浮舟 源氏物語

浮舟――異質の女性、代理愛の媒体は何故登場してきたのかを考えるという僕の試み。

 

紫式部は、源氏物語を終焉させるためにこの浮舟という女性像を登場させたと言って過言ではない。

東国の受領の娘、しかも左近少将に婚約解消された浮舟という存在は

きらびやかな源氏物語のなかの貴族女性たちの中では際立って異質だ。

彼女の存在価値は風貌が大君に似ている、という一点だけであり、他での美点はない。

つまり、「侮られる女」である。

 

浮舟の自由奔放さは荒々しい東国の男たちの車に護られて橋を渡って登場するシーンから始まっている。

未知の女、しかし想いの大君に風貌が似ている存在は薫が大君への愛情を代理に重ね、

しかも身分の差は容易に浮舟を手に入れられることを意味していたのである。


その薫に囲われたと思ったら、薫に似せて夜這いしてきた薫本人ではないと知って

匂宮に肌を許し、その上で次第に匂宮に心を寄せてしまう。

その行動は彼女が「異質」であるから読者も最初は難なく受け入れてしまうが、

その「異質」の意味が次第に変わってゆく。

浮舟の女房がどちらか片方を選ばないといずれ大変なことになる、と言うがそれを浮舟は選べなかった。


どちらも選べない自分の存在を許せなくなって、

愛人という割合軽い身分の女としては貞操観がなくても許されるはずの立場であるのにもかかわらず、

中の君ら他の身分の高い女性たち以上に、二人の男性から愛されることの矛盾や罪悪を感じてゆき、

最後には宇治で自殺を図り、僧都たちに助けられて再登場したと思ったら尼になって

二度と男性と接点を持つことを拒む、という別の意味での「異質」になってしまう。

 

 

 


都合よく作られた女。光源氏の登場と台頭で華やかに花開いた性愛としての源氏物語が、

薫と匂宮という次世代の愛に満ち足りない主人公たちの時代でやや停滞気味になり、

しかしそこで父や兄など身近な男性の妻には手を出してはいけないという暗黙のルール、

当時の禁じ業を重ねた先にある愛の幻想という愛の形を見つけ出す。

 

薫のものである浮舟という女性を自分が手に入れることで、匂宮はその代理愛人を媒体して薫の存在を乗り越えようとした。

それは倒錯性に満ちた禁断の性の世界が愛情や感覚を盲目的に増幅し、

物語としての膨らみを一層かきたてるという歪んだ手法である。


つまり、浮舟は浮舟である必要はなかった。

別の「侮られる女」がいてその女が故大君に似ていればそちらにスイッチすることは可能だった。

薫が浮舟を自分のものにしたのもまた、大の君という理想の女性が亡くなってしまったことを受けての代理愛人である。

大の君を次に中の君を求めたのもやはり代理愛情であり、浮舟にいたってはさらにその代理そのものであろう。

 

せっかく手に入れた浮舟を薫はしっかり愛そうとはしていない。

匂宮と浮舟の関係を知ってやっと本気になるようだが、

それは匂宮との覇権争いの様相が濃く、浮舟個人に対しての愛情かどうかは分からない。

まるで手に入れてしまったところで彼の愛情は終わってしまったかのようだ。


匂宮もまた浮舟に対しては代理愛情、それは薫というライバルに対しての異型の愛情、

浮舟という媒体女性を通しての二人の覇権争い、自分が届かない薫という存在へのコンプレックスだったのだ。

匂宮の行動もまた、彼の意識だけだとは思えず、薫との因縁というものの中で出てきた産物であろう。

 

それもこれも物語を禁断の世界におとすことで隠避めいた美を演出しているのだ。

禁断の官能、代理の愛情。二人の男を目覚めさせ、周囲を落ち着かせて物語を終わらせるのが次の「異質」の浮舟である。

それまではただの田舎者であり、自分という存在を周囲に流されるままに生きてきた犠牲としての女・浮舟。

意識不明の後に生き返ってからは自分自身の意味を考えるようになり、

その生来の素直さ、心の弱さ、「異質さ」のゆえに、一変して全てを拒否する意思を持つようになったのだろう。


浮舟は大君が苦闘して至り得なかった心境に試行錯誤の末到達したが、この到達の意味は大きい。

源氏物語の享楽的な性愛の果てにいよいよそこへたどりつき、

それまでの全ての性愛を乗り越えてしまったかのような大きさがある。

一見するとやはりただの「異質」な女の一言で片付けてしまうものでもあるが、

源氏の君がしたような性愛のほうが物語の派手さはあるとしても、

著者としての紫式部は浮舟という女性の行動にこそ大きなメッセージを込めたのだろう。


欲望のはけ口としての女の人生と、最後にそれをすべて拒否して終わる浮舟の物語。

それは女性というものが欲望の媒体としてあつかわれがちだった時代に生きた紫式部の、

女性としての意地でもあったのだろうか。

 

今、お時間ありますか?

「今、お時間ありますか?」

会社の仕事中に、この言葉を使うことがよくある。

普段は何も考えることなく使っているが、よく考えてみれば不思議な言葉である。


今とは何だろう?

我々は時間をどのように把握し、どのように有り無しを判断しているのだろうか?

このことを哲学の観点からまとめてみようと思う。

まずは時間を有ると考えるには、デカルトが言ったように時間の本性が思考の仕方であって、

精神のうちにあると理解するところから始まる。

空間は客観的なものであるが、時間は主観的なものであるから、精神に属するものが時間である。

今を今、過去を過去、と決めつけるのは人の心ひとつにかかっているのである。

物体の運動の持続が時間であるから、流れてゆく時間の持続そのものが時間を意味しているのではなく、

その物体が持続することを見て我々がどうとらえるかが、時間を特定する唯一のものなのだ。


「今、お時間ありますか?」のうち、「時間」とは何か。

本人が主観的に考えるところの時間が、その時間を意味するものになる。

ここでは人の口から「時間がありますか?」という質問が出ている。

一般に『xとは何か』という問いが生ずるなら、すでに『x』は存在しているということがあるから、

こうした質問が出ること自体が、時間というものを人が認識していることを意味するのである。

 

りんごひとつをとっても、「りんごがある」「りんごは果物である」という二通りの「ある」があるが、

時間も同様に「今、たくさんの時間がある」

「時間は誰にも平等に与えられたものである」というように量として、質としての規定を持つことになる。

りんごのように手に持って「これはりんごである」と誰かに示すことはできないものの、

今自分には時間があるのだ、と自分で認識して実際に時間を費やして

時間があることを証明することはできるし、あなたにも平等に時間があるのだ、と相手の時間の存在を指摘することもできる。

 

 

 


常に事物はそこに有り、このように有る、という二つの意味を持つ。

同じく時間も「時間がある」とDaseinで実体や概念の範囲を示すこともできるし、

Soseinでは「時間は決して戻らないもの」と属性や概念の意味を当てはめることができる。

「時間がある」という言葉は、「時間はあるものである」という解釈をすることができる。

ではその逆の「時間はあるものではない」という考えは成立するのか。


「有る」の反対の「無い」について考えてゆくと、ヘーゲルの弁証法では

事物の自律的な存在は、他者との関係において依存的であるという矛盾を説明している。

時間がある、という言葉はそれだけで独立した存在になりうるが、

時間がない、というのはあることの否定によってはじめて無が生まれ、相対的に有ることの存在価値を説明したのである。


インド哲学の無では、「私には時間がない」は「私には時間の無が有る」として、

観念として意識の中に肯定的に存在するものとみなされた。

有と無とは対応物として扱われているのだ。

「今、時間がない」を英語にすれば「I have no time now」となるように、こうした考え方はインドだけのものでもない。

よって、あることの裏には必ず無があり、あることを意識するためにはないことを意識しないといけない。

これは西洋の弁証法、東洋の人生哲学においても共通したことである。

「時間がある」ことは当たり前である。


先にも述べたように、時間があるか?ないか?と自問する時点で、時間がある存在であるということを証明しているのである。

仕事の忙しさにかまけて「今は時間がありません」と答える時もあるだろう。

でもその時によく自分のことを考えてみれば、

あるはずの時間をないと答えるときの自分の貧しさ、愚かさに気が付くことができる。

時間がないのではない。ない時間があるのであるから、やはり時間はあるのだ。


考え方ひとつで有無は変化してゆく。時間が存在するという事実は自我の外にあるが、

それを本当にあるかないかと判断する価値基準は、自我の内にあるのである。

忙しさは否定できないだろうが、それを理由に時間がないと言うことは矛盾した言葉になるのだ。

こうして有は無の存在によってその有の意味を確認することができるし、

無もまた有との比較の中でこそようやく無の意味を明らかにできるのだ。

時間がないと言った後で人は後悔することだろう。


空間である時間は常にある。

でも、自分の心が満たされていないことがあって、

あるはずの時間をないと言ってしまったのは自分の心の動きだけに左右されてしまったからだ。


この「今、お時間ありますか?」はすごく哲学的な問いにもなる。

誰にでも余った時間はあるし、誰にでも余った時間はない。

どのようにも答えられる不思議な問いであるが、

そこで問われているのはその個人がどういう心で今を生きているか、ということを示すものであるからだ。

 

原油価格高騰 理由

原油生産量の上位国は、2004年時点で

ロシア・サウジアラビア・アメリカ・イラン・中国・メキシコ・ノルウェー・ベネズエラ・カナダ・UAEである。

1996年では

サウジアラビア・ソ連・アメリカ・イラン・中国・ノルウェー・ベネズエラ・メキシコ・イギリス

であったので、ここ10年ではほぼ同じと言っていいだろう。


原油を輸出している上位国は、

サウジアラビア・ロシア・ノルウェー・ナイジェリア・イラン・メキシコ・UAE・ベネズエラ・カナダ・イラク・UAEである。

反対に原油を輸入している上位国は、

アメリカ・日本・中国・韓国・ドイツ・インド・イタリア・フランス・イギリス・オランダである。


原油埋蔵量では中東に世界の半分以上(57.5%)が分布していると言われており、

原油生産量も全世界の31%を占める中東ではあるが、

イラク戦争やサウジアラビアでのテロという政情不安定が付きまとい、

原油供給途絶が懸念されるため現在では中東依存体制からの脱却が世界中で進められている。

 

中東と北アフリカに広がる世界最大の産油地の他には、

アメリカ南部の州・メキシコ・ベネズエラのメキシコ湾・カリブ海一帯という産油地があり、

この2大地域に世界の石油が偏在していることになる。

中東以外の産油国を見ても最大の生産国であるロシアでも政府と石油会社ユコスの間で騒動が起こるなど問題があるし、

アメリカも中国も原油消費量は自国での生産量を上回っている状態だ。

 

このように消費する輸入国は自国では原油を生産できないヨーロッパと極東アジアが中心であり、

原油を生産できる場所は不安定な地域にかたまっている。

このことがエネルギーを石油に依存せざるを得ない輸入国の、石油の安定供給への不安を顕在化させ、

発展途上国の原油使用量増加を見越した投機筋が石油の価格を吊り上げ、

結果として世界中に原油安定確保の競争を引き起こしている状況を引き起こしている。

 

 

 

 

1970年初めまでは7大メジャー、セブンシスターズと呼ばれた欧米の国際石油会社によって非公然の国際カルテルが作られ、

当時の原油全生産量で70%のシェアを握っていた彼らが利益を独占する形で原油価格や生産量を決定していた。

1976年にサウジアラビアのアラムコが国有化されるなど、1960−70年代には中東各国で資源ナショナリズムが台頭し、

原油産業はメジャーの支配からその国の資源として国有化されていった。

そしてサウジアラビアやベネズエラら産油国を中心に作られたOPECが生産量と価格を独占してゆく。

 

石油危機やイラン・イラク戦争という不安定な中東紛争を機に市場混乱を上手く利用して

OPECは7年間で11倍の価格に高騰させたりもしたが、

それが逆に石油需要減少と値段暴落を招いてしまったことから、OPECは自身での値段操作を放棄した。

 

もっとも、OPEC自体が世界の40%の生産量しかなかったのであるから価格カルテルを作り上げることにも限界があった。

サウジアラビアが宣言した人為的な大幅な価格引き上げは代替エネルギーの導入や消費減退という反動をよび、

長期的には自らの首を絞めるに等しいという発言にも読み取ることができる通り、OPECは価格決定よりも

安定供給と安定利益の確保を目的とするようになったのだ。


現在は経済の自由化・市場化が中心になっていることから、市場につきものの価格変動がある。

ニューヨークのWTI原油・ロンドンのブレント原油、

アジアではシンガポールや東京のドバイ原油の原油先物市場での取引価格が世界の原油価格を決めているのだ。

 

市場では原油関係者以外にも商社や金融機関・投機家の資本が多大に含まれ、

マネーゲーム化しているため他の商品市場・金融市場とも連動しているし、

市場に委ねられているので誰か個人が意図的に原油価格をコントロールすることはできなくなっているのである。

プライスリーダーが存在しないということが現在の国際石油市場の重要な特徴となっている。


2007年に起きた原油価格の高騰にはいくつかの要因がある。

ひとつはイラク戦争の影響であって、

石油埋蔵量第2位のイラクの政情不安定が中東の石油供給を低下させてしまい、

BRICsらの経済発展に伴って石油の需要は高まっていたはずなのに

供給が低下したものだから、価格だけが釣り上がってしまったのである。

 

また、原油価格決定にはニューヨークのWTI原油の価格が強い影響力を持つが、

アメリカ南部のルイジアナ州を襲ったハリケーン・カトリーナによって

ルイジアナ州一帯に数多くある石油施設が大打撃を受けてしまったことは

アメリカの石油供給を停滞させてしまい、ニューヨークのWTI原油を高騰させてしまったのだ。

 

サブプライムローンの破綻によってサブプライムローン関係への投資を見切った投機筋が、

稼ぎやすいと言われていた石油関係に投資をつぎこんだ。

原油価格は需要と供給のバランスで値段が決まるため、需要が高まることで価格だけが高騰していったのである。


マネーゲーム的な投機によって価格が左右されてしまうのが現在の原油。

昔はメジャーやOPECに利権が流れていたが、

現在は富裕層へ更にお金を儲けさせるための道具に原油がなってしまっているという印象を受ける。

 

エネルギーは誰のもの?全人類が等しくその利便性や富を享受するための仕組みには、

国際カルテルも市場原理も成り得なかったようだ。

原油は人々に便利な生活を与えてくれたが、富の面では平等に分配ができずに

富者の喰い物にされたままで石油は遠い将来に枯渇してゆくように私は思う。

 

三国演義 中国思想

三国演義には漢民族に受け入れられやすい中国思想がいくつも盛り込まれており、

それがこの白話小説をそれまでの民間に語り継がれていた説話だけに留まらせず、

古典小説にまで飛躍的に発展させた原動力であったのではないかとわたしは考える。


まずは外郭としての時代背景があるが、元の時代において

中国大陸は蒙古人に支配されており、漢民族は常にその脅威にさらされていた。

その後に漢民族の朱元璋が出現し、元を追放して明を建国するという時代であった。

その時代の都市の盛り場で生まれ、語って聞かせるものから読んで楽しませるものへ変貌を遂げていったのが白話小説だ。


内容面の特徴として中国思想の王道をいくつも備えているということがある。

天・地・人の3つが備わってこそ人や社会が成り立つという「三才」の考えが中国人にはあるが、

それが魏呉蜀という中国史上珍しく三分割された「三」国間での争いをバランス良いものとしている。


その「三」という数字に中国人にとっては深い意味があったのだ。

「三」国志であり、劉備「三」兄弟であり、「三」顧の礼であり、三を重ねることで内容に深みをもたらしている。


三国演義は西晋の陳寿が書いた「三国志」という歴史書を踏まえつつも大きく内容を変化させ民衆への溶け込みを成功させた。

ゼロからの空想でなく、現実の人間を主人公としたところにも民衆の親しみやすさがあったのだろう。


正史「三国志」が西晋の流れを含んだ三国時代の勝者・魏を中心として

描いていることに反し、三国演義では蜀が中心であることに注目したい。


これは中国思想の根本として神権思想、

神天が自分に代わって天子という絶対的な存在を遣わして世を治めるというものがあったことによる。

元において支配の中心は漢民族ではなく蒙古人であり、そこに漢民族の不満があったことは想像に難くない。

 

 

 


三国演義では虚名状態になった漢の天子を操る悪玉としての魏の曹操がいて、一方に漢王朝の血を引く蜀の劉備がいる。

史上では次の晋へとつながる魏が主役であるべきなのだが、三国演義ではその悪玉である魏と戦う蜀を中心において、

しかも主人公である劉備と義兄弟の関羽・張飛は平民出身の英雄であった故に

市井の民衆たちが乱世の英雄に憧れる気持ちと漢民族の皇帝を期待する気持ちを取り込んで、民衆に受け入れられる内容とした。


そして失権して名目上だけの後漢の皇帝に天子の意味を持たせていない。

また本来は改革者であったところの魏の曹操をどこまでも悪玉に仕立てることで、

その曹操に立ち向かうという役の劉備に天子の正当性を背負わせた。

現代でも台湾を巻き込んで議論になる「ひとつの中国」の意識を逆に向けて漢民族にとって都合のよいものとしたのである。


数多の英雄たちと様々な脇役たちが織り成す人間模様に人の世の栄衰を投影させたのも

作品のひとつの魅力であるが、三国演義には蜀を中心に立てたその政治的な操作とあわせて、経済的な操作もあった。


三国演義に描かれた英雄たちの中で最も短所がなく魅力的に書かれているのが、義に厚く武勇に優れた関羽である。

例えば反董卓連合軍が氾水関でどうしても攻略できなかった董卓軍の勇将・華雄を、

三国演義ではたったの一太刀で当時無名だった関羽が討ち取っている。

史実では孫堅軍が華雄を撃退させたことになっており、関羽の名前は出てこない。


他にも史実では呂布の愛馬・赤兎馬を曹操に見込まれた関羽が譲り受ける場面はないし、

嫂(劉備の家族)を守って五関を破る危険を冒してまで魏を脱出し

劉備の元へと向かうという場面もないし、赤壁の戦いで敗走した曹操を華容道において

かつて受けた恩義のために目をつぶって許すというシーンもみな三国演義での作り事に過ぎない。

しかも「三国志」の著者・陳寿が「短気なところが災いして滅亡した」と

関羽を酷評していることは三国演義にはまったく記載されてないのだから。


それらはどうしてそうなったのか。民衆が喜ぶ英雄を作り上げ、

その魅力を増幅しようとしたからだけではなく、関羽の生まれ故郷が偶然にも

山西省解州という土地であったからこそ、関羽の活躍は超人的なものとして描かれ、終いには神格化されることになる。

解州には中国最大の塩湖である解池があり、

塩を取り扱う山西商人が中国全土の経済圏を牛耳るまでの影響力を持っていた。

その山西商人たちが事あるごとに関羽を宣伝し、神として祭り上げ、

引いては自分たちの正当性につなげようとしたことが関帝信仰につながったのである。

中国文化では出身地というものがその個人を飾る上で大変重要な意味を持ったからだ。


三国演義の爆発的な普及には話しそのものの魅力や中国思想の妙だけではなく、

山西商人による立場向上のための宣伝要因も含まれていたと考えて間違いないだろう。


これらのようにある程度は史実を踏まえた上で、民衆に全く抵抗ない内容、

いや逆に漢民族の心を上手に取り込んだ内容で、政治的・経済的要因も重ねながら

話を魅力的なものに変えていったところに、比類なき人気を誇る古典小説である三国演義の特徴がある。

 

李白 月

月はいつも人間の頭上にあり、今現在だけでなく、先祖の代、

そのもっと前の先人たちもまた、同じ月を見ていたことに違いない。

 

その思いに加え、中国では古来より今頭上にある同じこの月を、遠く離れた故郷の旧友が見ているのかもしれない、

または遠くに置いてきた家族が同じく今夜の月を眺めているかもしれない。


月が悲愁の思いを起こさせるものであるから、親しい人を思いながらうたったのだろう。

当時の科学知識では自然界の現象である天象は充分に解明しきれず、

月の満ち欠けの不思議と自分の心を重ねて物思いにふけるのが月の典型的な鑑賞方法だったのだ。

 

例えば杜甫はその流れを受けて、「今夜フ州の月 閨中只だ独り看るならん」とうたい

遠くフ州に疎開させている妻子のことを思っている。


今自分が見ている月は鏡であって、どれだけ距離があったとしても

その天空の鏡を通して大切な誰かと思いがつながっている、という発想が中国古典詩の常道だったことを窺うことができる。


そんな中で李白という詩人は、月という存在をまた別の角度から詩の世界に取り込むことを行っている。

 

 

 


「月下の独酌」の句に「月をわたしと我が影と気楽な三人の酒盛りとなる」とある。

この歌は、唐の玄宗皇帝から表向きは「酒癖が悪いので宮廷務めの器ではない」

と一方的に宮廷お抱えの詩よみ役を解任されたことへの抵抗という意味もあったのかもしれないが、

寂しい感情に浸ることを優先してきたそれまでの漢詩世界の月のイメージを、

明るく前向きで洒脱なものに捉えたという意味で注目に値すると思う。


詩はその後に

「酔うて後は各おの分散す 永く無常の遊を結び 相に期す 雲漠遙かなると」

と続いてゆくが、ここでは酔ったときは一緒の仲間だが酒が冷めたらそれぞれ別々になったとしても、

またいつか天の川の元で再会しよう、と言っており、

李白の自由な発想はついに月をも自分の親しい友人の一人に見立ててしまい、

また会って酒を飲もうと呼びかけているのである。

 

「靜夜思」では句頭から「牀前月光を看る」とうたい、

これもそれまでの月にイメージしていなかった行動を李白はとっている。

つまり、自分から月に向かって心を寄せようとする従来のアプローチに反して、

月光そのものを自分の目の前に引き寄せたのである。


旅路の途中の宿、夜更けまで眠れないベッドの上で物思いにふかっていると、

ふと部屋に差し込んできた月光がまるで目の前まで注いでいるかのように見えたのだろう。

そこから山上の月に視点を展開して遠くの故郷を思う李白の視点は

月に始まって月に終わっており、月を目の前に引き寄せてしまったのは異例だが、心の動きは月を通して自然そのものである。

 

その後に続くのは「頭を挙げて山月を望み 頭を低れて故郷を思う」と、

月に故郷への思いを重ねるのは従来の月のイメージ通りであるが、

この二つの詩で李白がよんだ酒の友としてのポジティブな月、

そして月光を自分の目の前に引き寄せるという発想は漢詩における異質である。


詩仙と呼ばれ着想の自由さ・豊かな想像力・豪快な詩風を魅力とした李白ならではの発想の自由さ、

既存の概念に捉われることなく自分のありのままの感情を詩にうたうことができる

という斬新さをこのふたつが体現しているようだ。

 

そんな月のことを数多く詩に残した李白だからこそ、死に至ってまで

酒を飲みながらの月見の船で揚子江の水面に映った月を

手に取ろうとして落水して水死した、という伝説まで人々に残されてしまったのだろう。

 

いつの時代も、いつまで経っても月は不変だが、人は常に変わってゆくもの。

ましてや王朝がめまぐるしく変わってゆき、明日どうなるか分からない時代に生きてきた

中国の人々には月は格別に不思議な存在だったに違いない。


それが月を物思い・人思いの象徴にさせ、漢詩の世界でもその中国人の根本意識が月のイメージを作り上げたのだろう。

長い漂泊の果てに獲得した士官の道も他人の中傷で急に閉ざされ、

望んだ政治参画に関してはまったくの不遇の人生を送った李白だからこそ、

不変の月を理想と見立てて詩にしたのだとわたしには思えてならない。

 

実は李白は月を美的によむその裏側で張り裂けるばかりの悲痛な心を抱えていたのではないか。

その李白の心中を察するに、詩的なものよりも痛々しいものを感じるばかりだ。

 





© 2006 - Ken Box