パスポート番号 海外発行

信じられないものを目にした。

TEから始まる番号のパスポートなのに、なんと海外発行。

TZじゃないのに、海外発行のパスポートもあったんだ。

そのパスポートに目をやると発行地にLONDONとある。

この前、tokoにTZ/MZのパスポート発行地のことを話したばかりなのに、

そのルールから飛び出しているものがあるなんて。

ロンドン発行のTEを見つけてからわたしは色々調べて見た。

するとどうやら例外はロンドンのTEだけだということが分かってきた。

他のエージェントの知りたいに聞くと知っている人もいれば、まったく知らない人もいる。

現在存在するその例外のパスポートなんてすごく希らしい。

 

 

パスポート写真3.jpgパスポート写真3.jpg

 


まとめよう。

今は違うよ、でも2000年前後にロンドンの日本大使館で発行されたパスポートが

TEから始まる番号のものがあって、しかももうTEパスポートは失効しているものなのに、

2010年ぐらいまで有効なパスポートがある。

大半は機械読み取り式パスポートだからアメリカ入国も問題ないけど、

逐一見てゆかないと読み取り式かどうかは分からない。

TEで始まって有効なパスポートはロンドン発行なんだろうってことも

疑ってかからないといけないようなのだ。

――さぁ、このことをどうやってtokoに説明しよう。

別に悪びれることもないけど、先輩の見栄っていうか、やっぱり今知った、とは言えないもんね。

昔から知っていたような話にどうやってもってゆこうかな。

 



アメリカビザ種類

B1よりも H1Bが上で、

H1Bよりも L1が上で、

L1よりも Blanket L1が上で、

Blanket L1よりも E2が上で、

E2よりも E1が上?


マックスウェル弁護士はよくそんな笑い話をする。

アメリカビザセミナーで、企業担当者連絡会で、もう何度口にしただろう。

この話が飲み込めればビザの世界もよく理解できるんだ、と言っていた。

 

人の上に人なく、人の下に人なし。

そんな当たり前の考えを当てはめてみると分かりやすい。

ビザの世界はステータスじゃない。

どんなバックグラウンドを持って、どんな目的のために

アメリカに住んでいるのかを示すのがアメリカVISAのカテゴリーだよ。

アメリカで仕事なんかしたくないのに、就労ビザを取る人がいるか?

どうせ最長7年で本国に帰ってしまう企業内転勤者L1 workerと、

片道キップで退路を断ちながら働くH1B workerのどちらが一体本当に仕事をするのか?

 

 

アメリカビザ写真3.jpg

 


E1とE2は親企業の業務内容で大使館が勝手に決め付けたカテゴリーだけど、

2より1が良いなんてイメージの根拠は何?1万円と2万円はどっちが得だい?

怖いのは偏見と勝手な空想だよ。

噛み砕くように言うマックスウェル弁護士の表情がニコニコ笑っているから誰もが妄想、

自分の思い込みの愚かさに気付いてくれるんだ。


動物の世界でもクマ、シカ、ネズミ、

それぞれが生態系におけるそれぞれの役を担って生きている。

クマは生態系の頂点に立つけど一番偉いわけじゃない。

一見派手に見えるけど、土を、緑を育てているのは

もっともっと小さな微生物の力によるところが大きいんだ。

少し話がずれちゃったけど、アメリカビザの世界も同じで

カテゴリーでの優劣なんて有り得ない。


じゃぁ質問だよ!

ホオジロザメとジンベイザメはどっちが偉い?

L1ビザとE1ビザはどっちが偉い?

そこまで話した後で子供のようなイタズラな顔をしてみんなに聞く

マックスウェル弁護士のこと、なんて優しい人なんだ、と思った。

優しい?そう、優しいんだ。

無知による認識違いを分かりやすく解いてあげる、それはやっぱり優しい行為だよ。


「ケン、君のところでは駐在員がE2よりE1が良いと思い込んでいた、

という事例があると言っていたね?」

急にマックスウェル弁護士がわたしに話を振ってきたから、

少し動じつつもわたしも話を合わせようと焦った。


「そう、そうなんです。E1駐在員が他拠点のE2駐在員にビザシールを見せてE1の方が上!

なんて言っていたシーンを目にしたことがあります」

そう言うと周りの参加者たちがかすかに笑う素振りをみせた。

これだね、この反応だよ。

マックスウェル弁護士の顔を覗くと、「Ken, good job !」と言いたそうなスマイルが

こっちを向いていて、なんだか面白いセッションができたな、と我ながらおかしかった。

 



アメリカビザ 延長申請

「ギリギリのルールだよ、一応表面上の理屈は通っているけど、

モラルというか、フェアというか、サービスの面では明らかに問題がある」

そう言ってケンがあまり歓迎していなかったアメリカ国内でのビザ延長申請のこと、

わたしなりに調べてみた。


アメリカビザ自体の延長申請は現在アメリカ国内ではできないけど、

アメリカ国外の米国大使館・領事館ではできる。

推奨されているのは母国でのビザ申請だけど、

アメリカ国境線沿いの大使館や領事館、例えばカナダやメキシコでも申請は可能なの。


それと、これは以前にケンによく説明してもらったので理解しているんだけど、

アメリカビザのルールでいえば、ビザの有効期限と滞在可能な期限は異なる。

ビザは入国時に有効であればよくて、一端アメリカに入ってしまったら、

I−94(入国カード)に手書きで書かれた日付までが合法的な滞在可能期限で、

アメリカ国内でもI−94の延長申請はできる。

ビザは失効してもアメリカ国外に出ない限り

I−94さえ延長していれば不法滞在にはならない。

だから問題ないみたい。アメリカ国内でビザ延長できなくても、最悪は問題ないよ。

 

 

アメリカビザ写真6.jpg

 

 

「でもねtoko、よく考えてみようよ」

わたしが覚えた限りのことを口にするとケンは残念そうな表情でこう返してきた。

「それにtokoが今言った通り、理論的にはちゃんと説明がつくね。

昔はアメリカ国内でも延長申請ができたんだけど、まぁ2ヶ月も3ヶ月もかかっていた」

ケンはちらりと視線を落として、

「今後は国外で申請してくれと言われたのはちょうどアメリカビザ制度変更の真っ只中で、

本面接時の指紋スキャニングが導入された2004年だよ。

アメリカ国内ではその設備がないから延長申請はできない、と説明を受けた。

だからといって、I-94さえ延長すればいい、という話にどうして結び付けられるのか、

僕にはどうも納得がゆかないんだ」

と言った。


「アメリカを出たら一週間ぐらいかけてビザ申請をして

新しいビザシールを受け取らないといけない。

それは時間がある人はいいよ。でも忙しいビジネスマンに本国に戻った時に

わざわざ大使館まで出向く時間、一週間もの時間を捻出させるのは酷であると思うよ。

やっぱり、他の方法はあるべきだと思う。

アメリカ国内での延長申請という選択肢も残すのが人道的だと思うんだ。

それはね、自分がアメリカという外国に住んでいる一外国人だ、

という意識がきちんとある人にとっては難なく受け入れられる話かもしれない。

そのくらいの工数がかかっても海外に住むためには当たり前のことだとも言えるけどね」


「ケン、他の国ではどうなの?」

「どこも国内延長はできるよ。

一部の発展途上国では申請に時間がかかり過ぎたり、

賄賂をせびられたり、短いビザしか出してもらえなかったりすることもあるから

日本に帰ってきて申請するところもある。でもそれはごく一部だ。

標準は自国内でできるんだよ。

国内にいる限りはI-94さえ延長しておければいい、という話は

ギリギリの薄氷というか、最低限のラインだね。

税金を払う非移民者、アメリカで生活をしている人に対しては

その扱いは弱すぎると僕は思うんだ。

もっと選択肢があってもいい。もっと厚くカバーする方法があってもいい。

このルールには大反対というわけではないけど、いつ思い返してみても

この国内延長のことは残念なルールだなぁ。やっぱり悲しいことだよ」


そう言って目を逸らすケンの背中はすっかり丸まっていて、

わたしは「改善を求める人の声が集まれば時間の問題でまた変わってゆくよ!」と

励ましてあげたかったけど、どうやら今は声をかけてあげられないみたいに思えた。

 



アメリカビザ面接 体験談

「アメリカ大使館でのビザ面接、今無事終わりましたので

これからそちらに領収書をお持ちしてもいいですか?」

もちろん断る理由なんてないですよ。面接の様子も聞きたかったし。

「はい、いつでもお待ちしています」

そう告げて電話を切る。

このお客さんは偶然ケンがいない時ばかり電話をかけてきたから、

わたしが担当みたくなって案内していた。今面接が終わって、

その足でLビザの追加代金500ドルの領収書を持ってきてくれるとのことだった。

 

しばらくしてそのお客さんはカウンターに姿を見せた。レシートを受け取り、

「面接はいかがでしたか?」と聞くとそのお客さんは笑いながらこう言った。

「いや、事前にtokoさんに聞いていたとおり、あっという間でしたよ。

質問は名前と会社名と何年勤めているのか、っていうことだけでしたね。

あとは指紋をスキャンして終わり」


「やっぱりそうですか。どのぐらいお待ちになりましたか?」

「トータルで1時間ぐらいでしたね。

まぁ朝早かったので列ができていることもなかったからですかね。

正直、がっかりでしたよ。もっと面接らしい面接を期待していたんですけど・・・」

笑いながら話してくれるからまだいいものの、

やはりそれが誰もが思う感想なんだな、って思った。


「そうですよね。みなさんそうおっしゃいますから」

「言いたいのはただ一言、時間がもったいない、っていうことですよ。

別にtokoさんに言っているわけではないですけど、

やっぱりこういう内容の面接をするぐらいなら、面接のための移動時間とか

拘束時間のほうがよっぽど問題で、内容のある面接ならまぁ納得もできるけど、

名前を聞かれるぐらいだけじゃ腑に落ちないっていうか

時間の神様に怒られてしまう、っていう感じですかね。

面接に使ったこの半日があれば結構な仕事がこなせてますから。

いえ、これはただの愚痴ですから聞き流してください」

 

 

アメリカビザ写真7.jpg

 


「えぇ、半日仕事ですもんね、ビザ面接だけで」

「ある意味、いよいよ外国で住むんだな、っていうことをわたしは実感しましたよ。

日本だけにいたら分からないですけど、

大使館の中はもう完全なアメリカでしたからね。

なんて言うんでしょう、異国人同士が理解し合うのには

こんなにも時間と工数がかかるんだな、

って思いました。だから結局は面接も仕方ないことかもしれませんね」

この方は部長さんで、きっとお子さんの学校の都合があって家族を残して

単身赴任される方だったのを思い出した。

わたしみたいな子供とは違うのかな、大人の理解がある方だと思った。


「異国人同士の理解、そうかもしれません。

日本の役所で何か書類の手続きをする感覚で

ビザ面接を考えていたら、やはり違いますよね。

外国人同士の相互理解のためですから、

こんな一見無駄な工数もかかっても仕方ないかもしれません」

「そうですね。でも、ひょっとすると100年、いや50年後の人たちからすれば

全員の本人面接なんて冗談みたいで笑われてしまうかもしれませんよ。

いや、僕が世界を甘く見すぎているのかな?

それともこの程度の時間を取れないぐらい

会社の仕事ばっかりしている日本人が

働きすぎってことかな?あははは」


そう言ってお客さんは帰っていった。そのことを後でケンに話すと、

彼はにっこりと笑ってこう話してくれた。

「それは誰もが思う率直な感想だね。

たまにテレビでやっている昔の不思議な習慣とかがあるよね、

ああいうのも今からじゃまったく想像できないけど、

当時は当時でやっぱり必死だったんだよ。

今僕たちが抱えているビザの問題も、そのお客さんのおっしゃる通り、

時代が変われば笑い飛ばされてしまうことなのかもしれない」

「ホント!こんなの未来ではナンセンスになってるかもね。

いいえ、ナンセンスになっていて欲しい」


「toko、僕のいつも言う言葉を覚えているね?」

にやりと笑ってケンがそう振ってきた。もちろんよ、あれでしょ、あれ。

「“願うのは世界平和とビザの簡素化”、でしょ。分かってますって」

「そうだよ、この仕事をしているとそのことが本当に大切だって分かってくる。

すぐにとはいかないけど、世界がその方向を向くことを願っているよ」

穏やかな顔つきでケンがそう言う。ビザの世界の差別や不平等が

身に染みて分かっているケンだからこそ、その痛みがはっきりと感じられるのだろうか。

それからも、このお客さんの言葉やケンのことを思い出すと

世界平和を祈る気持ちに深みが出てきたと自分でも思った。


こんな気持ちを世界中の人たちに分け与えられたら世界は変わるかな?

いいえそんな想像こそ、世界を甘く見ているわたしの妄想なのかもしれない。

貧困があり、宗教があり、人種や歴史の複雑な問題があり、

世界中の問題は容易に解決できないのだろう。

でもまずは自分のできる現実的なこと、偏見や差別をせずに

世の中を見れるように努力しよう、そうわたしは改めて思った。

 





© 2006 - Ken Box