僕にできる最高のGift

「陽気な奴でも聴こうよ」

 

どこからか、御手洗潔の声が聞こえた。

 

最終出社日を前にして、やるせない想いを振りほどこうと公園を走る。

 

「陽気な奴」は布袋寅泰の「COME RAIN, COME SHINE」にした。

 


最近の身体コントロールの成果がとても出ていた日。

 

気持ちの高ぶりが後押しして、「COME RAIN, COME SHINE」とずっと唱えながら

 

心地良いペースでCrazyのように走り続けることができた。最近ではBest Runだ。

 

君に光あれ! そして僕も陽気に行こうよ!

 

 

僕ができる最高のGift2.jpg

 

 

また勇気を出して美人撮影に誘ったら受けてくれてありがとう。

 

光を読みながら、なんとかピントを合わせて撮ったカフェ。

 

その一瞬の美しさは僕のもの。胸を湿らす画が撮れた。

 


キーンランド並木での初撮影を忘れない。

 

心が震える嬉しさってなかなかないよ。

 

編集して出来栄えに納得がいく一枚を目にした時の感動、僕は思わず「嬉しい」と呟いた。

 

「嬉しくて、嬉しくて、言葉にできない」って歌詞の通り。

 

うだうだ悩んで写真を言い出せなかった自分が馬鹿みたい。

 

 

僕ができる最高のGift1.jpg

 


あなたのお陰でバーボンが飲めるようになった気がする、遠ざかる悪夢を隠すために。

 

美しい物語を書けたみたいで、こんなに嬉しいことはない。

 

去り行く同僚へ、僕にできる最高のGift。

 

シンシナティ夜景写真

オハイオ川、シンシナティの高層ビル街、夏の夕暮れ。

 

この3つを重ねて撮れば美しいと、直感的に分かっていたよね。

 

要はそのタイミングに合わせてその場所にいれば、僕の写真の企画勝ちは決まっていた。

 

 

シンシナティ夜景写真2.jpg

 

 

幸運にもこの夜はLabor Day(アメリカの祝日)の花火イベントで、川沿いに大勢の人!

 

闇に一人は治安が不安だったがそれは解消、そしてクルーズボートがたくさん出ていて絵になっている。

 

 

シンシナティ夜景写真3.jpg

 

 

28mm f/1.4Eで撮る初めての本気夜景、この画角は新鮮ね、58mmでずっと過ごしてきた僕には。

 

しかしNIKONの最新本物レンズの描写力はものすごい、特に↑の2枚。

 

 

シンシナティ夜景写真1.jpg

 

 

落陽はジョン・A・ローブリング橋の彼方へ、ダウンタウンの方向はかすらないのが残念。

 

しかし何て美しい景色だったことか、しみじみと噛み締めて長秒露光に挑んでいた。

 

 

シンシナティ夜景写真4.jpg

 

 

水面に浮かび上がる摩天楼の影を愛して止まない。

 

 

シンシナティ夜景写真5.jpg

 

 

オハイオ州・シンシナティの夜景写真、撮影場所はケンタッキー州側のジョージ・ロジャース・クラーク・パーク。

 

最高品質の本気撮り、また素敵な思い出が増えた。

 

デイトン ランニング

オハイオ州デイトンという15万人都市をランニング。

 

 

デイトン_オハイオ1.jpg

 

 

工業都市として栄えたデイトン、昨今は周辺に産業が移り、空洞化が激しいと聞いていた。

 

 

デイトン_オハイオ3.jpg

 

 

実際に訪れてみると、まさにその通り。

 

街の箱自体は大きいのだが、人口や経済のドーナツ化が著しい。

 

 

デイトン_オハイオ5.jpg

 

 

ダウンタウンの雰囲気は良くなく、デトロイトやアトランタほどでもないが、治安に不安を感じる。

 

偶然かもしれないが、ダウンタウン中心部のバス停でたむろしてバスケットボールで遊ぶ子供たち。

 

 

デイトン_オハイオ4.jpg

 

 

平日は商業活動で一定の賑わいがあるのだろうが、土曜日の今日は街に音と色がない。

 

雰囲気の悪さにもめげず、RUNでデイトンの街中をパトロールする僕。

 

独り言を大声でつぶやいている人、やる気無く歩いている人、「治安良くないフラグ」が立ちまくり。

 

 

デイトン_オハイオ2.jpg

 

 

早々に切り上げて、ダウンタウンを一望できるディーズ・パーク・ドライブへ。

 

マイアミ川の向こうにデイトンのビル群が見える素敵な場所。

 

なんという強運か、放水の時間に遭遇して、フォトジェニックなシーンになった。

 

コロンバス ランニング

都市をランニングする企画の続き、オハイオ州コロンバスをRUN。

 

人口80万、オハイオの州都であり、全米でも15番目に大きな都市。

 

 

コロンバス_オハイオ5.jpg

 

 

一言で言うと、感じの良い都会だった。

 

街中を走り始めると、大都会の気配を察知する。

 

 

コロンバス_オハイオ6.jpg

 

 

高いビル、広い道路、数多い車、お店と看板がいっぱい。それだけだが他の街では感じなかったもの。

 

 

コロンバス_オハイオ7.jpg

 

 

ダウンタウンの中心部にまだ活気が残っていて、ドーナツ化した様子はさほど感じない。

 

治安に心配を覚えることもなく、ヤバそうな人はもちろんいたけど

 

サングラスをかけて街を疾走するアジア人のStrangerには害はない。

 

 

コロンバス_オハイオ4.jpg

 

 

キャピトルスクエアを周回するところ、カソリック教会の色使いが素敵だった。

 

 

コロンバス_オハイオ8.jpg

 


ダウンタウンの南にジャーマンビレッジがある。オハイオはドイツ系が多い場所だからね。

 

 

コロンバス_オハイオ1.jpg

 

 

偶然出会ったThe Book Loft of German Villageのガーデンが素晴らしかった。

 

 

コロンバス_オハイオ3.jpg

 

 

RUN中に持っていたNIKON 1では満足できず、走り終わった後で再訪してFull Sizeカメラで本気撮り。

 

 

コロンバス_オハイオ2.jpg

 

 

サイオート・オーデュポン・メトロパークから見たコロンバスのビル群。


新しい街を走る悦び、贅沢な出逢いだった。

 

 





© 2006 - Ken Box