ウェストバージニア州会議事堂 ランニング

夏のチャールストン、ウェストバージニア州会議事堂一帯をランニング。

 

 

ウェストバージニア州会議事堂1.jpg

 

 

昨冬にカノーワ川沿いを走って以来、夏にお会いするのは初めてね、チャールストン

 

 

ウェストバージニア州会議事堂2.jpg

 

 

緑と花の量が増えていたけど、後はあまり様相に変化がないカノーワ沿い、夏なのに涼しくて心地よく。

 

 

ウェストバージニア州会議事堂3.jpg

 

 

人口5万人しかいないチャールストン、その市内を走る日本人なんて僕ぐらいのものだろうか。

 

 

ウェストバージニア州会議事堂4.jpg

 

 

金ピカのアイツ・ウェストバージニア州会議事堂の周辺の公園を何周も走った。

 

 

ウェストバージニア州会議事堂5.jpg

 

 

みなさん、短い夏を楽しんでいる様子、のんびりとした平和な時間がそこにあった。

 

 

ウェストバージニア州会議事堂7.jpg

 

 

銅像に興味を示さなかったが、よく見るとあのアブラハム・リンカーン氏の銅像だ。

 

 

ウェストバージニア州会議事堂6.jpg

 

 

僕のこの夏の宿題、カノーワ川沿いを走ること。それを叶えて満足した今日のRUNでした。

 

 



ランニング チャールストン ウェストバージニア州

ウェストバージニア州議事堂からカノーワ川沿いをランニング。

チャールストンがどんな街なのかが知りたい。


ランニング_チャールストン1.jpg


その街の呼吸・佇まいを知るには市内をランニングするのが一番。

車のスピードでは速すぎて、歩くのもちと時間がかかる。


ランニング_チャールストン2.jpg


治安の具合が分からないから、恐る恐るカノーワ川沿いをダウンタウン近辺まで進む。

64号が通る橋まで走ったが、僕以外にも走っている人、歩いている人もいるし大丈夫だ。


ランニング_チャールストン3.jpg


チャールストン・タウンセンターモール近辺からリーストリート、ワシントンストリートあたりをぐるぐる走る。


ランニング_チャールストン4.jpg


どこも古さがあるから敬遠しがちだが、どこでも白人が歩いているし、昼間は治安の心配はない街だ。


ランニング_チャールストン5.jpg


アメリカのインフラの古さには定評(嫌味ね)があるが、チャールストンもウェストバージニア州都ながら老朽化が著しい。

日本のように街を再構築するという発想・文化がないのだろうから、それは仕方のないこと。


ランニング_チャールストン6.jpg


次は初夏の爽やかな川風を受けながら、カノーワ川沿いをランニングしたいな。

真冬とは違う景色が開けるのでしょう。
 





© 2006 - Ken Box