シンシナティ・レッズ 写真

シンシナティ・レッズのゲームを写真に撮りに行ってきた。

 

こちらに来てからスポーツ観戦とは疎遠だったが、まずはメジャーリーグベースボール(MLB)から。

 

 

シンシナティ・レッズ写真5.jpg

 

 

シンシナティ・レッズも、相手のピッツバーグ・パイレーツも誰一人として知っている選手はいないが、

 

この選手が目についた、ジョーイ・ボット。レッズのヒーローの一人。

 

 

シンシナティ・レッズ写真3.jpg

 

 

グレート・アメリカン・ボール・パーク、この球場は美しかったよ。

 

 

シンシナティ・レッズ写真9.jpg

 

 

まず驚いたことは、観客席と選手が近いということ。アメリカ風に、随分とカジュアルだ。境をほぼ感じない。

 

 

シンシナティ・レッズ写真11.jpg

 

 

観客席は赤に染まる。武田家の赤備えかと思った。赤いTシャツ着て来なかった自分を後悔。

 

 

シンシナティ・レッズ写真2.jpg

 

 

ちっとも肩肘張らずに楽しめる場所なのね、メジャーリーグ。みんな家族・仲間とワイワイ言いながら楽しんでいる。

 

 

シンシナティ・レッズ写真7.jpg

 

 

超望遠レンズで狙えば、いとも簡単に良い画が撮れる。45ドルのまぁまぁの席にしたが、どの席でもOKだ。

 

 

シンシナティ・レッズ写真10.jpg

 

 

ホームとアウェイではお客さんの盛り上がり方が全然違う、アウェイ戦は辛いな。俺一人観戦も辛かったけど。

 

 

シンシナティ・レッズ写真4.jpg

 

 

色々な仕掛けがあって、お客さんを飽きさせないゲーム観戦になっている。

 

 

シンシナティ・レッズ写真6.jpg

 

 

今一度、ヒーローの一塁手・ジョーイ・ボット。身体のバランスが凛々しい。

 

 

シンシナティ・レッズ写真8.jpg

 

 

皆さん野球を真剣に見るというより、場を楽しんでいる感じ。日本でもどこでも、何でもそうか。思い思いの楽しみ方で。

 

 

シンシナティ・レッズ写真1.jpg

 

 

新しい何かを求めて飛び込んでみたシンシナティ・レッズのゲーム観戦、僕の視野はまた一歩広がった?!

 

シンシナティ夜景写真

オハイオ川、シンシナティの高層ビル街、夏の夕暮れ。

 

この3つを重ねて撮れば美しいと、直感的に分かっていたよね。

 

要はそのタイミングに合わせてその場所にいれば、僕の写真の企画勝ちは決まっていた。

 

 

シンシナティ夜景写真2.jpg

 

 

幸運にもこの夜はLabor Day(アメリカの祝日)の花火イベントで、川沿いに大勢の人!

 

闇に一人は治安が不安だったがそれは解消、そしてクルーズボートがたくさん出ていて絵になっている。

 

 

シンシナティ夜景写真3.jpg

 

 

28mm f/1.4Eで撮る初めての本気夜景、この画角は新鮮ね、58mmでずっと過ごしてきた僕には。

 

しかしNIKONの最新本物レンズの描写力はものすごい、特に↑の2枚。

 

 

シンシナティ夜景写真1.jpg

 

 

落陽はジョン・A・ローブリング橋の彼方へ、ダウンタウンの方向はかすらないのが残念。

 

しかし何て美しい景色だったことか、しみじみと噛み締めて長秒露光に挑んでいた。

 

 

シンシナティ夜景写真4.jpg

 

 

水面に浮かび上がる摩天楼の影を愛して止まない。

 

 

シンシナティ夜景写真5.jpg

 

 

オハイオ州・シンシナティの夜景写真、撮影場所はケンタッキー州側のジョージ・ロジャース・クラーク・パーク。

 

最高品質の本気撮り、また素敵な思い出が増えた。

 

Rock Bridge Arch - Red River Gorge

Red River GorgeにあるRock Bridge Arch。

 

素晴らしい写真が撮れた前回を引きずり、画角の違うレンズを帯同して再訪。

 

 

写真_ロックブリッジアーチ2.jpg

 

 

川に中瀬が出来ていたので、三脚を立てて30秒の露光。

 

NDフィルターとPLフィルターを重ねて、好みの画を狙う。

 

これ以上の画質があるのだろうか、というほどに輝く一枚が撮れた。

 

本気撮り、誰に見せるためではないが、一人満足。

 

 

写真_ロックブリッジアーチ1.jpg

 

 

28mmの画角が必要なのね、Rock Bridge Archの全体像には。

 

天然の石橋、アメリカには珍しく清水が流れる川。

 

Red River Gorgeの秘境、あの石橋の上を歩くといい。

 

 

写真_ロックブリッジアーチ3.jpg

 

 

真剣撮りはイイね、俗事全て忘れて写真と向き合う夢中な時間。

 

ケンタッキーエール工場見学

美術鑑賞としてのケンタッキーエール工場見学、呑むのは目的ではない。

 

レキシントン市内中心部にあるケンタッキーエール工場、オルテック社というローカルな地ビールの会社。

 

 

ケンタッキーエール工場見学3.jpg

 

 

ビール(ケンタッキーエール)が中心なのだろうが、写真映えする・目映りするのはバーボン。

 

 

ケンタッキーエール工場見学1.jpg

 

 

ケンタッキーエールの味比べ、大人になったつもりで。結局あまり分からなかったけど。大人になれず。

 

 

ケンタッキーエール工場見学4.jpg

 


街中にあって、そして新しい工場だからかな、郊外のバーボン工場と比べると新しい洗練されたデザインね。

 

 

ケンタッキーエール工場見学5.jpg

 


しかしクラシックなものも忘れない、タウンブランチバーボンというブランドを売り出している。

 

 

ケンタッキーエール工場見学7.jpg

 

 

バーボンエールという印象的なもの、バーボンを熟成させた楢の樽にエールを入れて作る。

 

 

ケンタッキーエール工場見学2.jpg

 

 

楽しかったケンタッキーエール工場見学、ここではアルコールはきらびやかな文化。

 

 





© 2006 - Ken Box