3歳6か月

突然、嬉しいことを言い出す。

「だいすき、しあわせ」と言ってハグをしてきた。一緒に起きた週末の朝のこと。

何があったのかが分からない、意味を理解して言っているようにも思えない。

そんな優しい言葉ばかりかけてくれる毎日ではありません。

そのすぐ後にはパパのことを邪険にしたりする。不思議な生き物、見ているだけで面白いのです。





ハピネスチャージプリキュアのショーが大好きなのに、

待望の記念写真には恥ずかしがって固まってしまう、これも不思議のひとつ。
 

3歳5か月

3歳5か月の変化、またパパと一緒にネンネしてくれるようになった。

もうママと一緒じゃなきゃネンネしないかと思って寂しくしていると、気まぐれにパパと一緒が良い、と。

キュアプリンセス好きはますます深みに。

「レイナはキュアプリンセスが一番好き、パパはキュアフォーチュン、ママはキュアハニーが一番好き」

と毎日のように言っている、お洋服から食べ物からお菓子まで、キュアプリンセスのキャラクターがあれば興味津々。


3.5baby.jpg


ある時、アンパンマンで遊んでいたら「や・な・せ」と言った。

「ん?」と思ってアンパンマンを見たら、ひらがなで書いてある「やなせ」を読んだと気づいた。

ひらがなが読めるのか!


いつまでも子供だと思っていたのに、いつの間にか成長している。

これからもこんなことの連続なのだろうね。
 

3歳4か月

3歳4か月の早い移り変わりを書き留める。

ある日、プリキュアのパズルを一人で完璧にやっていたのを見て驚いた。

絵を見ているのではなく、ピースの形を記憶してパズルを完成させている。

それはもう僕の記憶力ではできないレベル。


3.4reina_1.jpg


添い寝をしないと寝てくれなかったのに、ある時から「一人でネンネする!」と言って静かに寝ている。

喜んだのも束の間、その後ではやっぱり添い寝が良いみたいで、「お手てつないでネンネしよう」。

温かい手、小さい手と握手しながら暗闇で天井を見ていると、そのうち寝息が聞こえてくる。


3.4reina_2.jpg


七五三で着物を着て家族写真、挙母神社にお詣りをしてきた。

ジージとバーバも来てくれて、ますますご機嫌だったレイナちゃん。

よくぞ3歳まで順調に成長してくれました、あなた中心の生活、レイナがいない毎日は考えられません。

パパにべったりなのは3歳までと諦めていたけど、もう少し、パパのことが好きでいてくれるようだ。

良く撮れた写真はいくつかありますが、この詩的日記ではあえて顔が分かりにくい写真を載せます。
 

3歳3か月

来春から幼稚園への入園が決まったレイナちゃん@3歳3か月、ちゃんと集団生活できるかな。

習い事のバレエの練習を見に行ったら、あんなに小さいのに周りの子を見ながら同じようにレッスンしていて、

びっくりというか、人間の習性は凄いと思った、集団行動は遺伝子に組み込まれているのね。


runbaby.jpg


お飯事が何より大好き、各務原イオンのキドキドに行ったらキッチンで大はしゃぎ。

初回は2時間40分もつき合わされて大変疲れました。

アンパンミュージアムよりもディズニーランドよりも好きな場所、キドキド。


kidkid.jpg


恥ずかしさを覚えたのでしょう、テレビでダンスが始まると遠くの方でマネしながら踊っている。

パパに見つかると何だか恥ずかしそうな素振り。

日々観察して、変化を見逃さず、書き留めておこう。

3歳2か月

会話が成り立つときがある。

「いい?○○だから、○○するんだよ」と静かに諭すと、「分かった」と言って大人しくしている。

分かった、なんて言うなんて!知能をもった人間みたいに、あの赤ちゃんだったレイナが。


wakatta-reina.jpg


夜泣きがヒドい、夜中に目覚めてしまったとき、ママを呼んで止まらない。

ハロウィン飾りをしたお家の階段で微笑む様は、どんなモデルさんよりも素敵。

3歳2か月、これまでのように、天使と悪魔が混在する。
 

 


<ご紹介>私の最高品質ページ

  • 1.人生ベスト写真4枚 / 2.2017年写真ベスト / 3.インスタグラム





  • © 2006 - Ken Box