豊田市 コストコ

「来やすくなるね、豊田市コストコ。新東名の浜松いなさ〜豊田東が開通したお陰で

 

そんな安直なコメントをいただく機会が増えてきた。

交通網さえ滑らかになれば、行きかう旅人が増え、豊田市コストコの出店計画が有利に動く


誰もが思いつきそうなアイディアはいつだって正解には成り得ない。

この新東名話も、豊田市コストコのオープンを促すパーツとまでは言い切れないよ。

 

 

 

 

愛知県豊田市にコストコを誘致したい君の想いは分かる。

ダブルラインの高速道路によって物資の流通は楽に、車と人の動きは太く。

そんな豊田東ジャンクション近辺に豊田市コストコを開店させれば、派手な宣伝効果は得られるだろう。


ただし、運営コストを軽くすることに並々ならない情熱をかけるあの人だ、

これから東海道流通網のメインロードになる新東名をどう見るのだろう。


こういう説は成り立たないか。

新しい新東名は誰もが通りたがるから、周辺の賃料・コストが上がらないか。

旧東名こそ、これからは黙っていたら落ちぶれる一方、キャンペーン価格で誘致する動きが予測できる。

ならばあえて旧東名に豊田市コストコを手招きするビジネスプランこそが、中長期視点で見れば福がないか


新東名ができたからこそ、旧東名に豊田市コストコが産声を上げる。

そんな夢想が、霧で煙る湖面の向こうに見えてきたから、私は小さな歓声を止められなかった。

 



イオンモール三好

イオンモール三好の拡張計画は、白黒のオセロゲームのように。

 

2000年のグランドオープンからジャスコ三好として、西三河の雄として人気を博してきた。

立地条件が最高で、これより東は自動車産業の領土だから、

物流の邪魔になるショッピングモールは建てられない。

イオンモール三好とイオンモール岡崎が双璧になり、西三河地方をギュッ、と集客だ。

 

ただし、オープンから13年も経てばさすがに古さが見えてくる。

同じイオンモールでも、ナゴヤドーム前やmozoワンダーシティや大高や長久手イオンと比べれば差は歴然。

加えて、ららぽーと東郷アリオ赤池の出店計画が現実味を帯びてきた中、

イオンモール三好の存在感は低下を避けられない。

 

 

 

 

「みよジャ(三好ジャスコ)」の復権を望む声は多い。

商業施設面積40,000m2と2,500台の常設駐車場は手狭ではないし、周辺には再拡張できる土地だってある。

 

本格的な危機は2020年のららぽーと東郷のオープン直後にやってくる、と誰にも予想がつく。

みよし市や日進市という中間富裕層が多い地区の顧客を、イオンモールがそのまま放置するわけがない。

僕の予想はこうなる、「イオンモール三好は2020年から1年間、再拡張・全面リニューアルのために休業します」。


名古屋市内のイオンモールとイオンモール三好で挟撃することで、

中間地点にあるスーパーマーケットに買ってきた戦略。

イオンモール三好が古くなってきたことを隙と見たのか、

その中間点に勝負を仕掛けてきたららぽーと東郷やアリオ赤池。


だがね、白黒のオセロゲームのように、イオンモール三好の拡張計画で

もう一度、イオンモールが勢力を拡大するよ。

それは2021年になるのかな、イオンモール三好の再拡張・全面リニューアルはまだ少し先のこと。

勝ち⇒負け⇒勝ちのオセロゲームは繰り返されていく。

 





© 2006 - Ken Box