「日本では食料品が近所のスーパーで毎日手軽に買える。鮮度を重視する国民性じゃない?」
逆質問されて、わたしはちょっとカチンときた。
生活様式が異なるのは分かっている。


いちいち細かく、サービス過剰なのが日本の善し悪し
本当は毎日しなくてもいいよね、買い物だって。
あれも日本特有の過剰サービスのひとつだろうか。


家庭から主婦が求められる過剰サービスってことね。
無意識のうちに、家にもコンビニのようなサービスを求めている?

 

 

 


「きっついな、アメリカはコストコで、日本はコンビニか」
吹き出したケンの手には、「2019年コストコ守山区オープンか?」と書かれたニュースペーパーが。


私はこう言いたいよ、極端過ぎて笑われるとしても。
細やかなコンビニサービスの対極にあるのが、ラフなコストコサービス。
日本で流行っているものと、アメリカで流行っているもの。


皮肉たっぷりに言えば、アメリカで定着しえないものと、日本で永続しないだろうもの。
コンビニ全盛期の日本に、真っ向から反抗するかたちで乗り込んできたのがコストコ。

 


コストコの中に、コンビニをつくってみたらどうかな、ケン!」
ありったけの元気を込めて、躊躇をせずに一太刀目に全てをかけて斬り下げる。
どうにかして日米を融和させようと、わたしなりのアイディア。


「冗談のような考え方だね!でも、これからはそんなのも不自然じゃない」
そう言って笑ってくれたケン、オープンなコストコトークには楽しみがあるの

 



【求ム!】トレイルランニング専用カメラ

ニコンからのミラーレスカメラを待望、熱望している。
ただし用途にマニアックなところがあって、トレイルランニング中の持参。

 

願わくば、小型軽量のミラーレスを、CXフォーマットを超えてDXフォーマット以上で。
高価なフルサイズ・ミラーレスはちょっと避けたい。
山野を走って視界が開けたその先で、一石二鳥なカメラマンにもなりたいのだ。


FXフォーマットまでは求めないが、コンパクトデジカメではどーしてもダメなんです。
iphoneのカメラも認めているけど、どーしてもダメなんです。
そこそこの画質、小型、軽量、頑丈、それをバランス良く満たしてくれるもの。
カメラマンでいたいから、カメラマンでもいたいから。

 

 

 

 

NIKON 1のV3に、ナノ・クリスタルコートの単焦点レンズ 1 NIKKOR 32mmを愛用している。
NIKON DLシリーズこそが求めるものだと想いを馳せた2年前、販売中止に心を痛めた。
あれこそが求めるもの、DL18-50 f/1.8-2.8と一緒にあちこちを走るイメージをしていた。

 

その夢の続きをNIKON Zシリーズに託せる?
いいや、ターゲットの異なりが大きくて、トレランにはもったいない逸材。
さすがに35万円相当のZ6/NIKKOR Z 35mm F1.8Sを腰に山道を走るのは忍びない。


ビジネスとしては高級カメラ路線に絞らないとダメなのは理解できるから、DLシリーズに近いものは今後も見込めないだろう。

すると僕のトレイルランニングのお供は、自然とニコンのカメラから逸れていく。


D90→D800→D850、J1→V3、と愛用してきたニコンからの別離?
メイン機はD850→いずれはZシリーズ、サブ機はNIKON 1→他社のミラーレス?

 

 

いいや、本当はトレイルランニング用のカメラにメーカーは関係ないんだ。
ニコン縛りは自分だけの不思議ルール。
画質が良くて持ち運びがスマートならば、僕は悪魔にも天使にも魂を売ろう。
そんなことよりも、写真撮影を楽しむこと。

 

トレラン専用カメラで揺れ動く僕の心の内。
ニコン以外のミラーレスではトレランには何がフィットするのかな?と禁断の一歩。


もう止められない流れ。
心の壁を突き抜けた時、僕のトレランカメラはもっと自由になる。

 





© 2006 - Ken Box